シグマ、「30mm F1.4 DC DN | Contemporary マイクロフォーサーズ用」で歪曲収差補正データが反映されない不具合


シグマは、「30mm F1.4 DC DN | Contemporary マイクロフォーサーズ用」のJPEG撮影時に歪曲収差補正データが反映されない不具合が判明したと発表しました。

SIGMA 30mm F1.4 DC DN | Contemporaryをご愛用のお客様へ|株式会社シグマ
  • シグマは、「30mm F1.4 DC DN | Contemporary マイクロフォーサーズ用」の不具合を発表した
  • 【対象製品】
    SIGMA 30mm F1.4 DC DN | Contemporary マイクロフォーサーズ用
  • 【現象】
    JPEGでの撮影時に歪曲収差補正データが反映されない
    ※RAW画像は、対応するソフトウェアで補正機能を利用すると歪曲収差を補正することができる
  • 【対応】
    修理対応は3月28日(月)から受付開始。シグマ カスタマーサポートにヤマト運輸またはゆうパックの着払いにて発送する。ユーザー自身のレンズファームアップについても対応するように準備を進めているとしている
  • 【対応済み製品の識別方法】
    対応済みの製品は化粧箱に判別シールが張られている
  • 【SIGMA 30mm F1.4 DC DN | Contemporary ソニーEマウント用の場合】
    - カメラに搭載のレンズ補正機能の歪曲収差補正の設定を「オート」にして使用
    - レンズ補正機能を搭載していないカメラでは歪曲収差が補正されない

ユーザー自身でのアップデートが可能になった場合はシグマホームページで案内するとのことです。発送先など詳しい情報はURLをご確認下さい。
URL:SIGMA 30mm F1.4 DC DN | Contemporaryをご愛用のお客様へ
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

30mm F1.4 DC DN Contemporary

不具合

売れ筋ランキング