オリンパス、RAW記録に対応した防水カメラ「OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough」を5月22日に発売(TG-4とTG-3の違い)


オリンパスは、RAW記録に対応した防水カメラ「OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough」を5月22日に発売すると発表しました。

オリンパス ニュースリリース: Toughシリーズのフラッグシップモデル「OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough」発売
  • オリンパスは、RAW記録の撮影に対応したタフネスカメラ「OLYMPUS STYLUS(スタイラス) TG-4 Tough」を5月22日に発売する
  • F2.0と明るく、35mm判換算で焦点距離25-100mm相当の広角から望遠までの常用域を高画質でカバーする大口径レンズを採用。高い収差補正能力や色にじみを抑制する
  • フラッグシップ「OM-D E-M1」と同じ画像処理エンジン「TruePic VII」を搭載。センサーには裏面照射型CMOSセンサーを採用
  • 防水プロテクターなしで水深15mの防水性能を実現。その他にも防塵、耐衝撃2.1m、耐低温-10℃、耐荷重100kgfのタフ性能により過酷な環境に対応
  • レンズ先端から10mmまで被写体に近づくこと可能。超解像ズームやデジタルズームを併用すれば顕微鏡で覗いているかのような世界を体験できる。従来機では10~100mmであった顕微鏡モード使用時の撮影可能範囲が、10~300mmに拡大
  • Wi-Fiを内蔵しスマートフォンと連携。高精度なGPS搭載により撮影画像に位置情報を記録できる
  • RAW画像での記憶が可能。「AFターゲット選択」など上級者の要望に応える機能を搭載
  • カラーは、ブラックとレッド
  • 市場価格は、45,680円

ブラック
レッド

「TG-4」と前モデル「TG-3」の主な違いは、「RAW記録」や「AFターゲット選択」、顕微鏡モード使用時の撮影可能範囲が10~100mmが10~300mmに拡大されたことなど。
OLYMPUS STYLUS TG-4 ToughOLYMPUS STYLUS TG-3 Tough
発売日2015年05月22日2014年06月12日
センサー1/2.3型(CMOS 裏面照射型)
画素数1676万総画素
1600万有効画素
ISO感度100~6400(標準)
モニター3インチ (46万ドット)
シャッタースピード1/2~1/2000秒
撮影枚数380枚
静止画フォーマットRAW:○
JPEG:○
JPEG:○
動画フルHD (1920×1080)フルHD (1920×1080)
可動式モニター
内蔵フラッシュ
ネットワークWi-Fi:○
GPS:○
記録メディアSDカード:○
SDHCカード:○
SDXCカード:○
幅×高さ×奥行き111.5×65.9×31.2mm
重さ247g (総重量)

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

OLYMPUS STYLUS TG-4

OLYMPUS STYLUS TG-3

売れ筋ランキング