キヤノン、「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM」とパワーズームアダプター「PZ-E1」を発売(旧「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」との違い)


キヤノンは、AF速度が約4.3倍に向上した「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM」を3月25日、パワーズームアダプター「PZ-E1」を6月下旬に発売すると発表しました。

キヤノン:新開発の超音波モーター「ナノUSM」を搭載 高倍率ズームレンズ“EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM”を発売
  • キヤノンは、APS-C用の交換レンズ「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM」を発売する
  • 2012年6月に発売されたEF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STMの後継モデル
  • 1987年にキヤノンが初めて実用化した超音波モーター「USM(Ultrasonic Motor)」に、新たに「ナノUSM」を追加
  • 静止画撮影時のAF速度を大幅に向上し、動画撮影時は従来機と同等の静かでスムーズなAFを実現
  • 価格は7万円前後

EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM
EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM

新「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM」と旧「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」の違いを比較
「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM」と「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」の違い
「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM」と「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」の違い

製品名キヤノン EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USMキヤノン EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM
発売日2016年03月25日2012年06月01日
価格7万円前後4万8000円前後
マウントキヤノンEF
シリーズEF-Sシリーズ
タイプズーム
センサーAPS-C
35mm判焦点距離29~216mm
焦点距離18~135mm
AFモーター超音波モーター「ナノUSM」ステッピングモーター+リードスクリュー「STM」
オートフォーカス
マニュアルフォーカス
絞りF 3.5~36
絞り羽根枚数7枚
レンズ構成12群16枚
最短撮影距離0.39m
最大撮影倍率0.28倍
画角74.2~11.3°
フィルターサイズ67mm
手ブレ補正機能4.0段分
防塵・防滴構造-
最大径77.4mm76.6mm
長さ96mm
重さ515g480g

電動のパワーズームアダプター「PZ-E1」
  • キヤノンは、電動のパワーズームアダプター「PZ-E1」を6月下旬に発売
  • 2016年2月18日時点では「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM」のみに対応
  • 着脱式パワーズームアダプター「PZ-E1」を装着することで、電動による滑らかなズーミングが可能
  • パワーズーム速度は2段階に切替でき、ズームレバーによる調整も可能
  • 「EOS Utility」「Camera Connect」によるリモート撮影でもパワーズームが利用可能
  • 価格は2万3000円前後

パワーズームアダプター PZ-E1
パワーズームアダプター PZ-E1

「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM」にはUSMが採用されたことで、動画時のAF速度が遅くなるかと思いましたが、STMと同様のパフォーマンスを発揮するようですね。今後のレンズ群には「STM」の代わりに「ナノUSM」が採用されることが多くなるのか気になります。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM

パワーズームアダプター PZ-E1

売れ筋ランキング