ニコン、次世代フラッグシップモデル「D5」を3月に発売


ニコンは、153点AFシステムや連写12コマ/秒を実現した次世代フラッグシップモデル「D5」を3月に発売すると発表しました。

Nikon | ニュース | 報道資料:デジタル一眼レフカメラ「ニコン D5」を発売
  • ニコンは、プロフェッショナル向けのデジタル一眼レフカメラ「D5」を発売する
  • 2014年3月6日に発売されたD4Sの後継モデル相当
  • 記憶メディアにXQDカード2枚を使用する「D5 (XQD-Type) ボディ」と、CFカード2枚の「D5 (CF-Type) ボディ」を発売
  • 新開発の2082万画素CMOSセンサーと新画像処理エンジン「EXPEED 5」を搭載
  • ISOはニコン史上最高の常用感度ISO 102400を実現。拡張でISO 3280000相当(Hi 5)に対応
  • 新開発の「マルチCAM 20Kオートフォーカスセンサーモジュール」により153点のフォーカスポイント(中央部と周辺部の99点はクロスセンサー)をカバー
  • 約12コマ/秒(AF・AE追従)の高速連続撮影を実現。ミラーアップ時には約14コマ/秒が可能
  • 新開発のミラー駆動機構により像消失時間を大幅に短縮してファインダー像の連続性を確保するとともに像のブレを軽減
  • 4K UHD(3840×2160):30p/25p/24p動画に対応
  • タッチパネルを採用した3.2型236万ドットの高精細画像モニター
  • 価格は60万円台
  • 高速無線LAN通信が可能なワイヤレストランスミッター「WT-6」(別売り)も発売される

基本仕様
レンズマウントニコンFマウント系センサーフルサイズ
35.9×23.9mm CMOS
画素数2133万総画素
2082万有効画素
連写12コマ/秒、ミラーアップ時:14コマ/秒
ISO感度100~102400(標準)
50~3280000(拡張)
モニター3.2インチ
236万ドット
シャッタースピード1/8000~30秒撮影枚数3780枚
静止画フォーマットRAW:○
JPEG:○
TIFF:○
RAW+JPEG同時撮影:○
動画4K(3840x2160)
30fps
可動式モニター内蔵フラッシュ
ネットワーク記録メディアXQDカード2枚とCFカード2枚の2種類
幅×高さ×奥行き160×158.5×92mm重さ1235g (XQD-Type)
1240g (CF-Type)

2015年11月18日にD5の開発発表が行われましたが、本日正式発表されました。153点AFシステムや拡張ISO 3280000などプロフェッショナルモデルに相応しい驚くようなスペックですね。4K動画や、236万ドットのタッチパネルに対応した液晶モニターなど動画機能や使い勝手も良くなっている印象です。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

D5

売れ筋ランキング