「RAW」と「JPEG」と「TIFF」の違い


「RAW」と「JPEG」と「TIFF」の違い

「RAW」と「JPEG」と「TIFF」の違いについて掲載しています。

カメラで画像を保存する場合、通常は「JPEG」というファイル形式で保存されます。しかし、高級コンデジやデジタル一眼カメラでは「JPEG」だけではなく、「RAW」や「TIFF」というファイル形式で保存することもできます。ほとんどの場合に汎用性が高い「JPEG」で保存すれば問題ありませんが、撮影後に画像を編集したい場合は「RAW」で保存すると便利です。「TIFF」はほとんど使用されません。

JPEG(ジェイペグ)
JPEGは、非常に汎用性が高い画像ファイル形式です。ほぼ全てのカメラがJPEGで撮影が可能で、画像を扱えるサイトやソフトのほとんどがJPEGを使用できます。画像ファイル形式がよくわからない場合などはJPEGで保存しておけば問題ありません。

JPEGは容量がRAWとTIFFと比べて小さく、画質も高画質になってきています。デメリットは、画像を編集する際に調整できる範囲がRAWやTIFFに比べて狭いことや、データを圧縮する画像ファイル(不可逆圧縮形式)なので、編集して保存する度に画質が劣化することなどです。

TIFF(ティフ)
TIFFは、汎用性が高いですがカメラの保存ファイル形式としてはあまり使用されません。TIFFの保存に対応しているカメラ自体が現在ではあまり多くないので、あえて選ぶ必要はあまりないファイル形式です。

TIFFはJPEGと異なる可逆圧縮形式で無圧縮の画像形式なので、保存を繰り返しても画質が劣化しません。画質や画像調整でJPEGより優れていますが、JPEGほどの汎用性はありません。TIFFはRAWより汎用性が優れていますが、RAWより画像調整できる範囲が狭く、またRAWよりもファイル容量が大きいです。JPEGが高画質になってきたことや、RAWよりサイズが大きいのに調整できる範囲が狭いために、現在では使われることが少なくなってきています。

RAW(ロウ)
RAWは、非常に豊富な画像情報を保存できるファイル形式です。プロやハイアマチュアなど画質に拘るユーザーの多くがRAWで画像を保存しています。しかし、非常に汎用性が低いファイル形式なのでパソコンで編集できる環境が整っていない場合はRAWで保存するのは避けたほうがいいかもしれません。

RAWはJPEGやTIFFとは異なる画像ファイルです。RAWは撮影後に編集することが前提のファイル形式ですので、画像調整をしない場合はRAWで保存する必要はありません。JPEGよりファイルの容量がとても大きいために取り扱いが大変です。RAW専用のソフトがなければパソコン上で閲覧することもできないため、汎用性がほとんどない画像ファイルです。しかし、RAW専用のソフトを使用して編集することで、JPEGやTIFFと比べて画像を大幅に加工調整することができます。

RAWは撮影後にホワイトバランスや明るさ、シャープネスなどを大幅に変更することができます。例えば、撮影時に失敗して白飛びしてしまった画像を編集して撮影後に白飛びを回避することや、ホワイトバランスを変更してカラーバランスを調整すること、階調やシャープネスなども大幅に編集することができます。

RAWを編集してJPEGなどの汎用性があるファイルで保存することを現像といいます。また、現像することができるパソコンのソフトを現像ソフトといいます。現像ソフトは各メーカーが配布しており、そのソフトに対応したRAW画像のみ取り扱うことができます。Adobe Photoshop Lightroomなどの現像ソフトは、1つのRAW形式だけではなく、多くのRAW形式を編集することができます。

RAWは各カメラメーカーが独自のRAWを作成しているため互換性がありません。例えば、キヤノンは「.CR2」という拡張子のRAW、ニコンは「.NEF」という拡張子のRAWを使用しています。拡張子の名称は異なりますが、どちらもRAWファイルです。

RAWはJPEGやTIFFなどの画像ファイルになる前の画像処理が行われていないデータファイルです。カメラは、センサーが露光することで画素に電気(電荷)が発生し、それをデジタルに変換(AD変換)し、現像処理エンジンにより現像して画像を生成します。RAWは画像処理(現像)される前のファイル形式ですが、画像表示の便宜上、JPEGのデータも一緒に保存されていることがあります。

RAWとJPEGとTIFFの比較
記録方式RAWJPEGTIFF
拡張子.CR2、.NEF、.DNGなど様々.jpg.tiff
画質
容量
圧縮なし圧縮。不(非)可逆圧縮なので保存する度に画質が劣化する非圧縮。可逆圧縮なので保存を繰り返しても画質が劣化しない
汎用性×
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

RAW

JPEG

TIFF

売れ筋ランキング