オリンパス、超広角ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO」を6月下旬に発売


オリンパスは、超広角ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO」を6月下旬に発売すると発表しました。

オリンパス ニュースリリース: 開放F値2.8固定の高性能超広角ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO」発売
  • オリンパスは、35mm判換算で焦点距離14-28mm相当の超広角ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO」を6月下旬に発売する
  • ズーム全域で開放値F2.8を実現。大口径でありながら圧倒的な小型軽量
  • 11箇所の密封シーリングにより、ほこりや水滴の侵入を防ぐ防塵防滴構造
  • 絞り開放から周辺まで高い解像力を実現。色収差を抑え、点像の描写力を確保、周辺光量不足を抑える光学性能により夜景や星景の撮影に最適
  • ZERO(Zuiko Extra-low Reflection Optical)コーティングによりゴーストやフレアの発生を軽減
  • 最短撮影距離20cm、最大撮影倍率0.12倍のクローズアップ撮影が可能
  • 瞬時にAFからMF撮影に切り替えるマニュアルフォーカスクラッチ機構を搭載
  • レンズフードは固定式
  • 市場価格は132,190円

オリンパスからプロフェッショナル向けのレンズシリーズ「M.ZUIKO PRO」の超広角ズームレンズが正式発表されました。フルサイズ対応のニコン「AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED」が最大径(98mm)×長さ(131.5mm) ・重さ(1000g)ですので、画角と開放絞りが同じのレンズをこれだけ小型軽量化できるのはマイクロフォーサーズの強みですね。

基本仕様
レンズマウントマイクロフォーサーズマウント系タイプズーム
焦点距離7~14mm
14~28mm(35mm判換算)
AF/MFAF:○
MF:○
レンズ構成11群14枚絞り羽根枚数7枚
最短撮影距離0.2m最大撮影倍率0.12倍
絞りF2.8~22画角114~75度
フィルターサイズ取り付け不可対応センサーフォーサーズ
手ブレ補正機能防塵・防滴構造
最大径×長さ78.9×105.8mm重さ534g

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO

売れ筋ランキング