「Xperia 10 III」と「AQUOS sense4 plus」の違い


ソニー「Xperia 10 III (エクスペリア・テン・マーク・スリー、SOG04、SO-52B)」とシャープ「AQUOS sense4 plus (アクオス・センス・フォー・プラス、SH-M16)」の違いを比較しました。

「Xperia 10 III」はソニーから2021年4月14日に発表されたスマートフォンです。シャープの「AQUOS sense4 plus」(2020年11月発売)と外観・スペックを比較してみました。

「Xperia 10 III」と「AQUOS sense4 plus」 1
「Xperia 10 III」と「AQUOS sense4 plus」の正面比較

「Xperia 10 III」と「AQUOS sense4 plus」 2
「Xperia 10 III」と「AQUOS sense4 plus」の背面比較


外観・デザイン
  • 【サイズ】
    「Xperia 10 III」は「6インチ(2520x1080)」で「比率21:9」のディスプレイに対し、「AQUOS sense4 plus」は「6.7インチ(2400x1080)」で「比率20:9」です。「Xperia 10 III」はマルチウィンドウに適した超縦長の比率を採用し、「AQUOS sense4 plus」は「Xperia 10 III」よりも幅が10mm・高さが12mm広い大型ディスプレイを搭載しています。
  • 【ディスプレイ】
    「Xperia 10 III」は「有機EL」のディスプレイを採用していますが、「AQUOS sense4 plus」は「液晶」です。「有機EL」は「液晶」と比べて、高コントラストで発色に優れた画質などの利点があります。「AQUOS sense4 plus」はパンチホール型の狭額縁設計や、リフレッシュレート「90Hz」に対応します。
  • 【生体認証】
    「Xperia 10 III」は指紋センサーが右側のサイドに設置されていますが、「AQUOS sense4 plus」は背面です。「AQUOS sense4 plus」は「指紋認証」以外にも「顔認証」が利用できます。

機能・特徴
  • 【プロセッサ】
    「Xperia 10 III」はクアルコム製のミドルハイクラスSoC「Snapdragon 690」・RAM「6GB」を搭載していますが、「AQUOS sense4 plus」は下位の「Snapdragon 720G」・「8GB」です。「Xperia 10 III」は第5世代移動通信システム「5G」に対応しているので、高速通信が可能です。
  • 【カメラ】
    「Xperia 10 III」は背面に「超広角」+「標準」+「望遠」構成のトリプルカメラを搭載していますが、「AQUOS sense4 plus」は「超広角」+「標準」+「マクロ」+「被写界深度測定」のクアッドカメラです。「Xperia 10 III」はカメラを切り替えることで光学2倍ズームができます。「AQUOS sense4 plus」は正面にも「被写界深度測定」カメラが搭載されているので、セルフィー撮影で高精度な背景ぼかしが可能です。


「Xperia 10 III (エクスペリア・テン・マーク・スリー、SOG04、SO-52B)」と「AQUOS sense4 plus (アクオス・センス・フォー・プラス、SH-M16)」のスペック違いを比較
製品名ソニー Xperia 10 IIIシャープ AQUOS sense4 plus
発売日au&ドコモ: 2021年6月中旬楽天モバイル(ブラック): 2020年11月28日、楽天モバイル(パープル&ホワイト): 12月上旬、SIMフリー: 12月25日
予想価格未定4万円前後
キャリアau、ドコモ楽天モバイル、SIMロックフリー
次世代通信規格5G○(sub6)
シリーズエクスペリア(Xperia)アクオス・センス(AQUOS sense)
発売時のOSAndroid 11Android 10、発売から2年間・最大2回のバージョンアップ保証
SoC(プロセッサー)CPU: Snapdragon 690 5G オクタコアCPU: Snapdragon 720G オクタコア (4x2.3GHz+4x1.8GHz)、独自の放熱設計
RAM6GB8GB(LPDDR4X)
ストレージ128GB128GB(UFS 2.1)
メモリーカードmicroSDXC(1TB)
モニター6.0インチ、フルHD+(2520x1080ドット)、比率21:96.7インチ、フルHD+(2400x1080ドット)、比率20:9
パネル有機EL OLED、トリルミナスディスプレイ for mobile、マルチウィンドウスイッチ、動画再生時の画質最適化機能液晶 TFT、90Hz駆動のリフレッシュレート(120Hzのタッチ検知)、リッチカラーテクノロジー、アウトドアビュー、のぞき見ブロック(ベールビュー)、パンチホール型(上部右側に設置)
HDR動画再生未確認
生体認証指紋認証(右側面に設置、電源ボタンと一体化)指紋認証(背面に設置、ジェスチャー操作で活用可能)、顔認証
防水・防塵性能IPX5・IPX8/IP6X、Gorilla Glass 6IPX5・IPX8/IP6X、お風呂対応
背面/アウトカメラ800万画素 1/4型 120° 16mm F2.2 (超広角)+1200万画素 Exmor R 1/2.8型 75° 27mm F1.8 (標準)+800万画素 1/4型 45° 54mm F2.4 (望遠)500万画素CMOS 115° 16.7mm相当 F2.2 EIS (超広角)+4800万画素CMOS 79° 25.3mm相当 F1.8 EIS (標準)+190万画素CMOS 88.5° 22.3mm相当 F2.4 (マクロ)+190万画素CMOS F2.4 (深度測位)
ズーム光学2倍、ハイブリッド10倍ズーム
手ブレ補正電子式手ブレ補正
動画機能4K(3840x2160)、スローモーション: 120fps未確認
正面/インカメラ800万画素 1/4型 78° F2.0800万画素CMOS 77.5° 26.4mm相当 F2.0 (標準)+190万画素CMOS F2.5 (深度測位)
カメラ機能ナイトモード、ボケエフェクト、ポートレートセルフィー、プレミアムおまかせオート(ペット認識が追加、14種類のシーンと4つのコンディション)、低照度、連写10コマ/秒ナイトモード、背景ぼかし、HDR、AIカメラ、AIライブストーリー、AIライブシャッター、フォーカス再生、ProPix2、AR Core
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/ac
対応バンドキャリアモデルFDD-LTE: 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 11 / 12 / 17 / 18 / 19 / 26 / 28、TD-LTE: 41、WCDMA: 1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19 (SIMフリー)
通信速度5G: 受信時最大2.1Gbps 送信時最大183Mbps (au)4G: 受信時最大200Mbps 送信時最大75Mbps (楽天モバイル)
Bluetooth5.1
NFC
FeliCaチップ○(おサイフケータイに対応)
GPS
テレビワンセグ/フルセグに非対応
バッテリー4500mAh4120mAh
連続通話時間約2550分/42.5時間 (au)LTE: 約50時間、3G: 約32.5時間、GSM: 約16.7時間 (楽天モバイル)
連続待受時間約770時間 (au)LTE: 約720時間、3G: 約820時間、GSM: 約770時間 (楽天モバイル)
対応充電STAMINAモード、いたわり充電、急速充電: USB PDインテリジェントチャージ(バッテリー劣化を抑制)、急速充電: USB PD Revision 3.0
ワイヤレス充電
3.5mmヘッドホンジャック
オーディオハイレゾ(aptX HD、LDAC、FLAC、DSD、ALAC、DSEE Ultimate)ハイレゾ(aptX HD/Adaptive、LDAC、TrueWireless Stereo Plus)、ステレオスピーカー
コネクターUSB Type-C 3.1 Gen1USB Type-C 2.0
その他サイドセンス、片手モード、スマートコネクティビティ(Wi-FiとLTEを自動切り替えして最適な通信環境を保つディープラーニング技術活用の機能)ゲーミングメニュー、エリートゲーミング、FMラジオ、エモパー Ver.12.0、ロボクル、Payトリガー、スクロールオート、ClipNow、かんたんモード、VoLTE(楽天モバイル、ドコモ、au、ソフトバンク)
68mm78mm
高さ154mm166mm
奥行き/厚み8.3-9.1mm8.8mm
質量/重さ169g197g
カラーブルー、ピンク、ブラック、ホワイト、イエロー(ドコモ)ブラック、ホワイト、パープル
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

Xperia 10 III

AQUOS sense4 plus

売れ筋ランキング