ニコン、デジタル一眼レフカメラ「D4S」「D610」「D600」「D7100」「D7000」「D90」のファームウェアを26日に更新



ニコンは、デジタル一眼レフカメラ「D4S」「D610」「D600」「D7100」「D7000」「D90」の最新ファームウェアを26日に公開しました。



D4S ファームウェア C:Ver.1.10
・AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VRに搭載されているVRモードを「SPORT」にしたときに、「OFF」のときと同じ連続撮影速度での撮影が可能になる
・128GB を超えるメモリーカードをカメラでフォーマットする際、これまでは FAT32 でフォーマットしていたのを exFAT でフォーマットするようになる
・動画ライブビュー中にメニュー画面を表示した際、動画撮影ボタンを押すと、メニュー画面が終了して動画ライブビュー画面に戻るように動作を変更。なお、動画撮影を行う際は、再度、動画撮影ボタンを押す
・カスタムメニューf1:中央ボタンの機能 にある [再生モード] の [拡大画面との切り換え] において、ライブビュー撮影した画像でも撮影時のフォーカスポイントを中心にして拡大表示するようになる。ただし、フォーカスポイントは表示されない
・下記の現象を修正
-[撮影メニュー] の [RAW記録] の [画像サイズ] で [サイズS] に設定した際に、カメラに表示される連続撮影可能コマ数(C-REM)の値が、[RAW記録] の [記録ビットモード] によって異なってしまう。
-Camera Control Pro2使用時に、[画像記録先] を [PC + カード] に設定し、[撮影メニュー] の [副スロット] の機能を [順次記録] にして撮影した場合、主スロットのメモリーカードの空き容量がなくなると、シャッターが切れなくなる。
-[再生メニュー] の [撮影直後の画像確認] を [する] に設定している際、半押しタイマーがオフの状態で、シャッターを切っても液晶モニターに画像が表示されないことがある。
-撮影画像をHDMI出力した場合、1コマ表示モードのときに解像感が足りない状態で表示されてしまう(ただし、拡大表示を除く)。
-[再生メニュー] の [撮影直後の画像確認] を [する] に設定し、[撮影メニュー] の [自動ゆがみ補正] を [する] にした状態で、撮影直後に画像を自動再生した場合、自動ゆがみ補正が掛かっていないことがある。
-[再生メニュー] の [撮影直後の画像確認] を [する]、[撮影メニュー] の [自動ゆがみ補正] を [する] に設定している状態で多重露出撮影をすると、記録した画像に自動ゆがみ補正が掛からない。
-画像コメントが入力されている画像を [ホワイトバランス] の [プリセットマニュアル] にコピーしても、画像コメントが24文字しかコピーされない。
-[セットアップメニュー] の [ネットワーク] において [ハードウェアの選択] を [有線LAN] にし、[接続ウィザード] で動作モードを [FTP画像送信モード] にして接続設定をした際に、IPアドレスの設定方法を [自動取得] にした場合、FTPサーバーへのログインが失敗した際に、再度、IPアドレスの自動取得をすると、IPアドレスが「000.000.000.000」となってしまう。
-[セットアップメニュー]の [HDMI] にある [出力解像度] を [1080p(プログレッシブ)] に設定してHDMI出力する際、フレームレートが30p, 25p, 24pの動画を再生すると、TVのモニター画面が乱れてしまう。
-IPTCプリセット(IPTC情報)の [Profile] に全角文字が含まれているファイルをカメラに登録する際、IPTCプリセットの内容を確認しようとすると、カメラの操作ができなくなってしまう。
-[マイメニュー登録] の際に、登録ができない項目が表示されているにも関わらず、「OK」決定 が表示されてしまう。

D610 C:Ver.1.01、D600 C:Ver.1.02、D7100 C:Ver.1.02、D7000 A:Ver.1.04 / B:Ver.1.05、D90 A:Ver.1.00 / B:Ver.1.01
・ゆがみ補正データ L:2.000以降に対応
デジタル一眼レフカメラファームウェア - ダウンロード | ニコンイメージング
ニコン:D4S ボディニコン:D90 ボディニコン:D7100 ボディニコン:D600 ボディニコン:D610 ボディ
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

売れ筋ランキング