「FUJIFILM X-H2S」と「FUJIFILM X-H1」の違い


富士フイルム(Fujifilm)

富士フイルム「FUJIFILM X-H2S (エックス・エイチ・ツー・エス)」と「FUJIFILM X-H1 (エイチ・ワン)」の違いを比較しました。

「FUJIFILM X-H2S」は2022年5月31日に発表された富士フイルムのミラーレスカメラです。「S」はハイスピードモデルを意味します。同日には「FUJIFILM X-H2」の開発発表も行われています。2018年3月に発売された「FUJIFILM X-H1」と外観・スペックを比較してみました。

「FUJIFILM X-H2S」と「FUJIFILM X-H1」 1
「FUJIFILM X-H2S」と「FUJIFILM X-H1」の正面比較

「FUJIFILM X-H2S」と「FUJIFILM X-H1」 2
「FUJIFILM X-H2S」と「FUJIFILM X-H1」の背面比較

「FUJIFILM X-H2S」と「FUJIFILM X-H1」 3
「FUJIFILM X-H2S」と「FUJIFILM X-H1」の上部・底部比較

「FUJIFILM X-H2S」と「FUJIFILM X-H1」 4
「FUJIFILM X-H2S」と「FUJIFILM X-H1」の側面(左側・右側)比較

外観・デザイン
  • 【表示形式】
    「X-H1」はファインダーが「約369万ドット・倍率0.75倍・表示フレームレート100fps」でしたが、「X-H2S」は「約576万ドット・倍率0.8倍・表示フレームレート120fps」になりました。背面モニターは「104万ドットの3方向チルト」→「162万ドットのバリアングル」に変更されています。
  • 【サイズ】
    「X-H2S」は「X-H1」よりも本体サイズが、幅が3.5mm、高さが4.4mm、厚みが0.9mm、質量が44g、小さく軽くなりました。USB端子は「microUSB」→「USB Type-C」、メモリーカードは「SDカード2枚」→「CFexpress Type BとSDカード1枚ずつ」、バッテリーは「NP-W126S」→「NP-W235」に変更されています。
  • 【その他】
    「X-H2S」は、ボディ内手ぶれ補正が「5.5段分」→「7.0段分」、無線LAN規格が「802.11 b/g/n」→「a/b/g/n/ac」に向上しました。また、ディープラーニング技術を用いた「被写体検出AF機能」(動画時も使用可能)や、「HEIF(4:2:2 10bit)」にも対応しています。

機能・特徴
  • 【連写性能】
    「X-H1」は電子「約14コマ/秒」・メカ「約8コマ/秒」の連写性能でしたが、「X-H2S」は電子「約40コマ/秒」・メカ「約15コマ/秒」になりました。「X-H2S」は「約40コマ/秒」の連写をAF/AE追従・ブラックアウトフリーで可能です。また、「JPEGで約30コマ/秒」・「RAWで約20コマ/秒」時に1000枚以上の撮影もできます。
  • 【イメージセンサー】
    「X-H1」は「2430万画素 X-Trans CMOS III」センサー・画像処理エンジン「X-Processor Pro」でしたが、「X-H2S」は最新世代の「2616万画素 X-Trans CMOS 5」・「X-Processor 5 HS」になりました。「X-H2S」は積層型センサーになったことで読み出し速度が向上しています。
  • 【動画性能】
    「X-H1」は「4K 30p」・「フルHD 120fps」までの撮影性能でしたが、「X-H2S」は「6.2K 30p 4:2:2 10bitのカメラ内カード記録」・「フルHD 240fps・DCI4K/4K 120fps」が可能になりました。「X-H2S」は、4K 60pで約240分の撮影時間や、「Apple ProRes 422」、「F-log2」の撮影にも対応しています。


「FUJIFILM X-H2S (エックス・エイチ・ツー・エス)」と「FUJIFILM X-H1 (エイチ・ワン)」のスペック違いを比較
製品名富士フイルム FUJIFILM X-H2S富士フイルム FUJIFILM X-H1
発売日2022年07月14日2018年03月01日
予想価格35万円前後23万円前後
シリーズFUJIFILM X-H
マウントフジフイルムX系マウント
イメージセンサーAPS-C(X-Trans CMOS 5 裏面照射型 積層型 23.5x15.6mm)APS-C(X-Trans CMOS III 23.5x15.6mm)
ローパスフィルター未確認レス仕様
ダスト除去機能
画像処理エンジンX-Processor 5 HS(ハイスピード)X-Processor Pro
画素数2616万有効画素 (6240x4160px)2430万有効画素 (6000x4000px)
ISO常用: 160-12800、拡張: 80-51200常用: 200-12800、拡張: 100-51200
連写電子: 約40コマ/秒、メカ: 約15コマ/秒電子: 約14コマ/秒、VPB-XH1装着時: 約11コマ/秒、メカ: 約8コマ/秒、電子先幕: 約6コマ/秒
連続撮影可能コマ数40コマ/秒時に非圧縮RAW: 140枚、圧縮RAW: 175枚、JPEG: 184枚14コマ/秒時に非圧縮RAW: 23枚、可逆圧縮RAW: 27枚、JPEG: 40枚
オートフォーカス方式コントラストAF+像面位相差AF(インテリジェントハイブリッドAF)、顔認識(瞳AF)
測距点/AFエリア117点(最大425点)91点(最大325点)
低照度限界(像面位相差AF)コントラスト: EV-4、位相差: EV-7EV-1
ファインダー0.5型有機EL (約576万ドット/視野率100%/35mm換算の倍率0.8倍/アイポイント 約24mm/120fps)0.5型有機EL (約369万ドット/視野率100%/35mm換算の倍率0.75倍/アイポイント 約23mm/100fps)
モニター3インチ (約162万ドット、タッチパネル)3インチ (約104万ドット、タッチパネル)
可動式モニターバリアングル3方向チルト(横位置時に上下チルト・縦位置時に上方向チルト)
サブモニター1.28型 128x128ドット モノクロメモリー液晶○(右肩の情報表示パネル)
シャッタースピードメカ: 1/8000-15分、電子: 1/32000-15分、電子先幕: 1/8000-15分
フラッシュ同調速度メカ: 1/250秒以下、電子: 1/125秒以下1/250秒以下
サイレントシャッター
バルブ撮影最長60分
セルフタイマー2、10秒
静止画形式RAW(14bit、RAF)、JPEG
TIFF8/16bit(カメラ内現像のみ)
HEIF○(4:2:2 10bit)
動画機能6.2K(6240x4160) 30p、DCI 4K(4096x2160) 60p、4K(3840x2160) 60p、フルHD(2048/1920x1080) 60pDCI 4K(4096x2160) 24p、4K(3840x2160) 30p、フルHD(1920x1080) 60p
ハイフレームレート120fps(DCI4K/4K)、240fps(フルHD)120fps(フルHD) 約6分まで
ファイル形式MOV(MPEG-4 AVC/H.264、HEVC/H.265、Apple ProRes 422/HQ/LT いずれも24bit/48KHzサンプリング)、MP4(MPEG-4 AVC/H.264 AAC)、F-log2(14+stopの広いダイナミックレンジ)MOV(MPEG-4 AVC/H.264 リニアPCM ステレオ 24bit/48KHzサンプリング)、F-log
撮影時間4K 60pは約240分、別売り冷却ファン「FAN-001」があり4Kは約15分(ブーストモード時は30分)、フルHDは約20分、HDは約30分
ボディ内手ぶれ補正7.0段分5.5段分
内蔵フラッシュ
防塵防滴仕様○(-10℃耐低温性能にも対応)
pictbridge
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/acIEEE 802.11 b/g/n
NFC
GPS
Bluetooth4.24.0
フリッカー低減機能未確認
同じ特徴カメラ内RAW現像、ジョイスティック(AFエリア移動用ボタン)、フィルムシミュレーション、ETERNA(エテルナ)、ACROS
異なる特徴被写体検出AF、カラークローム・エフェクト
メモリーカードCFexpress Type B+SDXC UHS-IISDXC UHS-IIx2
マグネシウム合金未確認
バッテリーNP-W235 (エコノミーモード: 720枚、ノーマルモード: 580枚)NP-W126S (310枚)
バッテリーグリップVG-XHVPB-XH1
136.3mm139.8mm
高さ92.9mm97.3mm
奥行き/厚み42.8-84.6mm85.5mm
質量/重さ579g、660g(総重量)623g、673g(総重量)
USB充電○(予想)
インターフェイスUSB Type-C 3.2 Gen 2、HDMI(タイプA)、シンクロターミナル、3.5mmステレオミニジャック(マイク、ヘッドホン用)USB3.0(マイクロB)、マイクロHDMI(タイプD)、シンクロターミナル、3.5mmステレオミニジャック(マイク用)
カラーブラック
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

売れ筋ランキング
コメント