「HiPad Plus」と「LAVIE T1175」の違い


「HiPad Plus」と「LAVIE T1175」の違い

ツーウェイ「HiPad Plus (ハイパッド・プラス)」とエヌ・イー・シー「LAVIE T1175/BAS (PC-T1175BAS)」の違いを比較しました。

「HiPad Plus」は2021年2月に海外発表された中国・ツーウェイ(CHUWI)のAndroidタブレットです。同じ11インチのディスプレイを搭載しているNEC「LAVIE T1175」と外観・スペックを比較してみました。

「HiPad Plus」と「LAVIE T1175」 1
「HiPad Plus」と「LAVIE T1175」の正面比較

「HiPad Plus」と「LAVIE T1175」 2
「HiPad Plus」と「LAVIE T1175」の背面比較

特長の違い
  • 【外観・デザイン】
    「HiPad Plus」と「LAVIE T1175」はどちらも11インチのディスプレイを搭載していますが、「HiPad Plus」は横幅が広い「比率16:10(2176x1600)」に対し、「LAVIE T1175」は縦長の「比率15:9(2000x1200)」です。「HiPad Plus」は本体厚みが「6.95mm」の薄型ボディを実現しています(背面カメラ部に出っ張りがあります)。
  • 【機能・特徴】
    「HiPad Plus」はSoCが台湾・メディアテック製のエントリー~ミドルクラス「MT8183V」に対し、「LAVIE T1175」は米国・クアルコム製のミドルクラス「Snapdragon 662」です。「LAVIE T1175」は「顔認証」と「生活防水」に対応していますが、「HiPad Plus」はどちらも非対応です。


「HiPad Plus (ハイパッド・プラス)」と「LAVIE T1175/BAS (PC-T1175BAS)」のスペック違いを比較
製品名HiPad PlusLAVIE T1175
発売日海外では2021年02月2021年02月25日
予想価格海外では3万円前後4万2800円前後
LTEモデルWi-Fiモデルのみ
発売時のOSAndroid 10
SoC(プロセッサー)CPU: MediaTek MT8183V/A オクタコア (4xA73+4xA53、最大2.0GHz)、GPU: Mali-G72MP3 700MHz、デュアルコアAIプロセッサ(APU)CPU: Snapdragon 662 オクタコア (4x2.0GHz+4x1.8GHz)
RAM4GB LPDDR44GB
ストレージ128GB eMMC5.1128GB、NEC Direct限定モデル: 64GB
外部メモリーTFカード(microSDカード)microSDXC(最大256GBまで)
モニター11インチ、2K QHD(2176x1600ドット)、比率16:1011インチ、QHD(2000x1200ドット)、比率15:9
モニターIPS液晶、画面占有率90%、フルラミネート、245ppi、ほぼ100% sRGBIPS液晶 ワイド LED、画面占有率85%、ブルーライトカット、HDR 10
生体認証顔認証
防水・防塵機能IP5X/IPX2(生活防水)
背面/アウトカメラ1300万画素1300万画素 AF
正面/インカメラ500万画素800万画素 FF
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth4.25.1
NFC
FeliCa/おサイフケータイ
GPS未確認
バッテリー容量7300mAh/3.8V、充電: 5V/2A7500mAh(Web閲覧時に約13.6時間の駆動時間)
各種センサー未確認加速度、照度、ジャイロ、TOF
テレビワンセグ・フルセグに非対応
3.5mmヘッドフォンジャック-(予想)
オーディオ未確認クアッドスピーカー、ステレオマイク、Dolby Atmos対応
コネクタUSB Type-C 2.0USB Type-C
アクセサリー未確認スタンドカバー付きキーボード、デジタルペン(4096段階の筆圧検知)
その他アルミニウム合金、CNC加工インフォボード for Android
179.5mm163mm
高さ248.3mm258.4mm
奥行き/厚み6.95mm7.5mm
質量/重さ505g490g
カラースペースグレーシルバー
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

HiPad Plus

LAVIE T1175

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する