「GoPro HERO9 Black」と「GoPro HERO8 Black」の違い


「GoPro HERO9 Black」と「GoPro HERO8 Black」の違い

ゴープロ「HERO9 Black (ヒーロー・ナイン・ブラック、CHDHX-901)」と「HERO8 Black (エイト、CHDHX-801)」の違いを比較しました。

「GoPro HERO9 Black」は2020年9月16日に発表されたゴープロのアクションカメラです。「GoPro HERO8 Black」(2019年10月発売)の後継モデルなので、外観・スペックを比較してみました。

「GoPro HERO9 Black」と「GoPro HERO8 Black」 1
「GoPro HERO9 Black」と「GoPro HERO8 Black」の正面比較

「GoPro HERO9 Black」と「GoPro HERO8 Black」 2
「GoPro HERO9 Black」と「GoPro HERO8 Black」の背面比較

「GoPro HERO9 Black」と「GoPro HERO8 Black」 3
「GoPro HERO9 Black」と「GoPro HERO8 Black」の側面比較

「GoPro HERO9 Black」と「GoPro HERO8 Black」 4
「GoPro HERO9 Black」と「GoPro HERO8 Black」の底部比較

外観・デザイン
  • 【サイズ】
    「GoPro HERO9 Black」は「GoPro HERO8 Black」よりも本体サイズが、幅は4.7mm、高さは6.4mm、厚みは5.2mm、大きくなりました。「GoPro HERO9 Black」は、バッテリーや、背面モニターが「2インチ」から「2.27インチ」に大型化しています。
  • 【モニター】
    「GoPro HERO8 Black」は正面レンズ側のモニターがモノクロのステータス表示画面でしたが、「GoPro HERO9 Black」はカラー液晶になりました。「GoPro HERO9 Black」は、正面と背面がデュアルLCDになったことで、自分の姿を見ながらの自分撮り撮影が可能です。
  • 【レンズ】
    「GoPro HERO9 Black」はレンズカバーの交換が可能になりました。別売りの「Maxレンズモジュラー」(1万1900円前後)を装着すると155度の超広角撮影が可能になり、「Max HyperSmooth」(2.7K 60pまでの手ぶれ補正)「Max Timewarp」「Max SuperView」に対応します。「Maxレンズモジュラー」は水深5mの防水設計ですが、水中では画像に歪みが生じるようです。

機能・特徴
  • 【画質】
    「GoPro HERO8 Black」は画素数が「1200万画素」でしたが、「GoPro HERO9 Black」は「2000万画素」になりました。「GoPro HERO9 Black」は、「5K 30fps」の動画撮影が可能になり、5K動画時に1470万画素の静止画を切り出すことが可能です。
  • 【撮影機能】
    「GoPro HERO9 Black」は、手ぶれ補正「HyperSmooth(ハイパースムーズ)」と、ブレを抑えたタイムラプスビデオ「TimeWarp」が、「2.0」→「3.0」に進化しました。「ホライゾンレベリング」機能はカメラ内に搭載され、カメラを傾けても水平状態を強力に維持することができます。
  • 【バッテリー】
    「GoPro HERO8 Black」はバッテリー容量が「1220mAh」でしたが、「GoPro HERO9 Black」は「1720mAh」になりました。「GoPro HERO9 Black」はバッテリーライフが30%向上し、低温環境下での性能が向上しています。「GoPro HERO9 Black」の着脱式バッテリーは新型モデルになったので、「GoPro HERO8 Black」のバッテリーとは互換性がありません。



「HERO9 Black (ヒーロー・ナイン・ブラック、CHDHX-901)」と「HERO8 Black (エイト、CHDHX-801)」のスペック違いを比較
製品名ゴープロ GoPro HERO9 Blackゴープロ GoPro HERO8 Black
発売日2020年09月17日2019年10月25日
予想価格5万4000円前後5万800円前後
シリーズGoPro HERO Blackシリーズ
センサー未確認CMOS
画素数2000万画素、5Kから1470万画素の画像を切り出し可能1200万画素
GP1チップ
レンズ未確認焦点距離(35mm判換算): 15mm相当(予想)、絞り値: F2.8(予想)
レンズの交換対応(レンズカバーまたは、別売り1万1900円前後のMaxレンズモジュラーで155°の超広角撮影に対応: 最大2.7K 60p、Max HyperSmoothとMax SuperViewが利用可能)非対応
デジタルレンズSuperView(スーパービュー)、広角、リニア+ホライゾンレベリング、狭角SuperView(16mm、スーパービュー)、広角(16~34mm)、歪みのないリニア(19~39mm)、狭角(27mm)
モニター2.27インチ LCD、タッチパネル・タッチズーム対応2インチ LCD、タッチパネル・タッチズーム対応
前面モニター1.4インチ、カラーLCD(ライブプレビューとステータス表示)、タッチ操作は不可ステータス表示のみ、タッチ操作は不可
防塵防滴仕様防水10m
RAW○(全ての写真モードで対応)
JPEG未確認
連写未確認30コマ/秒、連続写真撮影
自動低光量未確認
写真機能HDR Photoモード、ライブバースト(撮影した1.5秒前と後を90枚の静止画で記録)、スーパーフォト(HDR搭載)、ナイトフォトモード、露出コントロール、ループ、顔・笑顔・まばたき+シーン検出
動画機能5K 30/24fps、4K(3840x2160) 60/30/24fps、2.7K・1440p 60/30/24fps、フルHD(1920x1080) 60/30/24fps4K(3840x2160) 60/30/24fps、2.7K・1440p 60/30/24fps、フルHD(1920x1080) 60/30/24fps
ハイフレームレート120fps(2.7K・1440p・1080p)、240fps(1080p)
アスペクト比16:9、4:3
動画形式MP4(H.264/AVC)、MP4(H.265/HEVC)
音声形式ステレオ音声、RAW形式の音声取得(.WAV)
最大ビットレート100Mbps(5K/4K/2.7K)100Mbps(4K/2.7K)
プロチューン○(Protune)
TimeWarpビデオ3.0(ハーフスピードとリアルスピードを搭載、ブレを抑えたタイムラプスビデオ)2.0(インターバルでAuto&タップして速度変化に対応)
撮影機能ナイトラプスビデオ、タイムラプスビデオ、設定プリセット/カスタムプリセット、カスタマイズ可能な画面上のショートカット、音声コントロール(音声起動にも対応)、ライブストリーミング(1080p)、ウェブカメラモード、タイムラプスフォトの間隔(0.5、1、2、5、10、30、60秒、2、5、30、60分)、ウィンドノイズ低減(風切り音)
HindSight○(撮影した15秒または30秒まで遡って動画で記録)
スケジュールキャプチャー○(設定した時間に自動撮影)
デュレーションキャプチャー○(15秒から3時間で録画時間を設定)
電子手ブレ補正HyperSmooth 3.0HyperSmooth 2.0(全ての解像度とフレームレートに対応)、ブーストも対応
水平維持機構カメラ内蔵GoProアプリを使用
Wi-Fi
GPS
Bluetooth
QuikStories未確認
その他データオーバーレイ
GoProアプリ○(GoPro Plusサブスクリプション利用時にクラウドへ自動アップロード対応)
USB充電
バッテリー容量1720mAh(着脱式、HERO8と互換性なし、バッテリーライフが30%向上、低温環境下で性能向上)1220mAh(着脱式、HERO9と互換性なし)
メモリーカードmicroSDカードClass 10またはUHS-I以上のmicroSDカード
71mm66.3mm
高さ55mm48.6mm
奥行き/厚み33.6mm28.4mm
質量/重さ未確認126g
マウント本体にマウント部が取り付け(フレームレスマウンティング、ビルトインマウント)
三脚穴
ModsHERO9 Black Mods(ライトモジュラー、メディアモジュラー、ディスプレイモジュラー)HERO8 Black Mods(ライトモジュラー、メディアモジュラー、ディスプレイモジュラー)
3.5mmオーディオマイク○(Pro 3.5mmマイクアダプター、またはメディアモジュラー利用時)
マイク/LEDマイク: 3つ(正面にマイク穴あり)マイク: 3つ(正面にマイク穴あり)、LED: 2つ
インターフェイスUSB-C、HDMIはメディアモジュラーが必要
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

GoPro HERO9 Black

GoPro HERO8 Black

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する