「MatePad Pro」と「MediaPad M5 Pro」の違い


ファーウェイ「MatePad Pro (メイト・パッド・プロ)」と「MediaPad M5 Pro (メディア・パッド・エム・ファイブ・プロ)」の違いを比較しました。

「MatePad Pro」は2019年11月25日に海外発表されたファーウェイのタブレットです。ファーウェイはタブレットで「MediaPadシリーズ」を展開していましたが、「MatePad Pro」は新しい「MatePadシリーズ」になります。国内で発売されている「MediaPad M5 Pro」(2018年5月18日発売)と外観・スペックを比較してみました。「MatePad Pro」がAndroidアプリをサポートするのかは分かりません。

※2020年2月24日に、第5世代通信システム5Gに対応した「MatePad Pro 5G」が海外発表されました。「Kirin 990 5G」を搭載しています。
※2020年6月2日に「HUAWEI MatePad Pro 10.8インチ」が日本国内で発表されました。

「MatePad Pro」と「MediaPad M5 Pro」 1
「MatePad Pro」と「MediaPad M5 Pro」の正面比較

「MatePad Pro」と「MediaPad M5 Pro」 2
「MatePad Pro」と「MediaPad M5 Pro」の背面比較

「MatePad Pro」と「MediaPad M5 Pro」 3
「MatePad Pro」と「MediaPad M5 Pro」の側面と底部比較

外観・デザイン
  • 【サイズ】
    「MatePad Pro」と「MediaPad M5 Pro」はどちらも10.8インチ(2560x1600)のディスプレイサイズですが、本体サイズは「MatePad Pro」が「MediaPad M5 Pro」より、幅が12.8mm、高さが12.7mm、厚みが0.1mm、質量が40g、小さく軽くなっています。「MatePad Pro」はパンチホール型のベゼルレスデザイン(狭額縁設計)を採用することで画面占有率を高めています。「MatePad Pro」は「iPad Pro 2018年モデル」に似たデザインです。
  • 【指紋認証センサー】
    「MediaPad M5 Pro」は正面に指紋センサーが設置されていますが、「MatePad Pro」は非搭載です。「MatePad Pro」は恐らく、顔認証のみに対応すると思われます。
  • 【外部ストレージ】
    「MatePad Pro」はメモリーカードに「NMカード」を利用できますが、「MediaPad M5 Pro」は「microSDカード」です。「NMカード」はファーウェイの独自規格メモリーで、「nanoSIMカード」と同じサイズです。内部ストレージは、「MatePad Pro」が「128GB」「256GB」「512GB」の3モデルに対し、「MediaPad M5 Pro」は「64GB」のみです。

機能・特徴
  • 【プロセッサ】
    「MediaPad M5 Pro」はファーウェイ傘下のハイシリコン製SoC「Kirin 960」を搭載していますが、「MatePad Pro」は最新のハイエンドSoC「Kirin 990」です。「Kirin 990」はファーウェイのフラッグシップスマートフォンにも採用され、優れた処理性能やAI機能を実現します。RAMは、「MatePad Pro」が「6GB」と「8GB」の2モデルに対し、「MediaPad M5 Pro」は「4GB」モデルのみです。
  • 【バッテリー】
    「MatePad Pro」はバッテリー容量が7250mAhですが、「MediaPad M5 Pro」は7500mAhです。「MatePad Pro」は「40Wのケーブル充電」以外に、「15Wのワイヤレス充電」や、「MatePad Pro」自体がワイヤレス充電器になることでワイヤレス充電対応の他デバイスに給電できる「7.5Wのワイヤレスリバースチャージ」機能にも対応します。
  • 【スタイラスペン】
    「MatePad Pro」と「MediaPad M5 Pro」はどちらも4096段階の筆圧や傾き検知に対応したスタイラスペン「M-Pen」に対応していますが、「MatePad Pro」は新型のペンになっています。「MatePad Pro」の「M-Pencil」は、本体の側面に磁石で装着して充電することができ、20msの遅延や、20,000mの連続書き込みでもほぼ摩擦がないペンを実現しています。
  • 【その他】
    「MatePad Pro」は、LTEモデルがラインナップされ、専用キーボードでPCモードの利用、背面と正面カメラの明るいF値、より最新のBluetoothバージョン、USB Type-C 3.1 GEN 1などに対応しています。



「MatePad Pro (メイト・パッド・プロ)」と「MediaPad M5 Pro (メディア・パッド・エム・ファイブ・プロ)」のスペック違いを比較
製品名ファーウェイ MatePad Proファーウェイ MediaPad M5 Pro
発売日海外: 2019年12月12日、国内: 6月12日2018年05月18日
Wi-Fiモデルの価格5万9800円前後5万5000円前後
LTEモデルの価格海外: 6万円台~
発売時のOSAndroid 10/EMUI(Emotion UI) 10.0.1Android 8.0/EMUI(Emotion UI) 8.0
SoC(プロセッサー)CPU: Kirin 990 オクタコア (2x2.86GHz A76+2x2.09GHz A76+4x1.86GHz A55) デュアルNPU(AI機能)、GPU: Mali G76 600MHzCPU: Kirin 960 オクタコア (2.4GHzx4 + 1.8GHzx4)
RAM国内: 6GB、海外: 8GB4GB
ストレージ国内: 128GB、海外: 256GB、512GB64GB
外部メモリーNMカード(256GBまで)microSDXC(256GBまで)
バッテリー7250mAh7500mAh
急速充電ケーブル充電: 22.5W(国内) 40W(海外)、ワイヤレス充電Qi: 15W、ワイヤレス給電: 7.5WQuick Charge対応
セキュリティ顔認証指紋認証センサー
モニター/解像度10.8インチ、QHD+・WQXGA・2K(2560x1600ドット)、280ppi、比率16:10
パネル液晶モニター、パンチホール型、DCI-P3、540nit、画面占有率 約90%、フレーム幅が約4.9mmIPS液晶モニター、2.5D曲面ガラス、ClariVu(環境に合わせて画面を最適化)、ブルーライトカット
防水・防塵機能
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/ac
対応バンド海外: デュアルSIM・デュアルVoLTE(DSDV)Wi-Fiモデルのみ
Bluetooth5.14.2
NFC
FeliCa/おサイフケータイ
GPS○(AGPS)
背面/アウトカメラ1300万画素 F1.8 像面位相差AF(PDAF)1300万画素 F2.2 像面位相差AF(PDAF)
正面/インカメラ800万画素 F2.0 FF800万画素 F2.2 FF
カメラ機能背面: 3840x2160、正面: 1920x1080、夜景、HDR未確認
コネクターUSB 3.1 GEN 1 Type-C、OTG対応USB 2.0 Type-C
3.5mmヘッドフォンジャック
オーディオ4スピーカー(クアッドスピーカー)、Histen 6.0、3Dサラウンド、Harman Kardon、マイク5つ4スピーカー、Histen音響効果、Harman Kardonチューニング
ハイレゾFLAC対応
各種センサー加速度、電子コンパス、ジャイロスコープ、照度、ホール、色温度加速度、電子コンパス、ジャイロ、照度センサー、ホール
テレビ(ワンセグ・フルセグ)
その他GPU Turbo、PCモードメタリック/メタルボディ
付属品国内: 4096段階のM-Pencilが別売り(9990円前後)、スマートワイヤレスキーボードが別売り(1万4900円前後)スタイラスペン「M-Pen」と「オリジナルスマートカバー」
カラー国内: ミッドナイトグレー、海外: オレンジ系、ホワイト系、グリーン系、アッシュ系シャンパンゴールド
159mm171.8mm
高さ246mm258.7mm
奥行き/厚み7.2mm7.3mm
質量/重さ460g、キーボード: 260g500g
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

MatePad Pro

MediaPad M5 Pro

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する