「BNT-802W」と「BNT-801W」の違い


「BNT-802W」と「BNT-801W」の違い

ブルードット「BLUEDOT BNT-802W」と「BLUEDOT BNT-801W」の違いを比較しました。

「BNT-802W」は2019年10月2日に発表されたブルードット(BLUEDOT)のタブレットです。1万円台の超低価格を実現した「BNT-801W」(2018年9月発売)の後継機種や上位モデルだと思われるので外観・スペックを比較してみました。

「BNT-802W」と「BNT-801W」 1
「BNT-802W」と「BNT-801W」の正面比較

「BNT-802W」と「BNT-801W」 2
「BNT-802W」と「BNT-801W」の背面比較

特長の違い
  • 【外観・デザイン】
    「BNT-802W」は本体サイズが「BNT-801W」より、幅が2.5mm狭く、高さが7.5mm大きく、厚みが0.2mm薄く、質量が20g重くなりました。「BNT-802W」と「BNT-801W」はどちらも8インチのディスプレイサイズですが、「BNT-802W」はバッテリー容量が増えたためか、サイズアップしています。「BNT-801W」は外部端子に「USB Type-C」を採用していましたが、「BNT-802W」は「マイクロUSB」に変更され、「HDMIマイクロ(Type-D)」は省略されました。
  • 【機能・特徴】
    「BNT-802W」は、モニター解像度が「WXGA(1280x800)」から「WUXGA(1920x1200)」、RAMが「2GB」から「3GB」、ストレージが「16GB」から「32GB」、バッテリー容量が「4000mAh」から「5300mAh」、カメラが「背面: 200万画素・正面: 30万画素」から「背面: 500万画素・正面: 200万画素」に向上しました。


「BLUEDOT BNT-802W」と「BLUEDOT BNT-801W」のスペック違いを比較
製品名ブルードット BNT-802Wブルードット BNT-801W
発売日2019年11月2018年09月
予想価格1万2480円前後1万980円前後(販売終了)
LTEモデルWi-Fiモデルのみ
発売時のOSAndroid 9.0、Android 8.1
アプリマーケットGoogle Playストア、GMS(Google Mobile Service)認証済
SoC(プロセッサー)CPU: MediaTek MT8163 クアッドコア (1.3GHzx4)
RAM3GB2GB
ストレージ32GB16GB
外部メモリーmicroSDXC(400GBまで)
バッテリー容量/急速充電5300mAh、3.7V4000mAh、3.7V
セキュリティ(生体認証)
モニター/解像度8インチ、WUXGA(1920x1200ドット)、比率16:108インチ、WXGA(1280x800ドット)、比率16:10
ディスプレイIPS方式、液晶モニター
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n、技術適合証明取得
Bluetooth4.24.1
NFC
GPS
背面/アウトカメラ500万画素200万画素
正面/インカメラ200万画素30万画素
コネクタmicroUSBUSB Type-C、HDMIマイクロ(Type-D)
3.5mmヘッドフォンジャック
防水・防塵機能
オーディオスピーカー1スピーカー(モノラル)
ハイレゾ
各種センサー重力センサー
テレビ(ワンセグ・フルセグ)
カラーホワイト
122mm124.5mm
高さ216mm208.5mm
奥行き/厚み9mm9.2mm
質量/重さ340g320g
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

BNT-802W

BNT-801W

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する