「RICOH THETA Z1」と「RICOH THETA V」の違い


リコー「RICOH THETA Z1 (リコー・シータ・ゼット・ワン)」と「RICOH THETA V (リコー・シータ・ブイ)」の違いを比較しました。

「RICOH THETA Z1」は2019年2月25日に発表されたリコーの360度カメラです。ワンショットで全天球イメージを撮影することができます。「RICOH THETA Z1」は、RICOH THETAシリーズのアドバンスドモデル「RICOH THETA V」(2017年9月15日発売)の上位機で、最上位となるフラッグシップモデルです。両機種の外観・スペックを比較してみました。

【RICOH THETAシリーズ】
RICOH THETA Z1 ・・・ フラッグシップモデル
RICOH THETA V ・・・ ミドルクラス(スタンダード)モデル
RICOH THETA SC ・・・ エントリーモデル

「RICOH THETA Z1」と「RICOH THETA V」 1
「RICOH THETA Z1」と「RICOH THETA V」の正面比較

「RICOH THETA Z1」と「RICOH THETA V」 2
「RICOH THETA Z1」と「RICOH THETA V」の背面比較

「RICOH THETA Z1」と「RICOH THETA V」 3
「RICOH THETA Z1」と「RICOH THETA V」の側面(左側と右側)比較

外観・デザイン
  • 【情報パネル】
    「THETA Z1」は正面下部に新しく情報パネルが追加されました。撮影可能枚数(バッテリー残量)や露出設定などが瞬時に確認できます。
  • 【コネクター】
    「THETA V」は外部端子に「マイクロUSB」を採用していましたが、「THETA Z1」はより転送速度が高速で上下の区別なく仕様できる「USB Type-C」になりました。
  • 【サイズ】
    「THETA Z1」は「THETA V」より、幅が2.8mm、高さが1.9mm、厚みが6.8mm、質量が62g、大きく重くなりました。「THETA Z1」はボディに堅牢性と高級感があるマグネシウム合金が採用されています。

機能・特徴
  • 【イメージセンサー】
    「THETA V」は1200万画素の1/2.3型センサーを2基搭載していましたが、「THETA Z1」は2000万画素の1型センサーを2基になりました。「THETA Z1」はセンサーサイズが大型化したことで高感度性能(ノイズ)の改善や広いダイナミックレンジなど画質が向上しています。
  • 【レンズ】
    「THETA Z1」はリコー独自の「3回屈曲構造」と呼ばれるレンズ技術により、センサーを大型化しながらも本体の厚みを24mmまでに抑える薄型化を実現しています。新設計のレンズユニットはゴースト、フレア、パープルフリンジを効果的に抑制可能です。「THETA Z1」は絞りをF2.1、F3.5、F5.6の3段階で切り替えられる多段階の絞り機構が採用されています。
  • 【画像形式】
    「THETA Z1」は新しくRAW記録に対応しました。より情報量が多いDNG形式のRAWファイルで保存することで撮影後のRAW現像で編集の幅が広がります。



「RICOH THETA Z1 (リコー・シータ・ゼット・ワン)」と「RICOH THETA V (リコー・シータ・ブイ)」のスペック違いを比較
製品名リコー RICOH THETA Z1リコー RICOH THETA V
発売日2019年05月24日2017年09月15日
価格11万円台5万円台
シリーズRICOH THETAシリーズ
ベースAndroid、Snapdragon
センサー1型(裏面照射型CMOSx2)1/2.3型(CMOSx2)
画素数2000万有効画素x2、出力画素数:2300万画素1200万有効画素x2、出力画素数:1400万画素
最大記憶画素数JPEG:6720x3360px、RAW:7296x3648px5376x2688px
ISO80-640064-1600、3200、6400
レンズ構成10群14枚6群7枚
絞り値F2.1、F3.5、F5.6 絞り機構F2
最短撮影距離40cm10cm
モニター(0.93型の有機EL情報パネルはあり)
シャッタースピード1/25000-60秒
電池寿命(バッテリーライフ)静止画:300コマ、動画:60分静止画:300コマ、動画:80分
外部ストレージmicroSD/SDカードに非対応
内蔵メモリー19GB
記録可能枚数RAW:約350枚、JPEG:約2400枚JPEG:約4800枚
記録可能時間動画(1回):最大5/25分、動画(合計):4K H.264 約40分、2K H.264 約130分
静止画ファイル形式JPEG、RAW(DNG)JPEG
動画4K(3840x1920) 30p 56Mbps、2K(1920x960) 30p 16Mbps
ライブストリーミング解像度4K(3840x1920) 30p 120Mbps、2K(1920x960) 30p 42Mbps
動画ファイル形式MP4
映像圧縮方式MPEG4 AVC/H.264MPEG4 AVC/H.264、H.265
音声記録方式AAC-LC(モノラル)、リニアPCM(4ch空間音声)
ライブストリーミングH.264、リニアPCM(4ch)H.264、AAC-LC(モノラル)
マイク4ch、計4つ内蔵マイク
撮影モード静止画&動画:オート、シャッター優先、ISO優先、マニュアル静止画:オート、シャッター優先、ISO優先、マニュアル、動画:オート
共通の特徴HDR合成、マルチブラケット、天頂補正、インターバル撮影、リモート撮影、プラグイン対応
その他絞り優先AE、動画時:回転3軸補正の手ぶれ補正、マグネシウム合金、ストラップホール、金属製三脚ネジ、側面にFnボタン、インターバル合成
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/ac(5GHzに対応)
NFC
GPS
Bluetooth4.2
USB充電
48mm45.2mm
高さ132.5mm130.6mm
奥行き29.7mm、レンズ部除く:24mm22.9mm、レンズ部除く:17.9mm
重さ182g121g
バッテリー内蔵リチウムイオンバッテリー
アクセサリー3Dマイクロフォン「TA-1」、水中ハウジングケース「TW-1」
カラーブラックシルバー
インターフェイスUSB Type-C 3.0microUSB 2.0、マイク入力端子
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

RICOH THETA Z1

RICOH THETA V

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する