「α6400」と「α6500」の違い


ソニー「α6400 (a6400、ILCE-6400、アルファ・ロクセンヨンヒャク)」と「α6500 (a6500、ILCE-6500、アルファ・ロクセンゴヒャク)」の違いを比較しました。

「α6400」は2019年1月16日に発表されたソニーのミラーレスカメラです。「α6300」は2016年3月11日、「α6500」は2016年12月2日に発売されています。「α6400」は「α6300」の後継モデルで、上位機種「α6500」の下位モデルになります。「α6400」と「α6500」の外観・スペックを比較してみました。
※2019年6月13日に「α6400」が「リアルタイム瞳AFの動物対応」をするファームウェアが公開されました。

【ソニーのAPS-C機】
α6500 ・・・ 上位機。ボディ内手ブレ補正搭載
α6400 (←α6300) ・・・ 中位機。ボディ内手ブレ補正非搭載
α6000 ・・・ 下位機。α6300よりAF・動画性能を抑えたモデル
α5100 ・・・ 入門機。EVF非搭載

「α6400」と「α6500」 1
「α6400」と「α6500」の正面比較

「α6400」と「α6500」 2
「α6400」と「α6500」の背面比較

「α6400」と「α6500」 3
「α6400」と「α6500」の上部比較

「α6400」と「α6500」 4
「α6400」と「α6500」を側面比較

外観・デザイン
  • 【可動式モニター】
    「α6400」と「α6500」はどちらも上下に可動するチルト式モニターを搭載していますが、「α6400」はさらに上方向180度の回転が可能です。「α6400」はモニターを見ながら自分撮り撮影ができるのでビデオブログ(Vlog)などの用途に適しています。
  • 【サイズ】
    「α6400」と「α6500」は幅と高さのサイズが同じですが、「α6400」はグリップ部が薄くなり、質量は50g軽くなっています。

機能・特徴
  • 【ボディ内手ブレ補正】
    「α6500」は5軸ボディ内手ブレ補正が搭載されていますが、「α6400」は非搭載です。「α6500」は補正効果約5段分で強力にブレを補正でき、動画撮影時にも5軸の手ブレ補正が可能です。
  • 【画像処理エンジン】
    「α6400」はフラッグシップモデル「α9」や高画素フルサイズモデル「α7R III」と同世代の最新画像処理エンジン「BIONZ X」を搭載しています。「α6400」は画質やオートフォーカス性能などの機能全般が向上しています。
  • 【オートフォーカス性能】
    「α6400」はコントラストAFの測距点が425点ですが、「α6500」は169点です。「α6400」はより広範囲で高密度なAFエリアで被写体を捉えることができます。「α6400」は世界最速の0.02秒のオートフォーカス速度を実現しています(「α6500」は0.05秒です)。
  • 【AI機能】
    「α6400」はAIによる物体認識によりトラッキング性能が向上しています。被写体追尾AFは、走ってくる選手を撮影しやすい「押す間トラッキング」や不規則な被写体向きの「タッチトラッキング」などから選択できる「リアルタイムトラッキング」になりました。「瞳AF」は「リアルタイム瞳AF」になったことで、シャッターボタン半押し時の瞳の追従や「右目」「左目」を選択して切り替えることなどが可能です。
  • 【連続撮影性能】
    「α6400」はRAW:46枚・RAW+JPEG:44枚・JPEG L スタンダード:116枚の連続撮影可能枚数ですが、「α6500」はRAW:107枚・RAW+JPEG:100枚・JPEG L スタンダード:301枚です。「α6500」は2倍以上のバッファメモリーがあるのでより優れた高速撮影が可能です。
  • 【バッテリーライフ】
    「α6400」と「α6500」は同じバッテリー「NP-FW50」を使用しますが、「α6400」は撮影可能コマ数・実動画撮影時・連続動画撮影時で「α6500」よりも優れた持続時間を実現しています。



「α6400 (a6400、ILCE-6400、アルファ・ロクセンヨンヒャク)」と「α6500 (a6500、ILCE-6500、アルファ・ロクセンゴヒャク)」のスペック違いを比較
製品名ソニー α6400ソニー α6500
発売日2019年02月22日2016年12月02日
価格11万円前後13万円前後
シリーズα(アルファ)シリーズ
マウントソニーE系マウント
センサーAPS-C(23.5×15.6mm Exmor CMOS)
ローパスフィルター○(予想)
アンチダスト帯電防止コートとイメージセンサーシフト駆動の併用、クリーニングモード実行時
画像処理エンジン最新世代のBIONZ X、フロントエンドLSIBIONZ X、フロントエンドLSI
画素数2500万総画素、2420万有効画素
最大記憶画素数6000x4000px
ISO常用:100-32000、拡張:102400常用:100-51200、拡張:51200
連写Hi+時:11コマ/秒、Hi時:8コマ/秒、Mid時:6コマ/秒、Lo時:3コマ/秒
連続撮影可能枚数RAW:46枚、RAW+JPEG:44枚、JPEG L スタンダード:116枚RAW:107枚、RAW+JPEG:100枚、JPEG L スタンダード:301枚
AF方式コントラストAF+像面位相差AF(ファストハイブリッドAF)、4Dフォーカス
被写体追尾AFリアルタイムトラッキング(AI機能)ロックオンAF
瞳AF(顔認識)リアルタイム瞳AF(AI機能)
オートフォーカス速度0.02秒0.05秒
検出輝度範囲EV -2~20EV -1~20
AFエリア425点(像面位相差AF)、425点(コントラストAF)425点(像面位相差AF)、169点(コントラストAF)
ファインダー電子式ビューファインダー0.39型 (約235.9万ドット/視野率100%/倍率約0.7[1.07]倍)
モニター3インチ (92.16万ドット)
シャッタースピード1/4000-30秒、バルブ撮影
フラッシュ同調速度1/160秒
電子先幕シャッター
電子シャッター
サイレントシャッター○(8コマ/秒連写)
ホワイトバランス標準、雰囲気優先、ホワイト優先
セルフタイマー2、5、10秒
撮影可能コマ数(バッテリーライフ)ファインダー時:約360枚、液晶モニター時:約410枚ファインダー時:約310枚、液晶モニター時:約350枚
実動画撮影時ファインダー時:約70分、液晶モニター時:約75分ファインダー時:約65分、液晶モニター時:約70分
連続動画撮影時ファインダー時:約125分、液晶モニター時:約125分ファインダー時:約105分、液晶モニター時:約105分
RAW○(ARW、14bit圧縮)、RAW+JPEG
JPEG
TIFF
動画4K(3840x2160) 30p 100M、フルHD(1920x1080) 60p 50M
4K動画仕様4K 24p時は画素加算のない全画素読み出しで約2.4倍(6K相当)から出力、4K 30p時は約1.6倍
ハイフレームレート120fps(フルHD) スローモーション動画
4Kから静止画切り出し
ファイル形式XAVC S、AVCHD規格 Ver.2.0準拠XAVC S、AVCHD規格 Ver.2.0準拠、MP4
音声記録方式XAVC S:LPCM 2ch、AVCHD:Dolby Digital (AC-3) 2ch、ドルビーデジタルステレオクリエーター搭載XAVC S:LPCM 2ch、AVCHD:Dolby Digital (AC-3) 2ch、ドルビーデジタルステレオクリエーター搭載、MP4:MPEG-4 AAC-LC 2ch
動画機能S-Log2、S-Log3、スロー&クイックモーション、4K HDR(HLG ハイブリッドログガンマ)S-Log2、S-Log3、スロー&クイックモーション
手ぶれ補正5.0段分
内蔵フラッシュ
防塵防滴仕様配慮した設計
マグネシウム合金トップカバー、フロントカバーフルマグネシウム合金(トップカバー、フロントカバー、内部フレーム、リアカバー)
可動式モニターチルト式(上方向約180度、下方向約74度)チルト式(上方向約90度、下方向約45度)
タッチパネル○(タッチパッド機能)
水準器
Wi-Fi
NFC
GPS
Bluetooth
PlayMemories Camera Apps-(インターバル撮影/タイムラプス動画の素材撮影に対応)
USB充電・給電
メモリーカードSDXC UHS-I(メモリースティックにも対応)、シングルスロット
120mm
高さ66.9mm
奥行き49.9mm、バッテリーグリップ込み:59.7mm53.3mm
重さ359g、総重量:403g410g、総重量:453g
カラーブラック、シルバーブラック
バッテリーNP-FW50
ヘッドホン端子
ジョイスティック
ホットシュー/アクセサリーシュー
インターフェイスマルチ/マイクロUSB端子、HDMIマイクロ端子(タイプD)
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

α6400

α6500

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する