ニコン、天体撮影専用のデジタル一眼レフカメラ「D810A」を5月下旬に発売


ニコンは、天体撮影専用のデジタル一眼レフカメラ「D810A」を5月下旬に発売すると発表しました。

Nikon | ニュース | 報道資料:ニコン初、天体撮影専用の超高精細モデル デジタル一眼レフカメラ「ニコン D810A」を発売
  • 天体撮影仕様の光学フィルターを搭載することでHα線の波長で光る星雲を鮮やかに赤く写すことが可能。天体撮影専門で、通常用途の撮影には向かない
  • 最長900秒まで対応する長時間露光マニュアルモード「M」に対応
  • 夜間撮影に考慮したファインダー内表示
    シャッタースピードや絞りなど撮影に必要な情報をファインダー内に表示
    水準器の表示設定時は常時赤く点灯
  • 機能・性能、外観などは「D810」を継承

基本仕様
レンズマウントニコンFマウント系センサーフルサイズ
35.9×24mm CMOS
画素数3709万総画素
3635万有効画素
連写6コマ/秒
ISO感度200~12800(標準)
100~51200(拡張)
モニター3.2インチ
122.9万ドット
シャッタースピード1/8000~30秒撮影枚数1200枚
静止画フォーマットRAW:○
JPEG:○
TIFF:○
RAW+JPEG同時撮影:○
動画フルHD(1920x1080)
59.94fps
可動式モニター内蔵フラッシュ
ネットワーク記録メディアSDカード:○
SDHCカード:○
SDXCカード:○
CFカード:○
幅×高さ×奥行き146×123×81.5mm重さ880g (本体のみ)
980g (総重量)

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

D810A

売れ筋ランキング