「Redmi Note 9S」と「Xperia 1 II」の違い


シャオミ「Redmi Note 9S (レッドミー・ノート・ナイン・エス)」とソニー「Xperia 1 II (エクスペリア・ワン・マーク・ツー、SO-51A、SOG01)」の違いを比較しました。

「Redmi Note 9S」はシャオミのスマートフォンです。コストパフォーマンスに優れたSIMロックフリーのエントリーモデルになっています。キャリアから発売されるソニーのフラッグシップモデル「Xperia 1 II」と外観・スペックを比較してみました。

※2020年8月18日にSIMロックフリー版の「Xperia 1 II XQ-AT42 (12/256GB、フロストブラックあり、10月30日発売、12万4千円前後)」「Xperia 1 J9110 (128GB、おサイフケータイ非対応、8月28日発売、7万9千円前後)」「Xperia 5 J9260 (128GB、8月28日発売、6万9千円前後)」が発売されることが発表されました。いずれもデュアルSIM(DSDV)に対応し、ワンセグ・フルセグは非対応です。

「Redmi Note 9S」と「Xperia 1 II」 1
「Redmi Note 9S」と「Xperia 1 II」の正面比較

「Redmi Note 9S」と「Xperia 1 II」 2
「Redmi Note 9S」と「Xperia 1 II」の背面比較


外観・デザイン
  • 【サイズ】
    「Redmi Note 9S」は6.67インチ(2400x1080)で比率20:9のディスプレイに対し、「Xperia 1 II」は6.5インチ(3840x1644)で比率21:9です。「Xperia 1 II」は超縦長のディスプレイ比率を採用し、4K解像度とHDRに対応した「シネマワイドディスプレイ」を実現しています。
  • 【ディスプレイ】
    「Redmi Note 9S」はディスプレイが「液晶」ですが、「Xperia 1 II」は「有機EL」です。一般的に「有機EL」は「液晶」と比べて、高コントラストで発色に優れた画質などのメリットがあります。「Redmi Note 9S」は正面カメラがパンチホール型になったベゼルレス・デザイン(狭額縁設計)です。
  • 【防水・防じん】
    「Redmi Note 9S」は水滴からの保護が可能な「防滴ナノコーティング」を採用しているのに対し、「Xperia 1 II」は防水・防じんの保護等級が「IP68」です。「Xperia 1 II」は水没からの保護が可能で、粉塵の侵入を防ぐことも可能です。

機能・特徴
  • 【プロセッサ】
    「Redmi Note 9S」はクアルコム製のミドルハイクラスSoC「Snapdragon 720G」を搭載していますが、「Xperia 1 II」はハイエンドの「Snapdragon 865」です。「Xperia 1 II」は処理性能に優れるだけでなく、第5世代移動通信システム「5G」に対応しています。
  • 【カメラ】
    「Redmi Note 9S」は背面が「メイン」+「超広角」+「マクロ」+「被写界深度測定用カメラ」構成に対し、「Xperia 1 II」は「メイン」+「超広角」+「望遠」+「3D iToFセンサー」です。「Redmi Note 9S」は、クローズアップ撮影や、高精度な背景ぼかし効果が利用できます。「Xperia 1 II」は、暗所でも物体を立体的に検知したオートフォーカスや、フレア・ゴーストを抑制する「T*(ティー・スター)コーティング」採用の「ZEISS(ツアイス)」ブランドのレンズを搭載しています。
  • 【おサイフケータイ】
    「Xperia 1 II」は「FeliCa」を搭載し、「おサイフケータイ」機能に対応しています。「Xperia 1 II」はスマートフォン本体をかざすだけで各種の電子マネーを利用することができます。
  • 【その他】
    「Redmi Note 9S」は2枚のSIMカードで同時待ち受けができる「デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)」に対応しています。「Xperia 1 II」は、「ワンセグ・フルセグ」機能や「Wi-Fi 6」に対応し、ワイヤレス充電が利用できます。



「Redmi Note 9S (レッドミー・ノート・ナイン・エス)」と「Xperia 1 II (エクスペリア・ワン・マーク・ツー、SO-51A、SOG01)」のスペック違いを比較
製品名シャオミ Redmi Note 9Sソニー Xperia 1 II
発売日2020年6月9日au: 2020年5月22日、ドコモ: 2020年6月18日
予想価格2万4800円前後(4/64GB)、2万9800円前後(6/128GB)12万円台
キャリアSIMロックフリードコモ、au
スロットnanoSIMx2+microSDx1のトリプルスロットnanoSIMx1+microSD
デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)デュアルSIM・デュアルVoLTE(DSDV)キャリアモデル
シリーズレッドミー(Redmi)エクスペリア(Xperia)
発売時のOSAndroid 10ベースのMIUI 11Android 10
SoC(プロセッサー)CPU: Snapdragon 720G オクタコア (最大2.3GHz)、GPU: Adreno 618、AIエンジンCPU: Snapdragon 865 オクタコア (2.8GHz+1.8GHz)
ストレージ64GB、128GB128GB
外部ストレージmicroSDXCカード(512GB)microSDXC(1TB)
RAM4GB、6GB8GB
バッテリー容量5020mAh4000mAh
対応充電急速充電: 18WSTAMINAモード、いたわり充電、急速充電: USB PD(USB power delivery)、ワイヤレス充電: Qi
生体認証指紋認証センサー(右側面に設置、電源ボタンと一体化)
モニター6.67インチ、フルHD+(2400x1080ドット)、比率20:96.5インチ、4K(3840x1644ドット)、比率21:9
パネル液晶、画面占有率約91%、コントラスト比 1500:1、NTSC: 84%、TUV Rheinland ブルーライト低減有機EL 4K HDR OLED、シネマワイドディスプレイ、X1 for mobile、DCI-P3 100%、マルチウィンドウスイッチ、90Hz相当の残像低減技術、HDR動画再生(HDRリマスターにも対応)
ディスプレイ特徴パンチホール型(タイニー・ドットディスプレイ/Tiny Dot Display)ホワイトバランスの設定可能、クリエイターモード(マスターモニター: ITU-R BT.2020の広色域、10bit相当の階調、D65のホワイトポイント)、4Kアップスケーリング
防水・防塵機能防滴ナノコーティングIPX5・IPX8/IP6X(IP68)
強化ガラス前面&背面: Gorilla Glass 5、3D曲面ガラス背面Gorilla Glass 6
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/acIEEE 802.11 a/b/g/n/ac/ax (Wi-Fi 6)
次世代通信規格5G○(sub6)
対応バンドFDD-LTE: 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28、TDD-LTE: 38 / 40 / 41、WCDMA: 1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19SIMフリー: LTE: 1 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 17 / 18 / 19 / 21 / 26 / 28 / 38 / 39 / 40 / 41 /42、3G: 1 / 5 / 6 / 8 / 19
Bluetooth5.0(AAC)5.0
NFC○(おサイフケータイ/FeliCa対応)
GPS○(A-GPS)
背面/アウトカメラ4800万画素 1/2型 4-in-1 79° F1.79 (標準)+800万画素 119° F2.2 (超広角)+500万画素 F2.4 (2cm-10cmマクロ)+200万画素 F2.4 (深度測定)1220万画素 1/1.7型 Exmor RS 82° 24mm F1.7 (標準)+1220万画素 1/2.55型 Exmor RS 124° 16mm F2.2 (超広角)+1220万画素 1/3.4型 34° 70mm F2.4 (望遠)+3D iToFセンサー
正面/インカメラ1600万画素 F2.48800万画素 1/4型 84° F2.0
動画性能背面: 4K 30fps、フルHD 60/30fps、HD 30fps4K(3840x2160) HDR 10bit 60/30/25/24fps、インテリジェントウィンドフィルター(風ノイズ除去、AI機能)、シネマトグラフィー・プロ、5軸手ブレ補正
スローモーションフルHD 120fps、HD 960/240/120fps、正面: 120fps スローセルフィー2K 10bit HDR 120fps
カメラ機能AIカメラ、AIシーン検出(27の認識可能なタグ)、ナイトモード、ポートレートモード、背景ぼかし、美顔、パノラマ、HDR光学&デジタル3倍ズーム、標準&望遠: 光学式+電子式のハイブリッド手ブレ補正(OIS&EIS)、RAW(DNG、ファームアップで対応)、BIONZ X for mobile、デュアルフォトダイオード(標準&超広角のセンサー、最速0.03秒のAF)、低照度撮影、Imaging Edge for mobile、シネマプロ(動画時の本格的なマニュアル操作)、フォトグラフィープロ(静止画時の本格的なマニュアル操作)、リアルタイム瞳AF(AIによる瞳検出、動物の瞳にも対応)、AF/AE追従(60回/秒のAF/AE演算)で約20コマ/秒の連写性能、ポートレートセルフィー
その他Z軸リニア振動モーター、加速度、画面内環境光、ジャイロ、電子コンパス、距離、赤外線ブラスターダイナミックバイブレーションシステム、ゲームエンハンサー(DUALSHOCK4対応)、側面のシャッターボタン、スマートコネクティビティ(Wi-FiとLTEを自動切り替えして最適な通信環境を保つディープラーニング技術活用の機能)、サイドセンス、片手モード
コネクターUSB Type-C
3.5mmヘッドホンジャック
テレビワンセグ/フルセグ
オーディオSmart PA 10V、FLACフロントステレオスピーカー(左右均一に配置)、Dolby Atmos対応、360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)、ハイレゾ(FLAC、DSEE Ultimate、LDAC、aptX HD、ALAC、DSD)
76.68mm72mm
高さ165.75mm166mm
奥行き/厚み8.8mm7.9mm
質量/重さ209g181g
カラーグレーシアホワイト、オーロラブルー、インターステラーグレーブラック、ホワイト、パープル(ドコモ)
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

Redmi Note 9S

Xperia 1 II

売れ筋ランキング