ニコン、「D5」の機能追加や利便性を向上する最新ファームウェアを6月23日に公開


ニコンは、「D5」に4つの機能を追加し、利便性を向上する最新ファームウェアを6月23日に公開しました。

一眼レフカメラ「D5」用ファームウェアのダウンロードを開始 | ニコンイメージング
D5 - 製品特長 | 一眼レフカメラ | ニコンイメージング
  • ニコンは、プロフェッショナル向けデジタル一眼レフカメラ「D5」の最新ファームウェアを公開した
  • 【4K UHD動画が最長29分59秒の記録に対応】
    これまで最長3分だった4K UHD(3840×2160)動画が最長29分59秒までの記録に対応。動画は最大8個のファイルに分割して記録され、各ファイルのファイルサイズは最大で4GB。分割して記録された動画は、ViewNX-iの[動画]ボタンで起動するViewNX-Movie Editorを使用して結合可能。
  • 【動画撮影時の電子手ブレ補正機能を追加】
    上下、左右、撮影レンズを中心とする回転の、3方向のブレに対応した電子手ブレ補正機能を追加(フルHD、HD撮影時)。NIKKORレンズの光学手ブレ補正機能(VR)と併用することでより効果的にブレを軽減可能。
  • 【静止画のフリッカー低減機能を追加】
    安定した露出と色再現が得られるフリッカー低減機能を追加。ファインダー撮影時(ミラーアップ時を除く)の静止画撮影で対応し、屋内スポーツを高速シャッターで連続撮影する場合などに有効。連続撮影速度が低下することがある。
  • 【AFエリアモード[ダイナミックAF・9点]を追加】
    ダイナミックAF時に、従来の[25点/72点/153点]に加え、新たに[9点]を追加。より狭い範囲でピントを合わせたい場合に有効。

D5ユーザーには歓迎されそうな機能向上ファームウェアで、特に4K動画で作品作りをする際など最長3分が29分59秒になるのは嬉しいですね。
URL:Nikon | Download center | D5

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

D5

ファームウェア

売れ筋ランキング