オリンパス、高性能レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」を11月下旬に発売



オリンパスは、プロユースに堪える標準ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」を11月下旬に発売すると発表しました。



「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」は、35mm判換算で焦点距離24-80mm相当をカバーするF2.8通しのレンズ。

防塵防滴性能を搭載し、ズーム全域で最短最速20cmを実現し最大撮影倍率0.6倍(35mm判換算)のクローズアップ撮影ができる。

大きさは、69.9(最大径)x 84(全長)、382g(重さ)。希望小売価格(税別)は、107,000円。

「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」は、「M.ZUIKO PRO」の第一弾。
オリンパスはレンズカテゴリーを、プロユースに堪える高性能レンズ「M.ZUIKO PRO」、高画質高性能な単焦点レンズ「M.ZUIKO PREMIUM」、「M.ZUIKO」の3つに分け、今後はカテゴリーに沿った製品作りを行うとしている。
http://www.olympus.co.jp/jp/news/2013b/nr130910zuiko12j.jsp
11月下旬発売予定:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO10月下旬発売予定:PRF-D62 PRO10月下旬発売予定:LH-6610月下旬発売予定:LC-62D
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

売れ筋ランキング