リコー、「RICOH THETA」のファームウェア/アプリバージョンアップ/ライブストリーミング対応アプリを3月24日に公開


リコーは、「RICOH THETA」の最新ファームウェア、RICOH THETA アプリのバージョンアップ、ライブストリーミングモード対応アプリを3月24日に公開しました。

  • リコーは、「RICOH THETA」の最新ファームウェア、RICOH THETA アプリのバージョンアップ、ライブストリーミングモード対応アプリを公開した

RICOH THETA S ファームウェア バージョン01.42
ニュース | RICOH THETA
  • セルフタイマー撮影(静止画)ができるようになる
    - セルフタイマー撮影するにはWifiボタンを押しながら電源ONする。セルフタイマー状態でTHETA Sを起動した場合、シャッターボタンの上にあるランプが緑点灯する
    - セルフタイマー撮影時はシャッターボタンを押下するとランプの点滅が始まり、5秒後に撮影される
    - セルフタイマー時間はスマートフォン用アプリケーションから変更できる
  • PCにUSB接続した場合も撮影することができるようになる

RICOH THETA アプリバージョンアップ
ニュース | RICOH THETA
  • RICOH THETA S
    【iOSとAndroid】 - セルフタイマー撮影(静止画)ができるようになる(セルフタイマー時間は2秒、5秒、10秒から選択可能)
    【iOS】 - 動画もヘッドマウントディスプレイに対応した表示ができるようになる
  • RICOH THETA m15
    【iOS】 - ヘッドマウントディスプレイに対応した表示ができるようになる
    【iOS】 - USB経由でPCからRICOH THETA Sの撮影機能をコントロールすることができるようになる。詳しくはTHETAの「Developpers BETAサイト」を参照して下さい

RICOH THETA USBライブストリーミングモード対応アプリ リリース
ニュース | RICOH THETA
  • RICOH THETA SからUSB出力されるライブストリーミング映像(セパレート映像)をつなぎ合わせできるパソコン用アプリ「RICOH THETA UVC Blender」をリリース
  • 開発者はつなぎ合わせた映像を仮想カメラ映像として扱うことができる
  • つなぎ合わせた映像は外部のライブストリーミングサービスなどで使用できる
    ※確認済みライブストリーミングサービス:Google Hang Out(Chrome)
  • 使用方法は「RICOH THETA S - 使用説明書」を参照して下さい

「RICOH THETA」は全天球イメージを撮影できるリコーのデジタルカメラです。初代の「RICOH THETA」、動画撮影に対応した「RICOH THETA m15」、ライブビューに対応した最新の「RICOH THETA S」が発売されています。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

RICOH THETA S

RICOH THETA m15

ファームウェア

売れ筋ランキング