ソニー、業界初のハイブリッドAFと3軸電子手ブレ補正内蔵した「1/2.6型積層型CMOS」を商品化


ソニーは、業界初のハイブリッドAFと3軸電子手ブレ補正を内蔵した2250万画素の1/2.6型積層型CMOSイメージセンサーExmor RS「IMX318」を商品化すると発表しました。

Sony Japan | ニュースリリース | 小型(1/2.6型)で2250万画素を実現、ハイブリットAF等を内蔵したイメージセンサーを商品化
  • ソニーは、業界初の1/2.6型積層型CMOSイメージセンサーExmor RS(2250万画素)「IMX318」を商品化する
  • 従来製品の1/2.4型「IMX230」から更なる小型化・解像度向上を達成して同等レベルの画質の維持
  • スマートフォンなどを画質・機能の向上と併せて一層の小型化が可能
  • 最速0.03秒の高速ハイブリッドオートフォーカスと動画向け3軸電子手ブレ補正機能を業界で初めて内蔵
  • 4K動画(3840×2160 30fps)やハイフレームレート撮影(1080p 120fps、720p 240fps)を実現
  • 量産出荷時期は2016年5月を予定

「IMX318」のオートフォーカスや電子手ブレ補正は動画も掲載されています。スマートフォンに採用されてより、より高性能な撮影ができるようになればいいですね。
CMOSイメージセンサー「IMX318」のHybridAFデモ動画:Demo video of HybridAF Using the IMX318 - YouTube
CMOSイメージセンサー「IMX318」の電子手振れ補正のデモ動画:Demo video of 3-Axis Electronic Image Stabilization Using the IMX318 - YouTube
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

IMX318

売れ筋ランキング