ソニー、4240万画素「RX1R II」を12月中旬に発売


ソニーは、4240万画素のフルサイズセンサーを搭載した「RX1R II」を12月中旬に発売すると発表しました。

35mmフルサイズセンサーを搭載したRXシリーズ最上位機種 『RX1R II』を発売 | プレスリリース | ソニー
  • ソニーは、4240万画素のフルサイズセンサーを搭載した「RX1R II」を12月中旬に発売する
  • サイバーショットRXシリーズの最上位機種
  • 有効約4240万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサーと画像処理エンジンBIONZ X(ビオンズエックス)を搭載
  • 従来機「RX1R」の約3.5倍の高速読み出しを実現
  • ISOは、常用ISO100~25600、拡張ISO50~102400
  • レンズは、ZEISSゾナーT* 35mm F2(F2.0-11)の大口径単焦点レンズを採用し、インナーフォーカス方式や円形に設計された9枚羽根の絞り
  • イメージセンサー面とレンズ光軸の精密な一体調整を行い、レンズの描写性能を最大限まで引き出す設計。画面の中心から周辺までを高精細に描写を実現
  • 399点の像面位相差AFセンサーを搭載し、ファストハイブリッドAFに対応
  • 従来機「RX1R」から約30%高速化したAFレスポンス
  • 世界初の光学式可変ローパスフィルターを搭載。1台でローパスフィルター効果のオン/オフを実現。ローパスフィルターブラケットにより、1回のシャッターで3段階の効果を同時に撮影できる
  • ポップアップの収納式XGA OLED Tru-Finder(トゥルーファインダー)ファインダーを内蔵。ファインダー倍率0.74倍
  • 3インチ・122万ドットのチルト可動式「White Magic(ホワイトマジック)」液晶を搭載
  • 新たに14ビット非圧縮RAWフォーマットに対応
  • Wi-Fi・NFC機能を搭載
  • 価格は40万円台

すでに海外では発表されていた「RX1R II」ですが、日本でも発表されました。「RX1R II」は非常に高性能ですが価格も非常に高く、従来モデル「RX1R」の2倍の40万円台になっています。

基本仕様
焦点距離35mm
デジタルズーム:4倍
センサーフルサイズ
35.9×24mm Exmor R CMOS (裏面照射型)
画素数4240万有効画素連写5コマ/秒
ISO感度100~25600(標準)
100~102400(拡張)
モニター3インチ
122.8万ドット
シャッタースピード30~1/4000秒撮影枚数220枚
静止画フォーマットRAW:14bit
JPEG:○
RAW+JPEG同時撮影:○
動画フルHD(1920x1080)
60fps
可動式モニターチルト内蔵フラッシュ
ネットワークWi-Fi:○
NFC:○
記録メディアSDカード:○
SDHCカード:○
SDXCカード:○
メモリースティックDUO:○
幅×高さ×奥行き113.3×65.4×72mm重さ480g (本体のみ)
507g (総重量)

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

RX1R II

売れ筋ランキング