パナソニックのコンパクトデジタルカメラ製品一覧


パナソニックのコンパクトデジタルカメラ製品一覧について独自にまとめました。

パナソニックのコンパクトデジタルカメラは、ブランドに「LUMIX」を使用します。4KやフルHDなど高品質な動画撮影に対応したモデルを多くラインナップしています。
2001年10月27日にLUMIXの初代機として「LUMIX F7」と「LUMIX LC5」、2002年に35-420mm相当でズーム全域F2.8を実現した「LUMIX FZ1」、2004年にコンパクトカメラで初めて手ブレ補正を搭載した「LUMIX FX1」、2004年に「LUMIX FX5」の後継機として光学3倍ズームと手ブレ補正を搭載してヒットした「LUMIX FX7」、2006年に広角28mm相当のズームレンズを搭載した「LUMIX FX01」、2006年に35-350mm相当の光学10倍ズームレンズを搭載したトラベルズーム(TZ)の「LUMIX TZ1」、2007年にシーンを認識する「おまかせiA」を初搭載した「LUMIX FX33」、2008年にはタッチパネルに対応した「FX500」、2011年にWi-Fi対応した「FX90」が発売されています。

高級コンパクト
FZシリーズ
四桁シリーズ
2015-09
DMC-FZ300
三桁シリーズ
二桁シリーズ
一桁シリーズ
LFシリーズ - 電子ファインダー搭載
LXシリーズ - ハイエンドモデル

高倍率ズーム
SZシリーズ
TXシリーズ - 1.0型センサー搭載モデル
TZシリーズ - 高倍率コンパクトモデル
2011
LUMIX DMC-TZ18

「DMC-TZ20」の機能を削除してHD動画のみ対応
ZXシリーズ
入門機
FPシリーズ - スタイリッシュモデル
FSシリーズ - スタイリッシュモデル
FXシリーズ
三桁シリーズ
二桁シリーズ
一桁シリーズ
XSシリーズ - スタイリッシュモデル
FHシリーズ - スタイリッシュモデル
Sシリーズ - スタイリッシュモデル
2013
DMC-S2
タフネスモデル
通常モデル
安価モデル
コミュニケーションカメラ
通常モデル
限定モデル
その他
3D1シリーズ
LSシリーズ - 乾電池対応モデル
LZシリーズ - マニュアルモデル
過去モデル
Fシリーズ
2003
DMC-F1
2001
DMC-F7
LCシリーズ

※黒枠は現行品、白枠は旧製品・生産完了品です。メーカー公表とは異なる場合があります。
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

パナソニックのコンパクトデジタルカメラ製品一覧

売れ筋ランキング