ライカ、「ライカT」の最新ファームウェア1.410と「ライカTLレンズ」2本を発表


ライカは、「ライカT」の最新ファームウェア1.410と2本の「ライカTLレンズ」を発表しました。

ファームウェア アップデート1.410 // ライカT // ライカTカメラシステム // フォトグラフィー - Leica Camera AG
  • ライカは、「ライカT」の最新ファームウェア1.410と「ライカT/TLレンズ」を2本発表した

ライカT ファームウェア1.410
  • オートフォーカス速度が約2倍の向上
  • 起動時間を大幅に短縮
  • タッチパネルの感度と反応速度が全体的に向上

ライカT/TLレンズ
  • 2016年秋発売予定:ライカ アポ・マクロ・エルマリートTL f2.8/60mm ASPH.
  • 2016年春発売予定:ライカ ズミルックスTL f1.4/35 mm ASPH.

ダウンロード方法はライカのサイトから確認やライカストアのスタッフが説明してくれるそうです。詳しくはURLをご確認下さい。ライカのレンズはフルサイズのライカSLが発表されたことで、「ライカT」から「ライカTL」に名称が変更されました。フルサイズ向けが「ライカSL」で、APS-C向けが「ライカT/TL」です。
URL:ファームウェア アップデート1.410 // ライカT // ライカTカメラシステム // フォトグラフィー - Leica Camera AG
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

ライカT

アポ・マクロ・エルマリートTL f2.8/60mm ASPH.

ライカ ズミルックスTL f1.4/35 mm ASPH.

ファームウェア

売れ筋ランキング