ニコン、「D810」の最新ファームウェアVer.1.10を10月29日に公開


ニコンは、「D810」の最新ファームウェアVer.1.10を10月29日に公開しました。

Nikon | Download center | D810用ファームウェア
  • ニコンは、デジタル一眼レフカメラ「D810」の最新ファームウェアVer.1.10を公開した
  • セットアップメニュー[ HDMI ] に [外部記録制御] が追加。[する] に設定すると、Atomos Open Protocol に対応した市販の外部レコーダー (Atomos 社のSHOGUN、NINJA2 またはNINJA BLADE) とカメラをHDMI ケーブルで接続したときに、カメラ側の操作に連動して外部レコーダーの動画記録の開始、終了を行える
  • 下記の現象を修正
    -外付けスピードライトにて距離優先マニュアル発光(GN)で撮影した画像をカメラの液晶モニターで見た場合、撮影情報に表示される距離設定値が正しく表示されない。
    -静止画ライブビューで、[ カスタムメニュー ] > [ b 露出・測光 ] > [b4 露出補正簡易設定 ] > [ [露出補正簡易設定 ] を [ する(自動リセット) ] にしてコマンドダイヤルで補正をしても、ライブビューの画面の明るさが変化しない。
    -静止画ライブビューで、プレビューボタンに [プレビュー] を割り当ててプレビューボタンを押すと開放絞りになるが、開放絞りを示すマークがカメラ背面の画像モニターに表示されない。
    -動画ライブビューで、静止画撮影するためにレリーズしても、まれにシャッターがきれないことがある。
    -動画ライブビューで、HDMI接続した外部レコーダーの音声に約4秒間隔の雑音が入ることがある。
    -動画ライブビューで、カメラのモニターに表示されるシャッター速度、F値、ISO感度の値が、実際に動画記録されたファイルの値とちがっている。
    -1コマ表示モードで [画像のみ表示] にすると、動画再生中に音量調整ができないことがある。
    -撮影したRAW画像を、[画像編集メニュー] > [RAW現像] でマイナス側に露出補正して現像すると、正しく補正されない。
    -[撮影メニュー] > [HDR(ハイダイナミックレンジ)] に設定して撮影すると、まれに撮影画像が正しい状態で記録できないことがある。
    -インターバル撮影で [露出平滑化] を [ON] にすると、2コマ以降で露出がオーバーになる。
    -ファイル番号に使われる通し番号がずれてしまう。
    -一部のメニュー言語で、[セットアップメニュー] > [位置情報] > [位置情報表示] で、文字が欠けている。
    -一部のメニュー言語で、セットアップメニュー] > [AF微調節] > [個別レンズ登録リスト] で、文字が欠けている。
  • 一部のヘルプの記載内容を修正

D810は、3635万画素のフルサイズFXフォーマットCMOSセンサーを搭載した光学ローパスフィルターレス仕様のデジタル一眼レフカメラです。変更内容がとても多いのでD810ユーザーはファームアップしたほうが良さそうですね。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

D810

ファームウェア

売れ筋ランキング