ニコン、画像管理ソフト「ViewNX 2」のバージョンを20日に更新



ニコンは、画像管理ソフト「ViewNX 2」の最新バージョンを20日に公開しました。

ViewNX 2 ファームウェア Ver.2.8.0 (Windows)
・COOLPIX S6600 に対応。
・ツールバーの [GPSマップ] の名称を [地図] に変更しました。また「GPSデータ」及び「GPS情報」という表示箇所を「位置情報」に変更。
・モーションスナップショットについて、下記に対応。
-[スライドショー] 機能
-[ファイル] メニューの[他のアプリケーションを使用してファイルを開く] にて、[Short Movie Creator] および、[Movie Editor] を選んだときに、[動画(MOV)とJPEG画像] または、[動画(MOV)] を選択できるようになる。 ただし、上記を選択するためには[他のアプリケーションを使用してファイルを開く] の[アプリケーションの登録]から[ファイルを開くアプリケーション]メニューにて、[Short Movie Creator] および、[Movie Editor] を登録しておく必要がある。
・[地図]ツールバーに [方位の追加/編集] の機能を追加。
・[Log Matching]に [高度情報をトラックログに結合]を追加。
 位置情報ログの取得に対応したカメラや携帯電話、市販の受信機などで保存した位置情報ログに、ニコン製デジタルカメラで保存した高度・水深ログ※を結合することができるようになる。
 ※高度・水深ログとは、気圧計や水深計を搭載したニコン製デジタルカメラで記録された、高度情報および水深情報のログデータのこと。
・QuickTimeのインストールが不要になる。
・Nikon Movie Editor の[ファイル]メニューの [動画を生成] にて、[1280x720(16:9)] または [1920x1080(16:9)] での、[50fps] および [60fps] 出力に対応。 ただし、[フレームレート]で [50fps]、[60fps] を選択するには、下記の2つの条件が必要。
-ストーリーボードに配置されている素材が動画のみであること
-[ファイルの種類]の設定が[MOV (MotionJPEG/リニアPCM)]以外であること
ダウンロード:Nikon ViewNX 2 ファームウェア Ver.2.8.0 (Windows)



ViewNX 2 ファームウェア Ver.2.8.0 (Macintosh)
・COOLPIX S6600 に対応。
・ツールバーの [GPSマップ] の名称を [地図] に変更しました。また「GPSデータ」及び「GPS情報」という表示箇所を「位置情報」に変更。
・モーションスナップショットについて、下記に対応。
-[スライドショー] 機能
-[ファイル] メニューの[他のアプリケーションを使用してファイルを開く] にて、[Short Movie Creator] および、[Movie Editor] を選んだときに、[動画(MOV)とJPEG画像] または、[動画(MOV)] を選択できるようになる。 ただし、上記を選択するためには[他のアプリケーションを使用してファイルを開く] の[アプリケーションの登録]から[ファイルを開くアプリケーション]メニューにて、[Short Movie Creator] および、[Movie Editor] を登録しておく必要がある。
・[地図]ツールバーに [方位の追加/編集] の機能を追加。
・[Log Matching]に [高度情報をトラックログに結合]を追加。
 位置情報ログの取得に対応したカメラや携帯電話、市販の受信機などで保存した位置情報ログに、ニコン製デジタルカメラで保存した高度・水深ログ※を結合することができるようになる。
 ※高度・水深ログとは、気圧計や水深計を搭載したニコン製デジタルカメラで記録された、高度情報および水深情報のログデータのこと。
・[スライドショー]機能の画像表示が Retina Display に対応。
ダウンロード:Nikon ViewNX 2 ファームウェア Ver.2.8.0 (Macintosh)
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

売れ筋ランキング