ライカ、初のフルサイズミラーレス「ライカSL」を発表


ライカは、ライカ初のフルサイズミラーレスカメラ「ライカSL」を発表しました。

ライカSL // フォトグラフィー - Leica Camera AG
  • ライカは、35mmフルサイズセンサーを搭載したミラーレスカメラ「ライカSL」を発表した
  • レンズは、「ライカ バリオ・エルマリート SL f2.8-4/24-90mm ASPH.」「ライカ アポ・バリオ・エルマリート SL f2.8-4/90-280mm」「ライカ ズミルックス SL f1.4/50mm ASPH.」の3本を発表
  • ライカはすでにAPS-Cサイズのセンサーを搭載したミラーレス機「ライカT」を発売していたが、フルサイズセンサーを搭載したミラーレスカメラは初
  • 2400万画素のフルサイズCMOSセンサーと画像処理エンジン「LEICA MAESTRO II」を搭載
  • ライカSL専用に独自開発された電子ファインダー「EyeResファインダー」を搭載。440万ドットで、水準器やフォーカスピーキングも表示できる
  • オートフォーカスは、49点の測距点で高速・高精度なピント合わせが可能
  • プロフェッショナル水準の4K動画(30fps)が撮影可能
  • 2GBのバッファメモリーで、最高11コマ/秒の高速連写を実現
  • ISOは最高50000まで設定可能
  • レンズマウントは、ライカLマウント。すでに発売されているミラーレス「ライカTマウント」と互換性があり、アダプターなしでそのままライカTマウント機に装着できる
  • ライカの別売りアダプターを装着すると、ライカS、ライカM、ライカRのレンズが使用できる
  • ほこりや水滴に配慮した堅牢性・耐久性が高い構造
  • Made in Germany
  • 販売形式は、ボディ単体と「ライカ バリオ・エルマリート SL f2.8-4/24-90mm ASPH.」付属のレンズキット
  • 価格は、ボディ単体で90万円代

ライカはレンジファインダーでフルサイズセンサー搭載機を発売していましたが、ミラーレスカメラでは初めてです。ライカのサイトでは「ミラーレスシステムカメラ」ということを大きく表示しています。マウントはLマウントと記載されていますが、実質的にライカTマウントのフルサイズ向けをLマウントと呼ぶようですね。細かなスペックなどはまだ分かりませんが、かなりライカが気合を入れて作ったカメラのようです。

ライカSL 基本仕様
レンズマウントライカL(T)マウント系センサーフルサイズ
36×24mm CMOS
画素数2400万有効画素連写11コマ/秒
ISO感度50~50000(標準)
モニター2.95インチ
104万ドット
シャッタースピード1/8000~60秒撮影枚数400枚
静止画フォーマットRAW:14bit
JPEG:○
RAW+JPEG同時撮影:○
動画4K(4096x2160)
24fps
可動式モニター内蔵フラッシュ
ネットワークWi-Fi:○
GPS:○
記録メディアSDカード:○
SDHCカード:○
SDXCカード:○
幅×高さ×奥行き147×104×39mm重さ771g (本体のみ)
847g (総重量)

バリオ・エルマリート SL f2.8-4/24-90mm ASPH. 基本仕様
レンズマウントライカL(T)マウント系タイプズーム
焦点距離24~90mmAF/MFAF:○
MF:○
レンズ構成15群18枚最短撮影距離0.3m
絞りF2.8~22画角82.4~27.8度
フィルターサイズ82mm対応センサーフルサイズ
手ブレ補正機能3.5段分防塵・防滴構造
最大径×長さ88×138mm重さ1140g

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

ライカSL

バリオ・エルマリート SL f2.8-4/24-90mm ASPH.

売れ筋ランキング