キヤノン、「EOS 7D Mark II」の最新ファームウェアVersion 1.0.5を9月9日に公開


キヤノンは、「EOS 7D Mark II」の最新ファームウェアVersion 1.0.5を9月9日に公開しました。

キヤノン:ダウンロード|EOS 7D Mark II ファームウエア Version 1.0.4
  • キヤノンは、デジタル一眼レフ「EOS 7D Mark II」の最新ファームウェアVersion 1.0.5を公開した
  • EF16-35mm F2.8L USM または EF-S17-55mm F2.8 IS USM レンズとの組み合せで使用した際の、AF精度を改善
  • レンズ光学補正メニューの「周辺光量補正」を「する」に設定して撮影した際に、ごくまれに1枚毎に補正効果が得られないことがある現象を修正
  • EFレンズのファームウエアアップデートを行った際、アップデートが終了しても液晶モニターの表示が100%で止まったままになることがある現象を修正
  • GPS機能の「画像への位置情報付加機能」と「ログデータの記録機能」のうるう秒に対する処理の不具合により位置情報がごくまれにずれることがある現象を修正
  • ごくまれに、撮影時に発生する「Err 70」、またはシャッターが切れなくなる現象を修正

EOS 7D Mark IIは、2020万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーを搭載したデジタル一眼レフです。最高約10コマ/秒の高速連写を実現しています。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

EOS 7D Mark II

ファームウェア

売れ筋ランキング