キヤノン、「EOS M3」「EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM」の最新ファームウェアを29日に公開


キヤノンは、「EOS M3」「EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM」の最新ファームウェアを29日に公開しました。

キヤノン:ダウンロード|EOS M3 ファームウエア Version 1.0.1
キヤノン:ダウンロード|EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM ファームウエア Version 1.0.3
  • キヤノンは、「EOS M3」とAPS-C用のEFレンズ「EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM」の最新ファームウェアを公開した
  • 「EOS M3」に「EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM」を装着した際のオートフォーカス速度を向上
    ※「EOS M3」に「EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM」を装着するにはマウントアダプター「EF-EOS M」が必要
    ※このオートフォーカス速度の向上は「EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM」のみ効果が得られる
  • 「EOS M3」のファームウエアはVersion 1.0.1
    更新が必要なVersion 1.0.0の「EOS M3」シリアルナンバー(12桁)は、左から6桁目が「0」、「1」、「2」のもの(xxxxx0xxxxxx、xxxxx1xxxxxx、xxxxx2xxxxxx)。それ以外の製品はVersion 1.0.1以降のファームウエアが搭載されている
  • 「EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM」のファームウェアはVersion 1.0.3
    更新が必要なVersion 1.0.2の「EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM」のシリアルナンバー(10桁)は、左から3桁目が「0」、「1」、「2」のもの(xx0xxxxxxx、xx1xxxxxxx、xx2xxxxxxx)。それ以外の製品はVersion 1.0.3以降のファームウエアが搭載されている

「EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM」は、EF用のレンズですので、EF-Mマウントの「EOS M3」に取り付けるにはマウントアダプター EF-EOS Mを装着する必要があります。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

EOS M3

EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM

ファームウェア

売れ筋ランキング