ライカ、「LEICA M (Typ240)」の最新ファームウェアVer.2.0.2.5を公開


ライカは、「LEICA M (Typ240)」の最新ファームウェアVer.2.0.2.5を公開しました。

Downloads // ライカM // Mシステム // フォトグラフィー - Leica Camera AG
  • ライカは、デジタルレンジファインダーカメラ「LEICA M (Typ240)」の最新ファームウェアVer.2.0.2.5を公開した
  • 「ライカ SF 26 フラッシュユニット」使用時にフラッシュ発光量を調整するためのメニュー項目「フラッシュ光量補正」を追
    加。なお、「ライカ SF 26 フラッシュユニット」を装着していない場合は、「フラッシュ光量補正」は選択できない。また、「フラッシュ光量補正」を使用するには、「ライカ SF 26 フラッシュユニット」のファームウェアのバージョンが1.1以降である必要がある
  • ライブビューモード時や動画撮影時にカメラ本体が動作しなくなることがある不具合(ファームウェアのバグ)を修正

「LEICA M Typ240」のファームウェア更新には、ライカのURLにアクセスした後に「ファームウェア」の「FIRMWARE LEICA M (TYP 240) (VER. 2.0.2.5)」のDOWNLOADを押すとダウンロードできます。インストール手順は、「ファームウェア」の下側にある「INSTRUCTION - FIRMWARE LEICA M (TYP 240)」で日本語のPDFファイルがダウンロードできます。
URL:Downloads // ライカM // Mシステム // フォトグラフィー - Leica Camera AG
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

LEICA M (Typ240)

ファームウェア

売れ筋ランキング