ニコン、蛍石レンズで軽量化「AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR」を7月16日に発売(AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VRとの違い)


ニコンは、蛍石レンズで大幅に軽量化した「AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR」を7月16日に発売すると発表しました。

Nikon | ニュース | 報道資料:開放F値4の、焦点距離500mm、600mmの超望遠レンズ「AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR」「AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR」を発売
  • ニコンは、35mmフルサイズ対応の超望遠レンズ「AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR」を発売する
  • AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR」の後継モデル
  • 蛍石レンズ2枚を採用し大幅な軽量化を実現。「AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR」より約20%(約790g)軽量化した約3,090g
  • 鏡筒にはマグネシウム合金製部品を採用。軽量化と堅牢性を両立
  • 蛍石レンズとEDレンズによって色収差を効果的に補正
  • ナノクリスタルコート採用で、ゴーストやフレアを抑制
  • NORMALモード時に手ブレ補正効果4.0段を実現。カメラの電源を入れた直後のVR性能を向上させ、電源を入れてすぐにシャッターをきってもブレを抑えた画像が得られる
  • VRモードは「NORMAL」と「SPORT」が選択可能。「SPORTモード」は、スポーツなど動きの激しい被写体の撮影に適している
  • 電磁絞り機構による露出制御の安定性を実現
  • 高速連続撮影時に高いAF追従性を実現
  • フッ素コートをレンズ前面の保護ガラスに採用。汚れが付着しにくく、付着しても簡単に拭き取れる
  • 三脚座リングは縦横の構図変更がスムーズにできるベアリングを使用
  • 希望小売価格は1,200,000円(税別)

従来機の「AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR」と比べると、後継機の「AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR」は790gの軽量化をしたのは素晴らしいですね。電磁絞りも採用されたのでますます使い勝手がよくなった印象です。

AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VRAF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR
発売日2015年07月16日2008年01月30日
希望小売価格1,200,000円(税別)1,120,000円(税別)
レンズマウントニコンFマウント系
対応センサーフルサイズ
タイプ単焦点
レンズタイプ一眼レフ
焦点距離500mm
レンズ構成12群16枚11群14枚
絞り羽根枚数9枚
最短撮影距離3.6m3.85m
絞りF/4~22
最大撮影倍率0.15倍
画角5°00
手ブレ補正機能4.0段分3.0段分
AF/MFAF:○
MF:○
最大径×長さ140×387mm139.5×391mm
重さ3090g3880g

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR

売れ筋ランキング