富士フィルム、小型軽量のプレミアムカメラ「FUJIFILM X-T10」を6月25日に発売(FUJIFILM X-T10とFUJIFILM X-T1の違い)


富士フィルムは、小型軽量のプレミアムカメラ「FUJIFILM X-T10」を6月25日に発売すると発表しました。

小型軽量ボディで卓越した写真画質と快適な操作性を実現する「Xシリーズ」の新モデル! プレミアムミラーレスカメラ「FUJIFILM X-T10」新発売 : ニュースリリース | 富士フイルム
  • 富士フィルムは、ハイエンド機「FUJIFILM X-T1」の小型軽量モデル「FUJIFILM X-T10」を6月25日に発売する
  • ボディの縦横サイズの適切なバランスと、手になじむグリップ形状を追求。小型・軽量なボディを実現
  • 絞りやシャッタースピードなどを直感的に変更できる3つのダイヤルを上面に配置
  • 角度を上下に調節できるチルト式液晶モニターを搭載
  • 236万ドット・0.62倍の有機ELディスプレイによりクリアで高精細なファインダー
  • 全77点のフォーカスエリアで動く被写体をとらえる「ゾーン」モード、「ワイド/トラッキング」モードを搭載
  • ポップアップフラッシュを内蔵
  • カラーは、ブラックとシルバー
  • 市場価格は、ボディ単体が86,990円。「XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」が付属したレンズキットが116,150円。

FUJIFILM X-T10 ボディ (シルバー)
FUJIFILM X-T10 ボディ (ブラック)

FUJIFILM X-T10 レンズキット (シルバー)
FUJIFILM X-T10 レンズキット (ブラック)

「FUJIFILM X-T10」と「FUJIFILM X-T1」の違いは、「FUJIFILM X-T10」が液晶モニターの解像度が低く、防塵・防滴仕様ではないことぐらいで、「FUJIFILM X-T10」には内蔵フラッシュや小型・軽量化などアドバンテージが大きいですね。価格は、「FUJIFILM X-T1」が99,800円で、「FUJIFILM X-T10」が86,990円なので、過酷な状況で使用する防塵・防滴仕様が必要なければ「FUJIFILM X-T10」はとても魅力的ですね。

FUJIFILM X-T10FUJIFILM X-T1
発売日2015年06月25日2014年02月15日
レンズマウントフジフィルムXマウント系
センサーAPS-C(23.6×15.6mm X-Trans CMOS II)
画素数1670万総画素
1630万有効画素
連写8コマ/秒
ISO感度200~6400(標準)
100~51200(拡張)
モニター3インチ (92万ドット)3インチ (104万ドット)
シャッタースピード30~1/4000秒
撮影枚数350枚
静止画フォーマットRAW:○
JPEG:○
RAW+JPEG同時撮影:○
動画フルHD (1920×1080)
60fps
可動式モニターチルト
内蔵フラッシュ
防塵・防滴仕様
ネットワークWi-Fi:○
記録メディアSDカード:○
SDHCカード:○
SDXCカード:○
幅×高さ×奥行き118.4×82.8×40.8mm129×89.8×46.7mm
重さ331 (本体のみ)
381g (総重量)
390 (本体のみ)
440g (総重量)

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

FUJIFILM X-T10

売れ筋ランキング