キヤノン、12年連続でレンズ交換式デジタルカメラの世界シェアNo.1を達成


キヤノンは、12年連続でレンズ交換式デジタルカメラの世界シェアNo.1を達成したと発表しました。

キヤノン:12年連続でレンズ交換式デジタルカメラの世界シェアNo.1を達成
  • キヤノンは、世界市場において2003~2014年までの12年連続でレンズ交換式デジタルカメラの台数シェアNo.1を達成したことを発表
  • キヤノンは、CMOSセンサー・映像エンジン・交換レンズを独自開発。プロからエントリー向けの機種まで幅広いニーズに応える強力なラインアップを構築
  • デジタル一眼レフカメラの黎明期である2003年に「EOS Kiss Digital」を発売して市場拡大のきっかけを制作。圧倒的世界シェアNo.1を獲得
  • EOSシリーズ向けの交換レンズ「EFレンズ」は、2014年4月に累計生産1億本を達成。現在97本(EFシネマレンズを含む)の豊富な製品ラインアップを誇る
  • 2015年2月には、35mmフルサイズセンサーで世界最高有効画素数を誇る「EOS 5Ds/EOS 5Ds R」を発表
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

レンズ交換式デジタルカメラ

世界シェア

売れ筋ランキング