リコーイメージング、コンパクトデジタルカメラ「GR DIGITAL IV」のファームウェアを8日に更新


ペンタックス・リコー(Pentax Ricoh)


リコーイメージングは、コンパクトデジタルカメラ「GR DIGITAL IV」の最新ファームウェアを8日に公開しました。



GR DIGITAL IV ファームウェア V2.30
・ホワイトバランスの設定項目に「日陰」「昼光色蛍光灯」「昼白色蛍光灯」「白色蛍光灯」「電球色蛍光灯」が追加され、「蛍光灯」が削除。
・Fnボタンペア設定の設定項目に「マルチAF/スポットAF」切替が追加。
・画像設定の「ハイコントラスト白黒」「クロスプロセス」「ポジフィルム調」「ブリーチバイパス」の周辺減光設定に「微弱」が追加。
・マクロボタン長押しで、マクロターゲット移動画面になる。
・ダイナミックレンジ補正を「AUTO」にセットしてフラッシュ撮影中、フラッシュ充電待機状態のままになる場合があり、正しく充電するようになる。
・ハイコントラスト白黒の設定でAEブラケット撮影をすると画像に横筋が記録される場合を修正。
ダウンロード:GR DIGITAL IV 用ファームウェア V2.30
リコーイメージング:GR DIGITAL IV
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

売れ筋ランキング