パナソニック、4K動画対応のデジタルカメラ「DMC-FZ1000」の最新ファームウェアVer.2.1を17日に公開


パナソニックが、4K動画対応のデジタルカメラ「DMC-FZ1000」の最新ファームウェアVer.2.1を17日に公開しました。

DMC-FZ1000ファームウェアアップデートプログラム | ソフトウェアダウンロード一覧 | デジタルカメラ LUMIX(ルミックス) | お客様サポート...
  • 4K動画の再生性能を改善
  • サマータイムをONにした場合に、インターバル撮影が指定時刻に開始しない不具合を修正

DMC-FZ1000は、2010万画素の1.0型MOSセンサーを搭載したコンパクトデジタルカメラ。35mm判換算で焦点距離25-400mm相当のレンズを採用し、4K動画に対応している。

基本仕様
焦点距離25~400mm(35mm判換算)
光学ズーム:16倍
デジタルズーム:128倍
センサー1.0型
MOS
画素数2090万総画素
2010万有効画素
連写50コマ/秒
ISO感度125~12800(標準)
80~25600(拡張)
モニター3インチ
92万ドット
シャッタースピード1/16000~60秒撮影枚数
静止画フォーマットRAW:○
JPEG:○
RAW+JPEG同時撮影:○
動画4K(3840x2160)
30fps
可動式モニター内蔵フラッシュ
ネットワークWi-Fi:○
NFC:○
記録メディアSDカード:○
SDHCカード:○
SDXCカード:○
幅×高さ×奥行き136.8×98.5×130.7mm重さ780g (本体のみ)

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

DMC-FZ1000

ファームウェア

売れ筋ランキング