ニコン、コンパクトデジタルカメラ「COOLPIX P7100」のファームウェアを6日に更新



ニコンは、コンパクトデジタルカメラ「COOLPIX P7100」の最新ファームウェアを6日に公開しました。



COOLPIX P7100 ファームウェア Ver.1.1
・[縦位置情報の記録]を[AUTO]にして、縦位置で撮影したNRW(RAW)画像を再生すると、[縦位置自動回転]を[する]にしてもカメラの向きに追従して画像表示が回転しない現象を修正。
・[縦位置情報の記録]を[AUTO]にして、縦位置で撮影した画像を再生する場合、 [縦位置自動回転]を[する]にしていて、カメラの向きを縦位置にした状態で拡大表示すると、特定の操作で画像の向きや再生画像の表示が異常になる現象を修正。
・記録した画像に静止画と動画が混在している場合、ロータリーマルチセレクターを操作して再生画像を送ると、意図せず画像が送られ続ける状態になる現象を修正。
・[セルフタイマー解除設定]を[OFF]にして、[ブラケティング]をTvまたはSvに設定してセルフタイマー撮影した後、AFが動作しない現象を修正。
・[画質]を[NRW]、[NRW+FINE]、[NRW+NORMAL]、[NRW+BASIC]のいずれか、[連写]を[連写]、[長秒時ノイズ低減]を [ON]に設定して1/4秒以上の低速のシャッタースピードのとき、または[長秒時ノイズ低減] を[AUTO]に設定して長秒時ノイズ低減が行われるような遅いシャッタースピードのとき、セルフタイマー撮影すると、撮影した画像にノイズが発生する現象を修正。
ダウンロード:Nikon COOLPIX P7100 用ファームウェア Ver.1.1 (Windows)ダウンロード:Nikon COOLPIX P7100 用ファームウェア Ver.1.1 (Macintosh)
ニコン:COOLPIX P7100
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

売れ筋ランキング