「AT61506」と「EGBOK P803」の違い


「AT61506」と「EGBOK P803」の違い

スリーアール「タブレット8インチ 32GB 2GB Android 10 Go Edition AT61506」とイオシス「EGBOK P803」の違いを比較しました。

「タブレット8インチ 32GB 2GB Android 10 Go Edition AT61506」は2022年11月14日に発売されたスリーアールのAndroidタブレットです。低価格なエントリーモデルになっています。イオシスの「EGBOK P803」(2022年6月発売)と外観・スペックを比較してみました。

「AT61506」と「EGBOK P803」 1
「AT61506」と「EGBOK P803」の正面比較

「AT61506」と「EGBOK P803」 2
「AT61506」の側面・底部と「EGBOK P803」の背面比較

特長の違い
  • 【AT61506】
    「AT61506」は軽量化OSの「Android 10 Go Edition」を搭載しています。「Go Edition」は低スペック末端でも動作可能ですが、一部のアプリなどは使用に制限があります。本体サイズは「EGBOK P803」よりも小さく薄く軽くなっています。
  • 【EGBOK P803】
    「EGBOK P803」は、オクタコアSoCを搭載(AT61506はクアッドコア)し、nanoSIMカードに対応、接続端子に「USB Type-C」(AT61506はmicroUSB)を採用しています。予想価格は「AT61506」が1万2000円台に対し、「EGBOK P803」は7000円台と非常に安価です。



「タブレット8インチ 32GB 2GB Android 10 Go Edition AT61506」と「EGBOK P803」のスペック違いを比較
製品名AT61506EGBOK P803
発売日2022年11月14日2022年06月
予想価格1万2000円台7千円台
LTEモデルWi-FiモデルのみnanoSIMx2
シリーズAT61506EGBOK
発売時のOSAndroid 10 Go EditionAndroid 11
SoC(プロセッサ)CPU: クアッドコア Cortex A7 (4x1.3GHz)CPU: Unisoc SC9863A オクタコア (1.6GHz+1.2GHz)
RAM2GB
ストレージ32GB
外部ストレージmicroSDカード(最大128GB)microSDカード
モニター8インチ、WXGA(1280x800ドット)
パネルIPS液晶、読書モード、目の保護モード、夜間モード液晶(予想)
生体認証顔認証
防水・防塵機能
背面/アウトカメラ500万画素800万画素
正面/インカメラ190万画素500万画素
Wi-FiIEEE 802.11 b/g/n
対応バンドLTE: 1 / 3 / 8 / 18 / 19 / 26 / 28 / 41、3G: 1 / 5 / 8、GSM: 2 / 3 / 5 / 8
Bluetooth4.2
NFC
GPS
バッテリー容量4000mAh(最大10時間駆動)4000mAh
オーディオスピーカーとマイク内蔵未確認
イヤホンジャック
コネクタマイクロUSBUSB Type-C
テレビワンセグ・フルセグに非対応
その他テザリング対応、使用制限機能(キッズ向け)、FMラジオ、Gセンサー(4辺回転)
124mm127.8mm
高さ208mm
奥行き/厚み8mm10mm
質量/重さ318g380g
カラーブラック
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

売れ筋ランキング
コメント