「AirPods 第3世代」と「AirPods Pro」の違い


アップル(Apple)

アップル「AirPods 第3世代 (3nd Generation、エアーポッズ)」と「AirPods Pro (プロ)」の違いを比較しました。

「第3世代のAirPods」はアップルから2021年10月19日に発表されたワイヤレスイヤホンです。「AirPods Pro」(2019年10月発売)の下位モデルなので、両機種の外観・スペックを比較してみました。

「AirPods 第3世代」と「AirPods Pro」 1
「AirPods 第3世代」と「AirPods Pro」の正面比較

「AirPods 第3世代の充電ケース」と「AirPods Proの充電ケース」 2
「AirPods 第3世代の充電ケース」と「AirPods Proの充電ケース」の正面比較

「AirPods 第3世代の充電ケース」と「AirPods Proの充電ケース」 3
「AirPods 第3世代の充電ケース」と「AirPods Proの充電ケース」の上部比較


特長の違い
  • 【アンチノイズ】
    「第3世代のAirPods」は「ノイズキャンセリング」機能に非対応ですが、「AirPods Pro」は対応しています。周囲の音を遮断して聴きたい音のみに集中する場合は「アクティブノイズキャンセリング」、周囲の音を取り込む場合は「外部音取り込みモード」で切り替えることが可能です。
  • 【イヤータイプ】
    「第3世代のAirPods」はインナーイヤー型(開放型)に対し、「AirPods Pro」はカナル型(密閉型)です。インナーイヤー型は取り外しが容易で、カナル型は密閉性に優れています。「AirPods Pro」は、耳の装着感に合わせて、付属のイヤーチップ3サイズ(スモール、ミディアム、ラージ)を付け替え可能です。



「AirPods 第3世代 (3nd Generation、エアーポッズ)」と「AirPods Pro (プロ)」のスペック違いを比較
製品名アップル AirPods (第3世代)アップル AirPods Pro
発売日2021年10月26日2019年10月30日
予想価格2万3800円前後2万7800円前後
チップH1ヘッドフォンチップ
タイプ開放型(インナーイヤー型)密閉型(カナル型)
ノイズキャンセリングアクティブノイズキャンセリング、外部音取り込みモードに切り替え可能
均圧のための通気システム
オーディオテクノロジーアダプティブイコライゼーション、専用の高偏位Appleドライバ、専用のハイダイナミックレンジアンプ、空間オーディオとダイナミックヘッドトラッキング
センサー肌検出センサー(耳装着以外では音楽再生を一時停止可能)デュアル光学センサー
加速度センサー動きを感知する加速度センサー、音声を感知する加速度センサー
操作性感圧センサー、1回押して再生・一時停止・電話に応答、2回押して次の曲にスキップ、3回押して前の曲にスキップ
マイクデュアルビームフォーミングマイク/マイクロフォン、内向きのマイク/マイクロフォン
防水性能耐汗・耐水性能(IPX4)
Hey Siri
Bluetooth5.0
本体のバッテリー1回の充電で最大6時間(空間オーディオONで最大5時間)の再生時間/最大4時間の連続通話時間1回の充電で最大4.5時間の再生時間(アクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードOFF時は最大5時間)/最大3.5時間の連続通話時間
充電ケース付きバッテリー最大30時間以上の再生時間、最大20時間の連続通話時間24時間以上の再生時間、18時間の連続通話時間
充電時間充電ケースでの5分間の充電で最大1時間の再生時間/最大1時間の連続通話時間
充電ケースMagSafe充電器、Qi規格の充電器とLightningコネクタに対応
同梱物MagSafe充電ケース、Lightning - USB-Cケーブル、マニュアルMagSafe充電ケース、Lightning - USB-Cケーブル、マニュアル、シリコーン製イヤーチップ(3サイズ)
本体高さ: 30.79mmx幅: 18.26mmx厚さ: 19.21mm、質量: 4.28g高さ: 30.9mmx幅: 21.8mmx厚さ: 24mm、質量: 5.4g
充電ケース高さ: 46.4mmx幅: 54.4mmx厚さ: 21.38mm、質量: 37.91g高さ: 45.2mmx幅: 60.6mmx厚さ: 21.7mm、質量: 45.6g
カラーホワイト
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

売れ筋ランキング
コメント