「FFF-TAB10A3」と「FFF-TAB10H」の違い


「FFF-TAB10A3」と「FFF-TAB10H」の違い

FFF SMART LIFE CONNECTED「IRIE(アイリー) FFF-TAB10A3」と「FFF-TAB10H」の違いを比較しました。

「FFF-TAB10A3」は2021年9月3日に発表された「FFF SMART LIFE CONNECTED」の「IRIE(アイリー)ブランド」のAndroidタブレットです。「FFF-TAB10」(2020年3月発売)の後継モデルになっています。2021年3月に発売された「FFF-TAB10H」の下位モデルだと思われるので、両機種の外観・スペックを比較してみました。

「FFF-TAB10A3」と「FFF-TAB10H」 1
「FFF-TAB10A3」と「FFF-TAB10H」の正面比較

「FFF-TAB10A3」と「FFF-TAB10H」 2
「FFF-TAB10A3」と「FFF-TAB10H」の背面比較

特長の違い
  • 【サイズ】
    「FFF-TAB10A3」と「FFF-TAB10H」は同じ10.1インチ(1920x1200)のディスプレイサイズですが、「FFF-TAB10A3」はベゼル幅を狭くすることで、本体の幅が1mm・高さが10mm小さくなっています。しかし、厚みは1mm・質量は9g大きく重くなっています。
  • 【プロセッサー】
    「FFF-TAB10A3」はメディアテック製のクアッドコアSoCを搭載していますが、「FFF-TAB10H」はオクタコアです。RAMとストレージも、「FFF-TAB10A3」が「4/64GB」に対し、「FFF-TAB10H」は「6/128GB」なので、処理性能は「FFF-TAB10H」のほうが優れています。
  • 【その他】
    「FFF-TAB10A3」は、「microHDMIポート」が搭載され、背面カメラの画素数が「1300万画素」(FFF-TAB10Hは800万画素)です。バッテリー容量は「FFF-TAB10A3」が「6000mAh」に対し、「FFF-TAB10H」はより大容量の「7000mAh」です。



「FFF-TAB10A3」と「FFF-TAB10H」のスペック違いを比較
製品名FFF-TAB10A3FFF-TAB10H
発売日2021年09月04日2021年03月11日
予想価格限定100台: 1万9800円前後、通常: 2万9800円前後先行予約: 3万9800円前後、通常: 4万7800円前後
シリーズIRIE(アイリー)
SIMカードLTEモデルなし
発売時のOSAndroid 11Android 10
SoC(プロセッサ)CPU: MediaTek MTK8168 クアッドコア (2.0GHz A53)、GPU: Mali-G52-3EE (800MHz)CPU: MediaTek MT8788 オクタコア (4x2.0GHz A73+4x1.8GHz A53)、GPU: Mali G72 MP3 (900MHz)
RAM4GB6GB
ストレージ64GB128GB
外部メモリーmicroSDXC(256GBまで)microSDXC(128GBまで)
モニター10.1インチ、WUXGA(1920x1200ドット)、比率16:10
パネルIPS液晶、光沢、10点マルチタッチIPS液晶、光沢、10点マルチタッチ、輝度260cd
防水・防塵機能
セキュリティ生体認証に非対応
背面/アウトカメラ1300万画素800万画素
正面/インカメラ500万画素
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth5.04.1
NFC
GPS未確認
テレビワンセグ・フルセグに非対応
バッテリー容量6000mAh 3.7V、連続使用: 約4.3時間、充電時間: 最大7時間7000mAh 3.8V、連続使用: 約11時間、充電時間: 最大5時間
オーディオステレオスピーカー(0.8Wx2)、コンデンサーマイクロホンステレオスピーカー(0.7W)、コンデンサーマイクロホン
3.5mmヘッドフォンジャック
コネクタUSB Type-C(OTG)、マイクロHDMI(タイプD)USB Type-C(OTG)
その他ワイドFMラジオ、加速度センサー、画面録画機能、バブル機能、アプリ予測提案、外部ディスプレイワイドFMラジオ、G・照度/近接・マグネットセンサー
162mm163mm
高さ243mm253mm
奥行き/厚み9.2mm8.2mm
質量/重さ564g555g
カラーブラック(プラスチック+メタル筐体)ガンメタリック(メタルボディ)
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

売れ筋ランキング
コメント