「Steam Deck」と「ONEXPLAYER」の違い


「Steam Deck」と「ONEXPLAYER」の違い

バルブ「Steam Deck (スチーム・デッキ)」とOne-Netbook「ONEXPLAYER (ワン・エックス・プレイヤー)」の違いを比較しました。

「Steam Deck」は2021年7月にValve(バルブ)から発表された携帯ゲーム機です。ゲーム配信サービス「Steam(スチーム)」をプレイ可能です。One-Netbook(国内では株式会社テックワンが取り扱い)のWindowsゲーム機「ONEXPLAYER」と外観・スペックを比較してみました。
※2021年9月3日に「Core i7-1195G7」を搭載した「ONEXPLAYER 1S (Super Edition)」が9月11日から発売されることが発表されました。

「Steam Deck」と「ONEXPLAYER」 1
「Steam Deck」と「ONEXPLAYER」の比較

「Steam Deck」と「ONEXPLAYER」 2
「Steam Deck(背面)」と「ONEXPLAYER(マグネットキーボード装着時)」の比較

特長の違い
  • 「Steam Deck」と「ONEXPLAYER」はどちらもPCゲームをプレイできるポータブルゲーミングPCです。「Steam Deck」はゲームプラットフォーム「Steam」向けモデルですが、それ以外のゲームストアやPC用ソフトウェアをインストールすることや、Bluetoothのマウスやキーボードを接続してWEBを見るなど、様々な使い方ができるようです。「ONEXPLAYER」は「Windows 10」を搭載しているので、別売りの専用マグネットキーボードを本体下部に装着して、超小型パソコンとして利用できます。


「Steam Deck (スチーム・デッキ)」と「ONEXPLAYER (ワン・エックス・プレイヤー)」のスペック違いを比較
製品名Steam DeckONEXPLAYER
発売日2021年12月2021年08月
予想価格64GBモデル: 399ドル、256GBモデル: 529ドル、512GBモデル: 649ドルi5モデル: 13万円台、i7-1165G7モデル: 14万円台、i7-1185G7モデル: 17万円台
タイプポータブルPCゲーミングゲーミング向けUMPC(ウルトラモバイルPC)
シリーズSteam Deck(スチーム・デッキ)ONEXPLAYER(ワン・エックス・プレイヤー)
発売時のOSSteamOS 3.0(Archベース)Windows 10 Home
プロセッサーAMD APU、CPU: Zen 2 (2.4~3.5GHz)インテル 第11世代 Core i5-1135G7 (最大4.2GHz)、i7-1165G7 (最大4.7GHz)、i7-1185G7 (最大4.8GHz)
グラフィック8 RDNA 2 CU (1~1.6GHz)Iris Xe Graphics、eGPUボックス(外付けGPU)
RAM16GB LPDDR516GB LPDDR4x
ストレージ64GB eMMC、256GB NVMe SSD、512GB NVMe SSDスタンダードエディション: 512GB/1TB、プロエディション: 1TB、アルティメットエディション: 1/2TB M.2 2280 PCIe SSD
外部メモリーmicroSDXCカード UHS-ImicroSDXCカード
モニター7インチ、(1280x800ドット)、比率16:108.4インチ、WQXGA(2560x1600ドット)、比率16:10、358ppi
パネルIPS液晶、タッチパネル、400nitIPS液晶、タッチパネル(10点マルチタッチ対応)、sRGB 100%
生体認証指紋認証(背面の電源ボタンに設置)
防水・防塵機能
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/acIEEE 802.11 a/b/g/n/ac/ax (Wi-Fi 6)
Bluetooth5.0
NFC
GPS
カメラ
バッテリー容量40Wh15300mAh 3.85V 59Wh
急速充電45W PD3.065W PD
テレビワンセグ・フルセグに非対応
3.5mmコンボジャック
オーディオDSP内蔵ステレオ、Hi-Fiオーディオ、デュアルアレイマイクフロントステレオスピーカー
ファンデュアル放熱ファン、ダブルヒートパイプ
コネクターUSB 3.2 Type-C Gen 2x1、公式ドック(DisplayPort 1.4、HDMI 2.0、電源、USB-A 3.1x1、USB-A 2.0x2、イーサネット)USB Type-C 4.0(Thunderbolt)x2、USB Type-C 3.0x1
ゲームコントローラー一体型(トラックパッドあり)一体型(PC360 ALPS製アナログスティック L3/R3対応)
キーボードBluetoothキーボードに対応マグネットキーボード(別売り: 4840円前後)
その他6軸IMU ジャイロ、環境光センサー4096段階の筆圧検知タッチペン対応(別売り)、背面に65°のキックスタンド
298mm288mm
高さ117mm130mm
奥行き/厚み49mm21mm
質量/重さ669g820g
カラーブラックブラック&オレンジ
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

売れ筋ランキング
コメント