「AQUOS zero2」と「AQUOS sense3 plus」の違い


シャープ「AQUOS zero2 (アクオス・ゼロ・ツー、SHV47、SH-01M、SH-M13)」と「AQUOS sense3 plus (センス・スリー・プラス、SH-RM11、サウンド SHV46、SH-M11)」の違いを比較しました。

「AQUOS zero2」はシャープから発売されるスマートフォンです。ハイスペック仕様のゲーミング向けフラッグシップモデルになっています。ミッドレンジの「AQUOS sense3 plus」と外観・スペックを比較してみました。「AQUOS sense3 plus サウンド (au版)」はPioneer製「C7 Wireless special edition (apt HD対応のワイヤレスイヤホン)」が同梱されたモデルです。
※2020年2月28日にSIMロックフリーモデル「AQUOS zero2 SH-M13」が3月13日から発売されることが発表されました。

「AQUOS zero2」と「AQUOS sense3 plus」 1
「AQUOS zero2」と「AQUOS sense3 plus」の正面比較

「AQUOS zero2」と「AQUOS sense3 plus」 2
「AQUOS zero2」と「AQUOS sense3 plus」の背面比較


外観・デザイン
  • 【サイズ】
    「AQUOS zero2」は6.4インチ(2340x1080)のディスプレイサイズに対し、「AQUOS sense3 plus」は6.0インチ(2220x1080)です。「AQUOS zero2」は「AQUOS sense3 plus」よりも小さい本体サイズですが、水滴型ノッチの狭額縁設計(ベゼルレス・デザイン)や、縦長の画面比率、ディスプレイ内蔵型の指紋センサーを採用することで、より大きな画面占有率が高いディスプレイになっています。
  • 【ゲーミングスマホ】
    「AQUOS zero2」は、6インチ以上で3000mAhを超える防水(IPX5以上)対応のスマートフォンで世界最軽量の「141g」を実現することで、長時間のゲームプレイでも手の負担を抑えることができます。また、「AQUOS zero2」は、「120Hz」駆動の倍速表示・最大で「240Hz」(4倍速)のリフレッシュレートに対応し、タッチ性能も「240Hz」(平均約2ms)の検出を実現することで、ゲームプレイ時に遅延を抑えることが可能です。
  • 【その他】
    「AQUOS zero2」はストレージが「256GB」に対し、「AQUOS sense3 plus」は最大「128GB」です。しかし、「AQUOS sense3 plus」は512GBまでの「microSDカード」を利用してストレージを強化することができます。「AQUOS sense3 plus」は3.5mmイヤホンジャック端子を搭載していますが、「AQUOS zero2」は非搭載です。

機能・特徴
  • 【プロセッサ】
    「AQUOS zero2」はクアルコム製のハイエンドSoC「Snapdragon 855」を搭載していますが、「AQUOS sense3 plus」はミドルクラスの「Snapdragon 636」です。「AQUOS zero2」は、8GBのRAMや、優れた放熱設計も搭載することで、高負担なゲームでも快適なプレイが可能な処理性能を実現しています。
  • 【ディスプレイ】
    「AQUOS zero2」はディスプレイが「有機EL」に対し、「AQUOS sense3 plus」は「液晶」です。一般的に「有機EL」は「液晶」と比べて、高コントラストで発色に優れるなど画質をはじめとしたメリットがあります。また、「AQUOS zero2」は約10億色の表現を実現することで、滑らかな階調でグラデーションの色域を表現し、より忠実にHDRコンテンツを再現することが可能です。
  • 【カメラ】
    「AQUOS zero2」と「AQUOS sense3 plus」はどちらも背面がデュアルカメラです。「AQUOS zero2」は「1220万画素 26mm相当 F1.7の標準カメラ」と「2010万画素 18mm相当 F2.4の広角カメラ」構成に対し、「AQUOS sense3 plus」は「1220万画素 27mm相当 F1.8の標準カメラ」と「1310万画素 16mm相当 F2.4の広角カメラ」です。「AQUOS zero2」は標準カメラに光学式手ブレ補正が搭載されています。



「AQUOS zero2 (アクオス・ゼロ・ツー、SHV47、SH-01M、SH-M13)」と「AQUOS sense3 plus (センス・スリー・プラス、SH-RM11、サウンド SHV46、SH-M11)」のスペック違いを比較
製品名シャープ AQUOS zero2シャープ AQUOS sense3 plus
発売日ドコモ: 2020年1月30日、au&ソフトバンク: 1月31日、SIMフリー: 3月13日ソフトバンク: 2019年12月20日、au: 12月12日、SIMフリー: 12月25日
キャリアau、ソフトバンク、ドコモau、ソフトバンク、楽天モバイル(SIMフリー)、SIMフリー
デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)SIMフリー版: デュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)に対応、nanoSIMx2SIMフリー版: デュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)に対応、2ndスロットはmicroSDと排他利用
予想価格9万円前後4~5万円前後
シリーズアクオス・ゼロ(AQUOS ZERO)アクオス・センス(AQUOS sense)
発売時のOSAndroid 10Android 9.0
バージョンアップ発売から2年間・最大2回のバージョンアップ保証
SoC(プロセッサー)CPU: Snapdragon 855 SDM855 オクタコア (2.8GHz+1.7GHz)、放熱設計、ゲーミング設定CPU: Snapdragon 636 オクタコア (4x1.8GHz+4x1.6GHz)
メモリーカード非対応microSDXC(512GB)
ストレージ256GB UFS3.0au&ソフトバンク&楽天モバイル: 64GB、SIMフリー: 128GB
RAM8GB(LPDDR4X)6GB(LPDDR4X)
バッテリー容量3130mAh4000mAh
対応充電USB PD 2、インテリジェントチャージ、パラレル充電(2つの充電ICで発熱を抑える)急速充電、インテリジェントチャージ(電池劣化を抑えた充電)
ワイヤレス充電
連続通話時間LTE(VoLTE HD+): 約1490分、LTE(VoLTE): 約900分、LTE(VoLTE ビデオコール): 約470分 (ドコモ)4G LTE: 約2105分、3G: 約1760分、GSM: 約970分 (SB)
連続待受時間LTE: 約490時間 (ドコモ)4G LTE: 約640時間、4G: 約655時間、3G: 約740時間、GSM: 約695時間 (SB)
防水・防塵機能IPX5・IPX8(お風呂対応)/IP6X(IP68)
生体認証指紋認証センサー(ディスプレイ内に設置、画面内指紋センサー)、顔認証指紋認証センサー(正面に設置、ジェスチャー操作対応)、顔認証
モニター6.4インチ、フルHD+(2340x1080ドット)、比率19.5:96.0インチ、フルHD+(2220x1080ドット)、比率18.5:9
パネル有機EL OLED(約10億色、シャープ製)、明るさが従来モデルより150%向上IGZO液晶ディスプレイ、のぞき見ブロック、かんたんモード
リフレッシュレート120Hz、最大240Hz(4倍速)、タッチ検出: 240Hz(平均約2ms)
リッチカラーテクノロジーモバイル○(10億色リッチカラーテクノロジー)○(高い色再現性により色鮮やかな映像が可能)
アウトドアビュー○(屋外でも見やすい視認性、環境に合わせてコントラスト・明るさを自動調整)
HDR動画再生対応○(True HDR 10億色、Dolby Vision、HDR10、HLG、YouTube VP9)バーチャルHDRは対応
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/ac
対応バンドLTE: 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 11 / 12 / 13 / 17 / 18 / 19 / 20 / 28 / 38 / 39 / 41 / 42、3G: 1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19LTE: 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 8 / 12 / 17 / 18 / 19 / 28 / 41、3G: 1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
通信速度受信時最大: 1576Mbps、送信時最大: 131.3Mbps (どちらもドコモ)受信時最大: 400Mbps、送信時最大: 75Mbps (どちらもau)
NFC○(FeliCaチップ搭載、おサイフケータイ対応)
Bluetooth○(5.0、aptX HD、TrueWireless Stereo Plus、LDAC)○(5.0、aptX HD、AAC、SBC)
GPS○(L1+L5対応)
テレビワンセグ・フルセグに非対応
ロボティクスエモパーVer 10.1、ロボクル
背面/アウトカメラ1220万画素 裏面照射積層型CMOS 78° 26mm相当 F1.7 (標準)+2010万画素 裏面照射積層型CMOS 125° 18mm相当 F2.4 (広角)1220万画素 裏面照射積層型CMOS 76° 27mm相当 F1.8 (標準)+1310万画素 裏面照射積層型CMOS 123° 16mm相当 F2.4 (広角)
手ブレ補正標準: 光学式手ブレ補正、広角: 電子式手ブレ補正標準&広角に電子手ブレ補正(静止画と動画)
デュアルピクセル標準: ハイスピードAF(全面位相差)
動画機能4K(3840x2160)
画像エンジンProPix2(AIが被写体の動き検知することで、シャッタースピードや露光を調整して被写体ブレを抑える「被写体ブレ検出エンジン/被写体ブレ補正」)
AI機能AIオート(9つの被写体とシーンモードの自動選択)
AIライブストーリー標準&広角カメラが対応○(撮影した動画からAIが自動的に15秒のダイジェストムービーを作成)
カメラ機能AIライブシャッター: 広角カメラが対応(動画撮影時にAIが写真を自動撮影)、ポートレート、アイキャッチセルフィー、拡張現実(AR)、ARCore
正面/インカメラ800万画素 CMOS裏面照射型 80° F2.2800万画素 CMOS裏面照射積層型 80° 25mm相当 F2.2
コネクターUSB Type-C
ヘッドホンジャック
オーディオステレオスピーカー、Dolby Atmos(ドルビーアトモス)
ハイレゾ
素材・デザイン側面: マグネシウム合金フレーム、半円形の水滴型ノッチ(切り欠き)、全体曲面ディスプレイ(パネル全体が緩やかにカーブ)
74mm75mm
高さ158mm160mm
奥行き/厚み8.8mm8.7mm
質量/重さ143g→141g175g
カラーアストロブラック、ミスティホワイト(SIMフリー版にはなし)ホワイト、クラッシィブルー(au)、ムーンブルー(SB&SIMフリー)、ブラック(SB&SIMフリー)、ピンク(SB)
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

AQUOS zero2

AQUOS sense3 plus

売れ筋ランキング