シグマ、35mm判換算で21mmのデジカメ「SIGMA dp0 Quattro」を発表


シグマは、35mm判換算で焦点距離21mm相当のレンズを採用したデジタルカメラ「SIGMA dp0 Quattro」を発表しました。

SIGMA dp0 Quattro 発表|株式会社シグマ
  • 14mm F4の単焦点レンズ(35mm判換算で焦点距離21mm相当)
  • 約2900万画素のFoveon X3 ダイレクトイメージセンサー
  • 発売日は未定

基本仕様
焦点距離14mm
21mm相当(35mm判換算)
センサーAPS-C
23.5×15.7mm Foveon X3
画素数3300万総画素
2900万有効画素
連写1コマ/秒
ISO感度100~6400(標準)
モニター3インチ
92万ドット
シャッタースピード1/2000~30秒撮影枚数200枚
静止画フォーマットRAW:○
JPEG:○
RAW+JPEG同時撮影:○
動画
可動式モニター内蔵フラッシュ
ネットワーク記録メディアSDカード:○
SDHCカード:○
SDXCカード:○
幅×高さ×奥行き161.4×67×126mm重さ

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

SIGMA dp0 Quattro

売れ筋ランキング