「EOS R5」と「EOS 5D Mark IV」の違い


キヤノン「EOS R5 (イオス・アール・ファイブ)」と「EOS 5D Mark IV (ファイブ・ディー・マーク・フォー、eos 5d mark 4)」の違いを比較しました。

「EOS R5」は2020年7月9日に発表されたキヤノンのレンズ交換式カメラです。ミラーレスの「EOS R5シリーズ」は、一眼レフの「EOS 5Dシリーズ」と同クラスなので、「EOS 5D Mark IV」(2016年9月発売)と外観・スペックを比較してみました。

「EOS R5」と「EOS 5D Mark IV」 1
「EOS R5」と「EOS 5D Mark IV」の正面比較

「EOS R5」と「EOS 5D Mark IV」 2
「EOS R5」と「EOS 5D Mark IV」の背面比較

「EOS R5」と「EOS 5D Mark IV」 3
「EOS R5」と「EOS 5D Mark IV」の上部・底部比較

外観・デザイン
  • 【サイズ】
    「EOS R5」は「EOS 5D Mark IV」より、幅が12.2mm、高さが18.9mm、質量が150g、小さく軽くなっています。奥行きは、グリップ部とファインダー部を含めると、「EOS R5」のほうが12.1mm厚いサイズです。「EOS R5」はミラーレス構造を採用することにより、ボディ全体の大幅な小型軽量化を実現しています。
  • 【ファインダー】
    「EOS R5」はファインダーが電子式に対し、「EOS 5D Mark IV」は光学式です。電子ビューファインダーは、イメージセンサーが捉えた画像を表示し、露出補正後の状態や拡大画像などを確認可能です。光学ファインダーは、レンズを通った光をリアルタイムにそのまま見ることができ、長時間の撮影時でも自然な見え方で目の疲れを軽減できます。
  • 【モニター】
    「EOS R5」と「EOS 5D Mark IV」はどちらも背面に3.2インチのモニターを搭載していますが、「EOS R5」は210万ドットに対し、「EOS 5D Mark IV」は162万ドットです。「EOS R5」はバリアングル式の可動モニターを採用することで、アングルを自由に調整して撮影ができます。
  • 【その他】
    「EOS R5」は「SDXCカード UHS-II」1つと「CFexpressカード(8K RAW動画撮影時などに利用が必要)」1つのダブルスロットですが、「EOS 5D Mark IV」は「SDXCカード UHS-I」1つと「CFカード」1つです。USB端子は、「EOS R5」がUSB充電・給電対応の「USB Type-C」に対し、「EOS 5D Mark IV」は「USB 3.0」です。

機能・特徴
  • 【イメージセンサー】
    「EOS R5」はセンサーが4500万画素ですが、「EOS 5D Mark IV」は3040万画素です。「EOS R5」は最新の画像処理エンジン「DIGIC X」を採用し、EOS最高解像性能を達成したと謳うほどの高画質を実現しています。
  • 【ボディ内手ブレ補正】
    「EOS R5」はEOS初のボディ内5軸手ブレ補正を搭載しています。レンズ内手ブレ補正搭載のレンズと組み合わせることで、世界最高となる最大8.0段分の補正効果を実現しています。動画撮影時には、動画電子ISも併用して使用可能です。
  • 【連写性能】
    「EOS R5」は連写速度が最大約20コマ/秒ですが、「EOS 5D Mark IV」は最大約7コマ/秒です。「EOS R5」はメカニカル/電子先幕シャッター時に約12コマ/秒、電子シャッター時に約20コマ/秒の撮影ができます。連続撮影可能コマ数は、「EOS R5」がRAW時に約66枚・JPEG時に約190枚に対し、「EOS 5D Mark IV」はRAW時に約17枚・JPEG時に約110枚です。
  • 【オートフォーカス性能】
    「EOS R5」は、「EOS 5D Mark IV」の「デュアルピクセルCMOS AF」よりも進化した、「デュアルピクセルCMOS AF II」を搭載しています。精度が高く、広範囲で、高速なオートフォーカスが可能です。「EOS R5」は、「EV-6」のAF低輝度限界に対応し、人物は「瞳」「顔」「頭部」の検出ができます。
  • 【動画機能】
    「EOS R5」はレンズ交換式カメラで世界初の8K動画撮影に対応していますが、「EOS 5D Mark IV」は4K動画までです。「EOS R5」は、8K DCIのRAW時に約2600Mbpsの高ビットレート撮影ができ、4K DCI/UHDで120fpsのスローモーション動画、8K動画(約3540/3320万画素)のフレーム切り出しが可能です。
  • 【バッテリー】
    「EOS R5」は撮影可能コマ数が約220コマに対し、「EOS 5D Mark IV」はファインダー時に約900コマ・ライブビュー時に約300コマです。「EOS 5D Mark IV」は一眼レフ構造により、ファインダー撮影時のバッテリーライフが大幅に優れています。



「EOS R5 (イオス・アール・ファイブ)」と「EOS 5D Mark IV (ファイブ・ディー・マーク・フォー、eos 5d mark 4)」のスペック違いを比較
製品名キヤノン EOS R5キヤノン EOS 5D Mark IV
発売日2020年07月30日2016年09月08日
予想価格46万円台35万円台
シリーズEOS(イオス) R5EOS(イオス) 5D
マウントキヤノンRF系マウント(マウント径54mm、フランジバック20mm)、マウントアダプターでEFレンズを利用可能キヤノンEF系マウント(マウント径54mm、フランジバック44mm)、RFレンズは利用不可
タイプミラーレス一眼レフ
センサーフルサイズ(36x24mm CMOS)、キヤノン開発・生産
ローパスフィルター
ダスト除去機能
画像処理エンジンDIGIC XDIGIC 6+
画素数4500万有効画素3040万有効画素
最大記憶画素数8192x5464px6720x4480px
ISO常用: 100-51200、拡張: 50-102400常用: 100-32000、拡張: 50-102400
連写メカ/電子先幕: 約12コマ/秒、電子: 約20コマ/秒約7コマ/秒、ソフト連続撮影: 約3コマ/秒
連続撮影可能コマ数RAW: 約66枚、RAW+JPEG: 約64枚、JPEG: 約190枚RAW: 約17コマ、JPEG: 約110コマ、RAW+JPEG: 約13コマ
位相差AF○(ファインダー時)
EOS iTR AFEOS iTR AF X(ディープラーニング活用のアルゴリズム)EOS iTR AF
デュアルピクセルCMOS AFデュアルピクセルCMOS AF II(コントラストAF+像面位相差AF)、AF速度: 最速約0.05秒デュアルピクセルCMOS AF(コントラストAF+像面位相差AF)
選択可能測距点/AFエリア最大5940ポジション(横90x縦66)、約90%(横)x約100%(縦)ファインダー時: 61点(クロス測距点: 最大41点)
測距輝度範囲EV-6~20ファインダー時: EV-3~18、ライブビュー時: EV-2.5~18
検出人物: 瞳/顔/頭部、動物(犬・猫・鳥): 瞳/顔/全身
ファインダー電子式: OLEDカラー 0.5型 (約576万ドット/視野率100%/倍率0.76倍/なめらかさ優先: 119.8fpsの表示レート)光学式: ペンタプリズム (視野率100%/倍率0.71倍)
アイポイント23mm(接眼レンズ最後尾から)、21mm(接眼レンズ中心から)
モニター3.2インチ (TFT式カラー/210万ドット)3.2インチ (TFT式カラー/162万ドット)
可動式モニターバリアングル固定式
タッチパネル
サブモニター○(上部の情報表示パネル)
シャッタースピードメカ/電子先幕: 1/8000-30秒・バルブ、電子: 1/8000-0.5秒1/8000-30秒・バルブ
フラッシュ同調メカ: 1/200秒、電子先幕: 1/250秒1/200秒
サイレントシャッター○(予想)ソフト撮影
フリッカーフリッカーレス撮影(静止画撮影時)フリッカー低減
セルフタイマー2、10秒
撮影可能枚数約220枚(なめらか優先: 320枚、省電力優先: 490枚)、動画: 合計約1時間20分ファインダー時: 約900枚、ライブビュー時: 約300枚、動画: 合計約1時間30分
画像形式JPEG、RAW(14bit、.CR3)、RAW+JPEG、C-RAW、HEIF(10bit、HDR PQ)JPEG、RAW(14bit、.CR3)、RAW+JPEG、M-RAW、S-RAW
DPRAW○(ポートレートリライティングと背景明瞭度が追加)
カメラ内RAW現像
動画機能8K DCI(8192x4320) 30p、8K UHD(7680x4320) 30p、4K DCI(4096x2160) 60p、4K UHD(3840x2160) 60p、フルHD(1920x1080) 60p4K UHD(3840x2160) 30p/25p/24p、フルHD(1920x1080) 60p
4K画質8.2Kからオーバーサンプリング処理(4K高画質動画)
クロップ8K: しない、4K: する/しない
ハイフレームレート4K DCI/UHD 120fpsHD(1280x720) 120fps
ファイル形式MP4、RAWMP4、MOV
映像圧縮/音声記録方式H.264/MPEG-4 AVC、H.265/HEVCH.264/MPEG-4 AVC、Motion JPEG
内蔵マイクモノラルマイク
撮影時間29分59秒、ハイフレームレート時は7分29秒
温度上昇にともなう撮影時間8K RAW 30p&8K 30p: 最大約20分、4K 120p: 最大15分、4K 60p クロップなし: 最大約35分、4K 60p 高画質 クロップあり 5.1Kオーバーサンプリング: 最大約25分、4K 30p クロップなし: 熱の制限なし、4K 30p 高画質 クロップなし 8Kオーバーサンプリング: 最大約30分、4K 30p 高画質 クロップあり 5.1Kオーバーサンプリング: 熱の制限なし
高ビットレート記録8K DCI RAW: 約2600Mbps、8K DCI ALL-I: 約1300Mbps4K 30p Motion JPEG: 約500Mbps、フルHD ALL-I: 約180Mbps
動画機能タイムコード、Canon-Log 10bit、ITU-R BT.2100タイムコード、Canon-Log(有償アップグレードで対応)、4K: ITU-R BT.601、フルHD: ITU-R BT.709
動画のフレーム切り出し8K(約3540/3320万画素)/4K(約880/830万画素)4K(約880万画素)
タイムラプス8K/4K
ボディ内手ブレ補正5軸手ブレ補正、レンズ内光学式手ブレ補正と協調制御で最大8.0段分、動画電子IS
内蔵フラッシュ
シャッター耐久回数約50万回約15万回
防塵防滴仕様○(マグネシウム合金)
共通機能水準器、スポット1点AF、インターバルタイマー、ラージゾーンAF、HDR動画、Camera Connect、回折補正、多重露出撮影、デジタルレンズオプティマイザ、ホワイトバランス(雰囲気優先、ホワイト優先)
異なる機能Fvモード(フレキシブルAE)、フォーカスブラケット、電源OFF時のシャッター幕の開閉状態を設定可能
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/acIEEE 802.11 b/g/n
NFC
GPS
Bluetooth5.0
USB充電/給電○(USB電源アダプター PD-E1使用)
デュアルスロットSDXC UHS-IIx1+CFexpress(Type B)x1SDXC UHS-Ix1+CFカード
AFセレクター○(マルチコントローラー)
AF-ONボタン
138.5mm150.7mm
高さ97.5mm116.4mm
奥行き/厚み88mm75.9mm
質量/重さ650g、738g(総重量)800g、890g(総重量)
バッテリーLP-E6NH/LP-E6N/LP-E6LP-E6N/LP-E6、新発売のLP-E6NHも対応
バッテリーグリップBG-R10(EOS R5/R6用)BG-E20
マイク3.5mmステレオミニプラグ/ミニジャック(外部マイク入力・ヘッドフォン端子)3.5mmステレオミニジャック(外部マイク入力・ヘッドフォン端子)
拡張システム端子ワイヤレスファイルトランスミッター WFT-R10B
インターフェイスUSB Type-C 3.1 Gen 2、HDMIマイクロ(タイプD)、シンクロ接点USB3.0、HDMIミニ(タイプC)、シンクロ端子
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

EOS R5

EOS 5D Mark IV

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する