「arrows J」と「arrows U」の違い


富士通「arrows J (アローズ・ジェイ)」と「arrows U (アローズ・ユー)」の違いを比較しました。

「arrows J」は2019年10月1日に「ジャパネットたかた」から発表されたワイモバイル向けの富士通のスマートフォンです。ソフトバンクから発表された「arrows U」(2019年6月28日発売)、または楽天モバイルから発表されたSIMフリーモデル「arrows RX」(2019年10月1日発売)と近いスペックになっています。「arrows J」と「arrows U」の外観・スペックを比較してみました。「arrows RX」と「arrows U」の違いもご参照下さい。

「arrows J」と「arrows U」 1
「arrows J」と「arrows U」の正面比較

「arrows J」と「arrows U」 2
「arrows J」と「arrows U」の背面比較

SoftBank オンラインショップ

特長の違い
  • 「arrows J」と「arrows U」はほぼ同じ外観と仕様になっています。「arrows J」はユニバーサルデザイン書体「UD新丸ゴ」が標準採用され、「電話/ダイヤル」「電話帳」「メッセージ」が見やすくて分かりやすいオリジナルアプリ「かんたんセット」が搭載されているようです。「arrows J」と「arrows U」は低価格で使いやすい入門向けのエントリーモデルです。



「arrows J (アローズ・ジェイ)」と「arrows U (アローズ・ユー)」のスペック違いを比較
製品名富士通 arrows J富士通 arrows U
発売日2019年11月01日2019年06月28日
予想価格未確認3万円前後
キャリアワイモバイルソフトバンク
シリーズアローズ(ARROWS)
発売時のOSAndroid 9.0
SoC(プロセッサー)CPU: Snapdragon 450 (SDM450) オクタコア、8x1.8GHz
ストレージ32GB
メモリーカードmicroSDXC(400GB)
RAM3GB
バッテリー容量2880mAh
連続通話時間4G LTE: 約1560分、3G: 約1690分、GSM: 約910分(ワイモバイル&ソフトバンク)
連続待受時間4G LTE: 約580時間、3G: 約650時間、GSM: 約600時間(ワイモバイル&ソフトバンク)
防水・防塵性能IPX5/IPX8、IP6X
耐衝撃性能MIL規格準拠(MIL-STD-810G)
セキュリティ(生体認証)
Exlider
モニター/画面解像度5.8インチ、フルHD+(2280x1080)、比率19:9、ノッチ(切り欠き)
パネルTFT液晶ディスプレイ
ディスプレイ機能ブルーライトカットモード、拡大鏡
HDR動画再生
通信速度受信時最大:112.5Mbps、送信時最大: 37.5Mbps (ワイモバイル&ソフトバンク)
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth4.2
NFC
FeliCaおサイフケータイ対応
GPS
テレビ(ワンセグ/フルセグ)
ハイレゾ
背面/アウトカメラ1310万画素+500万画素 CMOS
背面カメラ機能ポートレートモード(背景ぼかし)、美肌補正、手ブレ補正、HDR撮影、フラッシュ
正面/インカメラ800万画素 CMOS
正面カメラ機能美肌補正、手ブレ補正、フラッシュ
コネクターUSB Type-C
3.5mmヘッドホンジャック
ストラップホール
その他シンプルモード/ホーム、はっきり/ゆっくりボイス、でかボリューム、スーパーダブルマイク、UD新丸ゴ、Super ATOK ULTIAS、側面にGoogleアシスタントキー
72mm
高さ149mm
奥行き8.8mm
重さ166g
カラーブラック、ホワイト、ブルー
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

arrows J

arrows U

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する