「AirPods Pro」と「WF-1000XM3」の違い


アップル「AirPods Pro (エアーポッズ・プロ)」とソニー「WF-1000XM3」の違いを比較しました。

「AirPods Pro」はアップルのワイヤレスイヤホンです。ライバル機だと思われるソニーの「WF-1000XM3」と外観・スペックを比較してみました。「WF-1000XM3」はサイズの詳細が未公開なので予想されるサイズ感で比較しています。

「AirPods Pro」と「WF-1000XM3」 1
「AirPods Pro」と「WF-1000XM3」の正面比較

「AirPods Pro with Wireless Charging Case」と「WF-1000XM3 充電ケース」 2
「AirPods Pro with Wireless Charging Case」と「WF-1000XM3 充電ケース」の正面比較

「AirPods Pro with Wireless Charging Case」と「WF-1000XM3 充電ケース」 3
「AirPods Pro with Wireless Charging Case」と「WF-1000XM3 充電ケース」の上部比較


外観・デザイン
  • 【装着性】
    「AirPods Pro」は通常の有線イヤホンから線を省略したような形状に対し、「WF-1000XM3」は幅が広いデザインです。「WF-1000XM3」は本体を耳の3点で支える「エルゴノミック・トライホールド・ストラクチャー」を採用し、耳にねじ込む感が「AirPods Pro」よりも強いと思われます。質量は「AirPods Pro」が「5.4g」ですが、「WF-1000XM3」はより重い「8.5g」です。
  • 【操作性】
    「AirPods Pro」は軸部分にある「感圧センサー」を押すことでモードなどを切り替えることができます。「WF-1000XM3」は「タッチセンサー」により、本体をタップしたりホールドすることで各種の切り替えが可能です。
  • 【防水性能】
    「AirPods Pro」は「IPX4」の耐水・耐汗機能に対応していますが、「WF-1000XM3」は非対応です。「AirPods Pro」はスポーツ時などに水滴や汗を気にせずに利用することができます。
  • 【充電ケース】
    「AirPods Pro」は充電ケースがワイヤレス充電に対応し、外部端子は「Lightningコネクタ」を採用しています。「WF-1000XM3」はワイヤレス充電が非対応で、「USB Type-C」の採用です。充電ケースは「AirPods Pro」のほうが小さく軽くなっています。
  • 【カラーバリエーション】
    「AirPods Pro」は「ホワイト」のみの1色ですが、「WF-1000XM3」は「プラチナシルバー」か「ブラック」の2色から選択できます。

機能・特徴
  • 【モード】
    「AirPods Pro」は、周囲の音を遮断して聴きたい音のみに集中する「ノイズキャンセリングモード」と、周囲の音を取り込む「外音取り込み機能モード」の2つで切り替えができます。「WF-1000XM3」は「ノイズキャンセリングモード」と、音楽と周囲の音が聞ける「外音取り込み機能モード」と、音楽の音量を抑えて周囲の音を聞きやすくする「クイックアテンションモード」の3つで切り替え可能です。「WF-1000XM3」は専用アプリを利用して「外音コントロール」のレベル調節のカスタマイズができます。
  • 【バッテリーライフ】
    「AirPods Pro」はノイズキャンセリングON時に最大4.5時間・ノイズキャンセリングOFF時に最大5時間のバッテリー持続時間ですが、「WF-1000XM3」はノイズキャンセリングON時に最大6時間・ノイズキャンセリングOFF時に最大8時間です。「WF-1000XM3」のほうが長時間の利用可能時間を実現しています。



「AirPods Pro (エアーポッズ・プロ)」と「WF-1000XM3」のスペック違いを比較
製品名アップル AirPods Proソニー WF-1000XM3
発売日2019年10月30日2019年07月13日
税別価格2万7800円前後2万5000円前後
タイプ密閉型(カナル型)
チップH1ベースのSiP(System in Package)高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1e
ノイズキャンセリングアクティブノイズキャンセリング(外部音取り込みモードに切り替え可能)デュアルノイズセンサーテクノロジー(音楽音量を抑えて周囲の音を聞きやすくする「クイックアテンションモード」と、音楽と周囲の音が聞けるアンビエントサウンドモード/外音取り込み機能に切り替え可能)
マイクデュアルビームフォーミングマイクロフォン、内向きのマイクロフォン外側(フィードフォワードマイク)と内側(フィードバックマイク)に1つずつ
オーディオテクノロジーアダプティブイコライゼーション(耳の形に合わせて音楽を自動調節)、均圧のための通気システム、専用の高偏位Appleドライバ(優れた低音と中高音域オーディオ)、専用のハイダイナミックレンジアンプ(クリアなサウンド)外音コントロール(周囲の音の取り込みレベルを調整)、アダプティブサウンドコントロール(ノイズキャンセリングと外音取り込みモードを自動切り替え)、イコライザー、左右同時伝送方式、装着検出機能、専用アプリ「Headphones Connect」
操作性感圧センサータッチセンサー
コントロール1回押して再生・一時停止・電話に応答、2回押して次の曲にスキップ、3回押して前の曲にスキップ、長押しでアクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードを切り替え左側: シングルタップでNC/Ambientモード切替 タップ&ホールドでクイックアテンション、右側: シングルタップで再生/停止 ダブルタップで曲送り トリプルタップで曲戻し タップ&ホールドでボイスアシスタント
ボイスアシスタントSiriSiri、Googleアプリ、Googleアシスタント
防水性能耐汗・耐水性能(IPX4)
本体のバッテリー1回の充電で最大4.5時間の再生時間(アクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードOFF時は最大5時間)/最大3.5時間の連続通話時間連続音声再生時間: 最大6時間(ノイズキャンセリングOFF時は最大8時間)、連続通話時間: 最大4時間(ノイズキャンセリングOFF時は最大4.5時間)、待受時間: 最大9時間(ノイズキャンセリングOFF時は最大15時間)
ワイヤレスケース付きバッテリー24時間以上の再生時間、18時間の連続通話時間付属ケースで3回分充電し、本体の6時間と合計して24時間の音楽再生
充電充電ケースでの5分間の充電で最大1時間の再生時間/最大1時間の連続通話時間充電ケースで約1.5時間、10分充電で90分再生の急速充電
充電ケースQi規格のワイヤレス充電対応DC3.7V、マグネットで正しい位置に収納
充電ケースの端子LightningUSB Type-C
Bluetooth5.0
その他センサー: デュアル光学センサー、動きを感知する加速度センサー、音声を感知する加速度センサーコーデック: DSEE HX(圧縮音源をハイレゾ級にアップスケーリング)、SBC、AAC、A2DP、AVRCP、HFP、HSP、ハイフリクション・ラバー・サーフェス
同梱物本体、Wireless Charging Case、Lightning - USB-Cケーブル、マニュアル、シリコーン製イヤーチップ(3サイズ)本体、充電ケース、USB Type-Cケーブル(約20cm)、取扱説明書、ハイブリットイヤーピースロング(SS、S、M、L)、トリプルコンフォートイヤーピース(S、M、L)
カラーホワイトプラチナシルバー、ブラック
本体高さ: 30.9mmx幅: 21.8mmx厚さ: 24mm、質量: 5.4gx2サイズが未公開、質量: 8.5gx2
充電ケース高さ: 45.2mmx幅: 60.6mmx厚さ: 21.7mm、質量: 45.6gサイズや質量が未公開
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

AirPods Pro

WF-1000XM3

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する