「AQUOS sense3 lite」と「AQUOS sense3 plus」の違い


シャープ「AQUOS sense3 lite (アクオス・センス・スリー・ライト、SH-RM12)」と「AQUOS sense3 plus (アクオス・センス・スリー・プラス、SH-RM11、サウンド SHV46)」の違いを比較しました。

「AQUOS sense3 lite」と「AQUOS sense3 plus (開発発表のみ)」は2019年9月6日に楽天モバイルから発表されたシャープのスマートフォンです。「AQUOS sense3 lite」はスタンダードモデル、「AQUOS sense3 Plus」はミドル~ミドルハイクラスの機種なので、外観・スペックを比較してみました。

2019年9月25日に「AQUOS sense3」と「AQUOS sense3 plus (スペックの一部を公開)」が発表されました。「AQUOS sense3 lite」は背面がシングルカメラ&楽天モバイル専用モデルに対し、「AQUOS sense3」はデュアルカメラ&販路はまだ未発表です。「AQUOS sense3 lite」と「AQUOS sense3」の違いもご参照下さい。

※2019年10月10日にauから「AQUOS sense3」と「AQUOS sense3 plus サウンド」、10月11日にドコモから「AQUOS sense3」、10月15日にUQモバイルから「AQUOS sense3」、10月17日にソフトバンクから「AQUOS sense3 plus」が発表されました。「AQUOS sense3 plus サウンド」はPioneer製「C7 Wireless special edition (apt HD対応のワイヤレスイヤホン)」が同梱されています。

「AQUOS sense3 lite」と「AQUOS sense3 plus」 1
「AQUOS sense3 lite」と「AQUOS sense3 plus」の正面比較

「AQUOS sense3 lite」と「AQUOS sense3 plus」 2
「AQUOS sense3 lite」と「AQUOS sense3 plus」の背面比較


特長の違い
  • 【処理性能】
    「AQUOS sense3 lite」はクアルコム製のミドルローSoC「Snapdragon 630」を搭載していますが、「AQUOS sense3 plus」はより上位の「Snapdragon 636」です。「AQUOS sense3 lite」はRAMが「4GB」・ストレージが「64GB」に対し、「AQUOS sense3 plus」はRAMが「6GB」・ストレージが「64GBか128GB」でどちらもより強化されています。
  • 【サイズ】
    「AQUOS sense3 lite」は5.5インチ(2160x1080)で比率18:9のディスプレイですが、「AQUOS sense3 plus」はより大型の6.0インチ(2220x1080)で比率18.5:9です。本体サイズは、「AQUOS sense3 plus」が「AQUOS sense3 lite」より、幅が5mm、高さが13mm、質量が9g、大きく重くなっています。
  • 【カメラ】
    「AQUOS sense3 lite」は背面がシングルカメラですが、「AQUOS sense3 plus」はデュアルカメラです。「AQUOS sense3 plus」は「標準カメラ」に加えて、「123°の広角カメラ」が追加されています。「AQUOS sense3 lite」の「標準カメラ」の詳細スペックは未確認です。
  • 【その他】
    「AQUOS sense3 plus」は立体音響技術「Dolby Atmos」対応のステレオスピーカーを搭載しています。「AQUOS sense3 lite」のオーディオ性能は未確認ですが、恐らく「AQUOS sense3 plus」がより上位の仕様になっていると思われます。


「AQUOS sense3 lite (アクオス・センス・スリー・ライト、SH-RM12)」と「AQUOS sense3 plus (アクオス・センス・スリー・プラス、SH-RM11、サウンド SHV46)」のスペック違いを比較
製品名シャープ AQUOS sense3 liteシャープ AQUOS sense3 plus
発売日sense3 lite: 2019年10月01日、sense3: 2019年11月上旬2019年冬以降
キャリアsense3 lite: 楽天モバイル(SIMフリー)、sense3: au、UQモバイル、ドコモ楽天モバイル(SIMフリー)、au、ソフトバンク
デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)sense3のSIMフリー版はDSDVに対応予想どの販路モデルか不明: デュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)
予想価格3万円台4万円台
シリーズアクオス・センス(AQUOS sense)
発売時のOSAndroid 9.0、発売から2年間・最大2回のバージョンアップ保証
SoC(プロセッサー)CPU: Snapdragon 630 オクタコア (4x2.2GHz+4x1.8GHz)CPU: Snapdragon 636 オクタコア (4x1.8GHz+4x1.6GHz)
外部メモリーmicroSDXC(512GB)
ストレージ64GBau&ソフトバンク: 64GB、128GB
RAM4GB、sense3: 4GB LPDDR4x6GB LPDDR4x
バッテリー容量4000mAh
対応充電インテリジェントチャージ(バッテリー劣化を抑制)未確認
連続通話時間VoLTE: 約2930分未確認
連続待受時間LTE: 約910時間未確認
防水・防塵機能IPX5/IPX8(お風呂対応)、IP6X、耐衝撃: 19項目のMIL規格(MIL-STD-810H)IPX5/IPX8、IP6X
セキュリティ(生体認証)指紋認証センサー(正面に設置)、顔認証
ホームボタン指紋センサー(ジェスチャー操作対応)指紋センサー(ジェスチャー操作対応予想)
モニター/画面解像度5.5インチ、フルHD+(2160x1080ドット)、比率18:96.0インチ、フルHD+(2220x1080ドット)、比率18.5:9
パネルIGZO液晶ディスプレイ、アウトドアビュー、かんたんモードIGZO液晶ディスプレイ
リッチカラーテクノロジーモバイル○(高い色再現性により色鮮やかな映像が可能)
デジタルシネマ標準規格DCI未確認
HDR動画再生対応未確認
バーチャルHDR未確認
のぞき見ブロック未確認
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/ac
対応バンド未確認
受信時最大200Mbps400Mbps(au)
送信時最大75Mbps75Mbps(au)
NFC○(FeliCa、おサイフケータイ対応)
Bluetooth5.0(aptX HD、SBC、AAC)5.0
GPS
テレビ(ワンセグ/フルセグ)
ハイレゾ
ロボティクスエモパー Ver.10.1、ロボクル未確認
背面/アウトカメラ1200万画素 裏面照射型CMOS 24mm相当 F2.0、sense3: 121°の広角カメラが追加1220万画素 裏面照射積層型CMOS 76° 27mm相当 F1.8 (標準)+1310万画素 裏面照射積層型CMOS 123° 16mm相当 F2.4 (広角)
手ブレ補正電子手ブレ補正(静止画のみ)、sense3: 標準&広角に電子手ブレ補正(静止画のみ)標準&広角に電子手ブレ補正(静止画と動画)
AI機能AIライブストーリー、シーンモードの自動選択「AIオート」(9つの被写体とシーン)AIライブストーリー(撮影した動画からAIが自動的に15秒のダイジェストムービーを作成)、AIオート
撮影機能ハイスピードAF、新画像エンジンPropix2(被写体ブレ補正)標準: ハイスピードAF(全面位相差)、新画像エンジンPropix2(被写体ブレ補正)
動画機能未確認4K
正面/インカメラ800万画素 裏面照射型CMOS 23mm相当 F2.2800万画素 裏面照射積層型CMOS 80° 25mm相当 F2.2
アイキャッチセルフィー未確認
コネクターUSB Type-C
ヘッドホンジャック○(予想)
スピーカー未確認Dolby Atmos対応のステレオスピーカー
作りアルミボディ、バスタブ構造(背面と側面が一体化)、側面のエッジ加工未確認
70mm75mm
高さ147mm160mm
奥行き8.9mm8.7mm
重さ166g、sense3: 167g175g
カラーブラック、シルバーホワイト、ライトカッパーホワイト、クラッシィブルー(au)、ムーンブルー(SB)、ブラック(SB)、ピンク(SB)
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

AQUOS sense3 lite

AQUOS sense3 plus

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する