「α6600」と「α6500」の違い


ソニー「α6600 (a6600、ILCE-6600、アルファ・ロクセンロッピャク)」と「α6500 (a6500、ILCE-6500、アルファ・ロクセンゴヒャク)」の違いを比較しました。

「α6600」は2019年8月28日に海外で発表されたソニーのミラーレスカメラです。「α6500」(2016年12月2日発売)の後継機や上位モデルで、APS-Cミラーレスカメラ「α6000シリーズ」のフラッグシップモデルになります。両機種の外観・スペックを比較してみました。
※2019年8月29日に「α6600」が国内で発表されました。

「α6600」と「α6500」 1
「α6600」と「α6500」の正面比較

「α6600」と「α6500」 2
「α6600」と「α6500」の背面比較

「α6600」と「α6500」 3
「α6600」と「α6500」の上部・底部比較

「α6600」と「α6500」 4
「α6600」と「α6500」の側面(左側・右側)比較

外観・デザイン
  • 【グリップ】
    「α6600」はより大型のバッテリー「NP-FZ100」が採用されたことで、そのバッテリーサイズに合わせて、収納するグリップ部が大型化しています。グリップ部の開きは「α6500」よりも外側になり、しっかりホールドできる形状になりました。
  • 【サイズ】
    「α6600」と「α6500」は幅と高さのサイズが同じですが、「α6600」はグリップ部の厚みが5.7mm、バッテリー込み時の質量が50g、大きく重くなりました。どちらも大型のバッテリーを採用したことでの変更です。
  • 【背面モニター】
    「α6600」と「α6500」はどちらも上下に可動するチルト式モニターを採用していますが、「α6600」は上方向の可動域が約90度から約180度に広がりました。「α6600」は背面モニターを回転して自分を見ながら、ビデオブログ(Vlog)などの自分撮り撮影が可能です。
  • 【その他】
    「α6500」は内蔵フラッシュが搭載されていましたが、「α6600」は非搭載になりました。「α6600」は「α6000シリーズ」で初めて「ヘッドホン端子」が追加されました。

機能・特徴
  • 【バッテリーライフ】
    「α6500」はバッテリーに「NP-FW50」が採用されていましたが、「α6600」はフルサイズミラーレス機にも採用されている大容量の「NP-FZ100 (通称:Zバッテリー)」になりました。「NP-FZ100」は「NP-FW50」の約2.2倍のバッテリー容量があり、撮影可能コマ数は約310枚から約720枚、連続動画撮影時間は約105分から約250分に、大幅に持続時間が向上しています。
  • 【画像処理エンジン】
    「α6600」は、「α6500」にも搭載されている画像処理エンジン「BIONZ X」と「フロントエンドLSI」が最新世代になりました。これにより、「α6600」は「α6500」の約1.8倍のデータ処理速度を実現し、解像感や質感描写力などが向上しています。
  • 【AI機能】
    「α6600」はAIを利用した物体認識により、トラッキング性能が「α6500」よりも向上しました。被写体追尾AFは「ロックオンAF」から「リアルタイムトラッキング」になり、動画撮影時にも対応しています。「瞳AF」は「リアルタイム瞳AF」になり、猫や犬などの動物の瞳も検出可能です。動画撮影時にも「リアルタイム瞳AF」は利用できますが、人物のみで動物には対応していません。
  • 【オートフォーカス】
    「α6500」はコントラストAFの測距点が169点でしたが、「α6600」は425点に強化されました。「α6600」はオートフォーカス速度が約0.05秒から約0.02秒に高速化し、AF検出輝度範囲がEV-1からEV-2になったことで暗い場所でも正確なオートフォーカスが可能です。
  • 【バッファメモリー】
    「α6500」はRAWで107枚・JPEG(L スタンダード)で301枚の連続撮影が可能でしたが、「α6600」はRAWで46枚・JPEG(L スタンダード)で116枚に抑えられました。「α6500」は、連続撮影モード「Hi」(画質は「ファイン」)時に、約36秒で307枚もの連続撮影可能枚数を実現しています。



「α6600 (a6600、ILCE-6600、アルファ・ロクセンロッピャク)」と「α6500 (a6500、ILCE-6500、アルファ・ロクセンゴヒャク)」のスペック違いを比較
製品名ソニー α6600ソニー α6500
発売日2019年11月01日2016年12月02日
予想価格16万円前後13万円前後
シリーズα(アルファ)シリーズ
マウントソニーE系マウント
センサーAPS-C(23.5×15.6mm Exmor CMOS)
ローパスフィルター○(予想)
アンチダスト帯電防止コートとイメージセンサーシフト駆動の併用、クリーニングモード実行時
画像処理エンジン最新世代のBIONZ X、フロントエンドLSIBIONZ X、フロントエンドLSI
画素数2500万総画素、2420万有効画素
最大記憶画素数6000x4000px
ISO常用:100-32000、拡張:50-102400常用:100-25600、拡張:51200
連写Hi+時:11コマ/秒、Hi時:8コマ/秒、Mid時:6コマ/秒、Lo時:3コマ/秒
連続撮影可能枚数RAW:46枚、RAW+JPEG:44枚、JPEG L スタンダード:116枚RAW:107枚、RAW+JPEG:100枚、JPEG L スタンダード:301枚
オートフォーカス方式コントラストAF+像面位相差AF(ファストハイブリッドAF)
4Dフォーカス
被写体追尾AFリアルタイムトラッキング(AI機能、動画時も対応)ロックオンAF
瞳AF(顔認識)リアルタイム瞳AF(AI機能、動物・動画時の人物の瞳AFに対応)
オートフォーカス速度約0.02秒約0.05秒
検出輝度範囲EV -2~20EV -1~20
AFエリア425点(像面位相差AF、撮像エリアの約84%をカバー)、425点(コントラストAF)425点(像面位相差AF)、169点(コントラストAF)
ファインダー電子式ビューファインダー0.39型 (約235.9万ドット/視野率100%/倍率約0.7倍[約1.07倍]、60/120fps)
モニター3インチ (92.16万ドット)
シャッタースピード1/4000-30秒、バルブ撮影
フラッシュ同調速度1/160秒
電子先幕シャッター
電子シャッター
サイレントシャッター○(8コマ/秒連写)
ホワイトバランス標準、雰囲気優先、ホワイト優先
セルフタイマー2、5、10秒
バッテリーNP-FZ100NP-FW50
撮影可能コマ数(バッテリーライフ)ファインダー時:約720枚、液晶モニター時:約810枚ファインダー時:約310枚、液晶モニター時:約350枚
実動画撮影時ファインダー時:約140分、液晶モニター時:約150分ファインダー時:約65分、液晶モニター時:約70分
連続動画撮影時ファインダー時:約250分、液晶モニター時:約250分ファインダー時:約105分、液晶モニター時:約105分
RAW○(ARW、14bit)、RAW+JPEG
非圧縮RAW
JPEG
動画4K(3840x2160) 30p 100M、フルHD(1920x1080) 60p 50M
4K動画仕様4K 24p時は画素加算のない全画素読み出しで約2.4倍(6K相当)から出力、4K 30p時は約1.6倍
ハイフレームレート120fps(フルHD) スローモーション動画
4Kから静止画切り出し
ファイル形式XAVC S、AVCHD規格 Ver.2.0準拠XAVC S、AVCHD規格 Ver.2.0準拠、MP4(MPEG-4 AAC-LC 2ch)
圧縮形式MPEG-4 AVC/H.264
音声記録方式XAVC S:LPCM 2ch、AVCHD:Dolby Digital (AC-3) 2ch、ドルビーデジタルステレオクリエーター搭載
動画機能スロー&クイックモーション(S&Q)
ピクチャープロファイルS-Log2、S-Log3、4K HDR(HLG ハイブリッドログガンマ)S-Log2、S-Log3
インターバル撮影○(タイムラプス動画の素材撮影)
手ブレ補正機能5.0段分・5軸補正(イメージセンサーシフト方式)
内蔵フラッシュ
防塵・防滴仕様配慮した設計
マグネシウム合金フルマグネシウム合金(予想)フルマグネシウム合金(トップカバー、フロントカバー、内部フレーム、リアカバー)
可動式モニターチルト式(上方向:約180度・自分撮り対応、下方向:約74度)チルト式(上方向:約90度、下方向:約45度)
タッチパネル○(タッチパッド機能)
水準器
Wi-Fi○(IEEE 802.11 b/g/n)
NFC
GPS
Bluetooth○(4.1)
PlayMemories Camera Apps
USB充電・給電
メモリーカードSDXC UHS-I(メモリースティックにも対応)、シングルスロット
120mm
高さ66.9mm
奥行き59mm、グリップ込み:69.3mm53.3mm、グリップ込み:64.4mm
重さ418g、総重量:503g410g、総重量:453g
カラーブラック
ヘッドホン端子
マイク端子3.5mmステレオミニジャック
ジョイスティック
ホットシュー○(マルチインターフェースシュー/アクセサリーシュー)
インターフェイスマルチ/マイクロUSB端子、HDMIマイクロ端子(タイプD)
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

α6600

α6500

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する