「OneMix3S」と「OneMix3」と「OneMix2S」の違い


「OneMix3S」と「OneMix3」と「OneMix2S」の違い

One-Netbook「OneMix3S/プラチナ版 (ワンミックス・スリー・エス)」と「OneMix3」と「OneMix 2S/プラチナ版 (ワンミックス・ツー・エス)」の違いを比較しました。

「OneMix3S」と「OneMix3」と「OneMix2S」は中国One-Netbook社の超小型パソコンです。ヨドバシカメラやビックカメラなどで発売され、日本国内ではテックワン社が正規販売代理店になっています。3機種の外観・スペックを比較してみました。「OneMix3S」と「OneMix2S」には上位機種の「プラチナ版(Platinum edition)」がラインナップされています。
※2019年8月8日から、One-NetbookのオフィシャルTwitterで「第一回 OneMix 撮影キャンペーン」がスタートしました。

「OneMix3S/Platinum edition」と「OneMix3」と「OneMix2S/Platinum edition」 1
「OneMix3S/Platinum edition」と「OneMix3」と「OneMix2S/Platinum edition」の正面比較

「OneMix3S/Platinum edition」と「OneMix3」と「OneMix2S/Platinum edition」 2
「OneMix3S/Platinum edition」と「OneMix3」と「OneMix2S/Platinum edition」の外観画像

「OneMix3S/Platinum edition」と「OneMix3」と「OneMix2S/Platinum edition」 3
「OneMix3S/Platinum edition」と「OneMix3」と「OneMix2S/Platinum edition」の近づいた外観画像

特徴の違い
  • 【OneMix3/S】
    「OneMix3S プラチナ版」と「OneMix3S」と「OneMix3」はほぼ同じ本体サイズ・デザインと仕様になっています。3機種の違いはスペックで、「OneMix3S」は「OneMix3」からRAMが8GB→16GB・ストレージが256GB→512GBに強化されたモデル、「OneMix3S プラチナ版」は「OneMix3S」からプロセッサーが「第8世代 インテル Core m3-8100Y」→「第8世代 インテル Core i7-8500Y (1.1GHz:コアx2、スレッドx4、バースト時は4.2GHz)」に変更されたモデルです。「OneMix3」は内蔵ストレージ以外に「M2.2242 SATA HD」をサポートし、ポートにユーザー自身がSSDを増設して「デュアルSSD」が可能です。
  • 【OneMix2S】
    「OneMix2S プラチナ版」と「OneMix2S」の違いはプロセッサーとストレージです。「OneMix2S プラチナ版」はCPUが「i7-8500Y」・ストレージが「512GB」に対し、「OneMix2S」はCPUが「m3-8100Y」・ストレージが「256GB」です。「OneMix3/Sシリーズ」と「OneMix2Sシリーズ」の違いは、「OneMix3/Sシリーズ」のディスプレイが7インチ(1920x1200)から8.4インチ(2560x1600)に大型化、スタイラスペンが2048段階の筆圧検知から4096段階に向上、「指紋認証センサー」と「ポインティングデバイス」の位置変更、バッテリー容量が6500mAhから8600mAhに強化、キーボードにバックライトを追加などです。






「OneMix3S プラチナ版」と「OneMix3S (ワンミックス・スリー・エス)」と「OneMix3」と「OneMix 2S (ワンミックス・ツー・エス)」のスペック違いを比較
製品名OneMix3SOneMix3OneMix2S
発売日2019年08月03日2019年08月03日2019年05月31日
価格通常モデル(16/512GB、第8世代 m3-8100Y、ブラック、11万円台)通常モデル(8/256GB、第8世代 m3-8100Y、シルバー、9万円台)通常モデル(8/256GB、第8世代 m3-8100Y、シルバー、8万円台)
バリエーションさくらピンク Edition(8/256GB、第8世代 m3-8100Y、8万円台)、Koi Edition(8/512GB、第8世代 m3-8100Y、レッド、10万円台)
プラチナ版上位モデル(16/512GB、第8世代 i7-8500Y、シルバーブラック、14万円台)上位モデル(8/512GB、第8世代 i7-8500Y、シルバーブラック、12万円台)
LTEモデル
タイプモバイルノートパソコン(クラムシェル型)、2 in 1 YOGAデザイン、UMPC(ウルトラモバイルPC)、360°回転ディスプレイでラップトップモード以外にタブレットモードも対応
シリーズOneMix(ワン・ミックス)シリーズ
発売時のOSWindows 10 Home 64ビット
プロセッサー第8世代 インテル Core m3-8100Y (1.1GHz:コアx2、スレッドx4、バースト時は4.2GHz)第8世代 インテル Core m3-8100Y (1.1GHz:コアx2、スレッドx4、バースト時は3.4GHz)
グラフィックインテル HD Graphics 615
RAM16GB LPDDR38GB LPDDR3
ストレージ512GB PCIe SSD256GB PCIe SSD
追加ストレージM2.2242 SATA HDポートあり(通常モデルのみ)
外部ストレージmicroSDXCカード
バッテリー容量8600mAh6500mAh、連続稼働時間:最大8~10時間
生体認証指紋認証(キーボード右上に設置)指紋認証(キーボード手前の右側に設置)
モニター/解像度8.4インチ、2K(2560x1600ドット)、比率16:107インチ、WUXGA(1920x1200ドット)、比率16:10
パネルH-IPS液晶、358ppi、Gorilla Glass 4、マルチタッチH-IPS液晶、324ppi、Gorilla Glass 4、マルチタッチ
タッチパネル
ポインティングデバイスキーボード中央手前に光学式キーボード中央手前付近に光学式
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth4.14.0
NFC
GPS
カメラ
コネクターUSB 3.0 Type-C(USB PD 2.0対応)x1、USB 3.0 Type-Ax1、マイクロHDMI(タイプD)
3.5mmヘッドフォンジャック
防水・防塵機能
オーディオモノラルスピーカー、マイクロフォン
ハイレゾFLAC対応
ファン
テレビ(ワンセグ・フルセグ)
スタイラスペン4096段階筆圧検知タッチペン対応2048段階筆圧検知タッチペン対応
その他バックライトキーボードタッチペンが同梱、WPS Officeスタンダード版が付属
作り未確認CNCアルミニウム、マグネシウム合金
129mm110mm
高さ204mm182mm
奥行き(厚み)14.9mm17mm
重さ659g515g、ペンは17g
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

OneMix3S

OneMix3

OneMix2S

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する