「2019年」と「2018年」の違い


日本「2019年 (ニセン・ジュウキュウ・ネン)」と「2018年 (ニセン・ジュウハチ・ネン)」の違いを比較しました。

「2019年」は2018年12月31日23時59分59秒の1秒後から始まる新年です。期待の年になると嬉しいので外観・スペックを比較してみました。

「2019年」と「2018年」 1
「2019年」と「2018年」の比較 (画像:Adobe Stock)

特徴の違い
  • 【元号】
    「2018年」の元号は「平成」でしたが、「2019年」は新元号に変わります。新元号は2019年4月以降に公表される予定で、新元号に変わるのは2019年5月1日からです。どういった元号になるのでしょうか。
  • 【ゴールデンウィーク】
    「2018年」のゴールデンウィーク(GW)は4連休で、5月1日~2日の平日も休んだ場合は最大で9連休でした。「2019年」は5月1日が「新天皇の即位の日」として祝日になるので10連休の可能性があります。いやっほう。
  • 【干支】
    「2018年」の干支は「戌(いぬ)」でしたが、「2019年」は「亥(いのしし)」になります。猫も十二支に追加して欲し…
  • 【消費税】
    「2018年」に消費税は8%でしたが、「2019年」は10月から10%に引き上げられる予定です。なんてこったい。

というわけで新年明けましておめでとうございます。昨年は多くの方々にサイトを訪問して頂きありがとうございました。当サイトは今年も変わらずに製品を比較し続けたいと思います。本年が皆様にとって素晴らしい1年となりますように!
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する