「AQUOS sense2」と「HUAWEI nova 3」の違い


シャープ「AQUOS sense2 (アクオス・センス・ツー)」とファーウェイ「HUAWEI nova 3 (ノバ、ノヴァ・スリー)」の違いを比較しました。

「AQUOS sense2」は2018年10月3日に開発発表されたシャープのスマートフォンです。2018年10月5日に発売されたファーウェイの「HUAWEI nova 3」と外観・スペックを比較してみました。
※「AQUOS sense2」が2018年10月11日にauから発表されました。

「AQUOS sense2」と「HUAWEI nova 3」 1
「AQUOS sense2」と「HUAWEI nova 3」の正面比較

「AQUOS sense2」と「HUAWEI nova 3」 2
「AQUOS sense2」と「HUAWEI nova 3」の背面比較

外観・デザイン
  • 【ディスプレイ形状】
    「AQUOS sense2」は5.5インチ(2160x1080)のディスプレイを搭載していますが、「HUAWEI nova 3」は6.3インチ(2340x1080)です。「HUAWEI nova 3」はディスプレイ上部にノッチ(切り欠き)があり、ディスプレイ4隅が丸くなったベゼルレスデザイン(狭額縁設計)を採用しています。本体サイズは「AQUOS sense2」が「HUAWEI nova 3」より、幅が2.7mm薄く、高さが9mm低く、奥行きが1.1mm厚く、質量が11g軽くなっています。
  • 【指紋認証センサー】
    「AQUOS sense2」は正面に指紋センサーが設置されているのでスマホ本体を置いたままでロック解除が可能です。「HUAWEI nova 3」は背面に指紋センサーが設置されているのでスマホ本体を持つことで自然に指を掛けてロック解除できます。
  • 【防水性能】
    「AQUOS sense2」はIPX5/IPX8・IP6Xの防水・防塵機能に対応していますが、「HUAWEI nova 3」は非対応です。「AQUOS sense2」は水滴がある環境でも安心して使用できます。

機能・特徴
  • 【販売方式】
    「AQUOS sense2」はキャリアから発売される機種ですが、「HUAWEI nova 3」は家電量販店などで購入できるSIMロックフリーモデルです。「HUAWEI nova 3」はSIMカードを2枚装着して同時待ち受けができる「デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)」にも対応しています。
  • 【ディスプレイ性能】
    「AQUOS sense2」は、高い色再現性により色鮮やかな映像が可能な「リッチカラーテクノロジーモバイル」や、のぞき見防止ブロック機能の「ベールビュー」、デジタルシネマ標準規格などのディスプレイ機能に対応しています。
  • 【プロセッサー】
    「AQUOS sense2」はクアルコムのミドルクラスSoC「Snapdragon 450 (1.8GHzx8)」を搭載していますが、「HUAWEI nova 3」はファーウェイ傘下のハイシリコン製CPU「Kirin 970 (4×2.36GHz+4×1.8GHz)」です。メモリー容量は「AQUOS sense2」がストレージ32GB・RAMメモリー3GBなのに対し、「HUAWEI nova 3」はストレージ128GB・RAMメモリー4GBです。
  • 【おサイフケータイ】
    「AQUOS sense2」は「NFC」や「おサイフケータイ(FeliCa)」機能に対応しています。スマートフォンをかざすだけで電子マネーやポイントカードなど各種の支払いを行うことができます。
  • 【AQUOS sense2のカメラ】
    「AQUOS sense2」はAIによる「AIオート」カメラ機能が搭載されています。状況に合わせてAIが撮影モードを自動で切り替える「シーン認識機能」を利用することで場面に合わせた最適画質で撮影することができます。正面カメラは美肌補正して自分撮り撮影ができる「AQUOS beauty」機能が搭載されています。
  • 【HUAWEI nova 3のカメラ】
    「HUAWEI nova 3」は背面と正面にデュアルカメラを採用した計4つのカメラ「クアッドカメラスマートフォン」を搭載しています。背面には、色情報を取得するRGBカラーカメラと、明度情報を取得する白黒カメラを搭載し、2つの撮影データを合わせることで高品質な写真表現や高精度な背景のボケ効果が利用できます。「AIによるシーン認識技術」「AIセルフィーマスター」「AIを利用したアバター作成の3D QMoji(Q文字)」など各種のAIカメラ機能にも対応しています。正面はメインで使用するカメラと200万画素の深度測定用サブカメラを搭載することでセルフィー撮影時にも背景のボケ効果が利用できます。
  • 【バッテリーライフ】
    「AQUOS sense2」は2700mAhのバッテリー容量ですが、「HUAWEI nova 3」は3750mAhです。「HUAWEI nova 3」は9V/2Aの急速充電にも対応しています。


「AQUOS sense2 (アクオス・センス・ツー)」と「HUAWEI nova 3 (ファーウェイ・ノヴァ・スリー)」のスペック違いを比較
製品名シャープ AQUOS sense2ファーウェイ HUAWEI nova 3
発売日2018年11月上旬2018年10月05日
キャリアauSIMフリー(nanoSIMx2、1つはmicroSDカードと排他利用)
デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)デュアルSIM・デュアルVoLTE(DSDV)
価格3万円台5万5000円前後
シリーズアクオスフォン(AQUOS PHONE)ファーウェイ・ノバ(HUAWEI nova)
発売時のOSAndroid 8.1Android 8.1、Emotion UI 8.2(EMUI)
CPU(プロセッサー)Snapdragon 450 SDM450 オクタコア (1.8GHzx8)Huawei Kirin 970 オクタコア (4×2.36GHz+4×1.8GHz)
外部メモリーmicroSDXC(512GB)microSDXC(256GB)
内部メモリー32GB128GB
RAM3GB4GB
バッテリー容量/急速充電2700mAh、インテリジェンスチャージ3750mAh、9V/2A対応
防水・防塵機能IPX5/IPX8、IP6X
セキュリティ(生体認証)指紋認証センサー(正面に設置)、顔認証指紋認証センサー(背面に設置)、顔認証
モニター/画面解像度5.5インチ、フルHD+(2160x1080ドット)、比率18:96.3インチ、フルHD+(2340x1080ドット)、409ppi、比率19.5:9
液晶パネルIGZO液晶ディスプレイTFT(IPS)液晶ディスプレイ
HDR動画再生対応バーチャルHDRには対応
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/ac
対応バンドキャリアモデルFDD-LTE: 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 17 / 18 / 19 / 26 / 28、TDD-LTE: 38 / 40 / 41、WCDMA: 1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
NFC
FeliCa/おサイフケータイ
Bluetooth○(4.2)○(4.2、aptX、aptX HD)
GPS
テレビ(ワンセグ・フルセグ)
ハイレゾ
画素数(背面カメラ)1200万画素 CMOS F2.01600万画素(カラー) F1.8+2400万画素(モノクロ) F1.8
画素数(正面カメラ)800万画素 CMOS2400万画素+200万画素 F2.0
撮影機能AIオート、AQUOS beauty背面:像面位相差AF+コントラストAF、AIカメラ、ARレンズ
コネクターUSB Type-C
ヘッドホンジャック
各種センサー未確認加速度、電子コンパス、ジャイロ、環境光、近接、赤外線センサー
その他かんたんモード、エモパー Ver 9.0、アルミ素材、アルミバスタブ構造GPU Turbo、ナックルジェスチャー
71mm73.7mm
高さ148mm157mm
奥行き8.4mm(最厚部約9.4mm)7.3mm
重さ155g166g
カラーニュアンスブラック、シルキーホワイトブラック、アイリスパープル
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

AQUOS sense2

HUAWEI nova 3

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する